ネコハコセーブポイント【極】

■2005年10月31日(月)  将門記

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【聰暁竜】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【【腕】】

暁竜が参加していた、コミアキMSの将門シリーズ第2回「腕」の報告書が上がっています。

前回は正攻法で調査を行った結果、ほとんど情報を得られずガッカリ風味。
MSからも他の方法を模索した方が良い旨、暗に言われてしまいました。
とは言え、作戦卓でも良案は出ず、各自がそれぞれに情報収集するという形に落ち着いたのですが――

首塚、ゲットだぜ発見しました。

奥州戦国浪漫および池袋村辻斬り騒動と、当事件との関連性を無理矢理こじつけたところ、(コミアキMSの温情で)どうにか手がかりを掴むことができました。
しかしラストの暁竜の台詞、「歪ながらも手掛かりは得た。後は如何にして真相に切り込むか、か」
が表す通り、問題は次回以降、このヒントを元に如何にして事件を解決するか、ということです。
年内終了予定のこの依頼、残す猶予はあと2〜3回、といったところでしょうか。
精々頭を捻らせて、「犯人はお前だ!」と崖っぷちで言ってみたいものです(そんな展開にはなりません)


次回予定はコミアキMSの「悪人正機説 義」です。
今までも散々悪いことをしてきたこのシリーズですが、今度はなんと冒険者長屋全焼計画。
こ い つ は や ば い ぜ !!

■2005年10月30日(日)  はじめの一歩

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】
■担当マスター【想夢公司】
■参加シナリオ【ダイ・アト・ナイト】

敷島が参加していた、想夢MSの「ダイ・アト・ナイト」のVTRが流れています。
で、閲覧ページに飛んだのですが、こっちも依頼一覧同様、テレビ番組表の形式みたいですね。
今はまだ公開リプレイ数が少ないのでそれほど問題はないのですが、後々数が増えてきたら、目当てのVTRを探すのに苦労しそうな形です。
見た目ではなく、使い勝手を優先させた方が良いのではないでしょうか。

さて敷島の記念すべき第一回目の仕事内容は、低予算映画の企画というものでした。
コメディタッチのシリアス刑事アクション、というコンセプトは既に決まっています。
その中で、「主演」「ヒロイン」「悪役」がどんな人物なのかを考えるのが、参加者であるPCの仕事だったワケなのですが――

■プレイング晒し

企画の手伝いをする。
自分なりのアイデアを脚本家に提供。

限られた予算で、色々と頭をひねらなきゃいけない辛さは身に染みて分かっている。
脚本家に濃いコーヒーの一杯でも淹れてやりつつ、愚痴の相手になる。
その上でプリントアウトして纏めた、自分の案を見てもらう。

【主演】
あえてふたり。仲は悪いが息はぴったりの黒人刑事と白人刑事のコンビ。
どちらも性格に問題がある上、仕事をしない署内の問題児だが、能力は超一流(らしい)
ふたり揃って同じ女性(ヒロイン)に惚れている。

【ヒロイン】
主演の刑事ふたりの上司。年は若いが超有能なキャリア。
クールビューティーなアジア系美女。
主役ふたりに惚れられているが、適当にあしらっている。

【悪役】
犯罪組織のボス。その正体を知る者はいないとされる。
主演のふたりと同じアパートに住む壮年の男性で、ヒロインの元恋人。
悪魔的な頭脳の持ち主。

【構想】
低予算ということで、舞台は基本的にふたつ。
主人公とヒロインの所属する部署がある部屋と、悪役が部下に指令を出すための部屋。
繰り返される両チームの会話とモノローグのシーンのみで、状況解説を行う構成とする。
外部からもたらされるごく僅かの情報だけで、誰も解く事のできない謎に迫る主人公チーム。
そして、それを上回る奇想天外な策を繰り出す悪役。
一見サスペンス仕立てだが、主役ふたりのブラックユーモアとヒロインに対するセクハラ発言が、話の半分くらいを占めるノリ。


(600字)


という思い切り趣味に走ったネタを提出してしまいました。
※ビーストナイトのリプレイ公開後は、今後も敷島とハツ子のプレイング晒しを継続して行っていこうと考えています。
個人的な記録の意味合いと、羞恥プレイの一環です。

そしてプレゼンの結果、若干の設定追加と変更を伴って、主演とヒロインの案は敷島のものが採用されることになりました(ここで軽くガッツポーズ)
今後もしこの企画の出演者募集、なんて依頼が出たらハツ子をアメリカに送り込むことになるかも知れません。

幸先の良いスタートが切れた敷島には、是非とも次の依頼も頑張ってもらいたいところです。
ちなみに次の仕事予定はゆうきMSの「執事役募集!」です。

敷島の執事役……似合うんだか似合わないんだか微妙なトコロですが。

■2005年10月27日(木)  ラストスパート

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【阿武隈森】
■担当マスター【ゆうきつかさ】
■参加シナリオ【戌忍の章】

阿武隈が参加していた、ゆうきMSの「戌忍の章」の報告書が上がっています。
なんだか最近阿武隈ばかりのような気もしますが、コイツの場合、狙いすましたようなタイミングで次の依頼が発表されるんですよね。
フリー依頼ばかりなので、効率良く成長させたいのであれば武闘大会に出場した方が早いのですが、あくまで依頼メインで活動していきますよー

さていよいよシリーズ11回目を迎えた五輪祭。
最多称号獲得数を狙うために、今回も気合入れて臨んだのですが、最後の一歩が届かず。
闘犬の試練に参加しましたが、2位に終わりました。残念。

それはともかく得点の方がまた間違えている気がするのですが大丈夫でしょうか。
今までも数々の失態を見せ、その数を減らしてきた麒麟衆(審判)
最終回を前にして、いよいよ全員が島流しとなってしまうのでしょうか。
これだからゆうきMSは侮れません。


あと今回、ルミリアさんからバッカスの指輪髑髏の数珠を頂きました。
このふたつのアイテム、ものすごく欲しかったので大感謝です。
これで阿武隈の装備はほぼ完璧な状態(↓)になったと思います。

顔:必勝鉢巻き
身体:ネイルアーマー(旅装束)
下着:漢の褌
上着:力たすき
【武装】
右腕:メタルロッド(六角棒)
左腕:十手
【携帯品】
アキテーヌ十字勲章
越後屋手拭い
韋駄天の草履
魔よけのお札
バッカスの指輪
髑髏の数珠


強さと阿武隈らしさの両立を狙った、お気に入りの装備一式(AP2確保)です。
物理攻撃が通用しない相手にはハンマーofクラッシュ+0(これはミィナさんに貰った)もあります。
が、欲を言えばメタルロッド+1が欲しいかな、と。
ともあれルミリアさん、どうもありがとうございました。
いつかお礼ができれば、と思っています。


阿武隈の次回予定は想夢MSの「旬の食材〜神無月〜」です。
鰯と松茸食べまくり大会です。羨ましすぎです。

■2005年10月25日(火)  すくすく

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【阿武隈森】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【禁猟区の掟 ヤマネコの夜】

阿武隈が参加していた、コミアキMSの「禁猟区の掟 ヤマネコの夜」の報告書が上がっています。
おとなしくしていれば官吏が鬼哭を去るという状況のせいか、どこの勢力も示し合わせたかのように沈黙を保った今回。
阿武隈も暴れずに、キミ君を探しに森の中へ。
死んでいないのは描写から明らかでしたが、無事確保できて何より。
これでもう思い残すことなく、次回は暴れられそうです。
EX化も決まったことですし、派手に花火を打ち上げたいところです。


■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【アルアルア・マイセン】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【箱入息子の大冒険 〜危険な遊戯・後編】

そしてもう一本。アルアルアが参加していた「箱入息子の大冒険 〜危険な遊戯・後編」も報告書が完成。
前編は参加していなかったのですが、枠が若干空いていたので飛び入りで参加させてもらってました。

前編で自ら誘拐されてしまったベルナルドを救出することになった、今回の後編。
救出役には能力的にも立場的にも相応しい方々が揃っているので、アルアルアはサポート担当です。
というか、変なことして万が一の事があったら大変です。
いつも通り、色々やってそうでその実何もやっていないという、得意のプレイングでお茶を濁しておりました。

ごめんなさい。競馬シリーズの最終回までにレベルアップがしておきたかっただけなんです(最悪だ)
でも無事に終わって本当に良かったですね(他人事のように)


さてこれでレベルアップも果たし、競馬最終回――

のはずでしたが

競馬関係者へ:プロスト領南方、街道封鎖&魔獣兵団侵攻の為、競馬村は避難。今月のG1はお休みします。

との事。
悪いことをすると必ず自分に返ってくるもんですね。あう。

アルアルアはしばらく待機させときます。
流れそうな依頼の助っ人などあれば、シフール便頂ければ駆けつけますよー。

■2005年10月24日(月)  かぼちゃはないのよ

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【メリーアン・ゴールドルヴィ】

ケンブリッジでリアルタイムイベントのハロウィンが始まりました。
シリーズ依頼待ちで動かせないユウンの代わりに、メリーアンを派遣。
今回もチーム分けは誕生日ごとと言う事で、5月15日生まれのメリーはサマーチームに配属されました。
同じチームの方々、宜しくお願い致します。

体育祭のようなチーム対抗競技がメインとなるハロウィンですが、いつものリアイベと異なるのが、毎回50文字プレイングが書けるということ。
さらに結果報告のたびにミニリプレイが作成されるという豪華仕様のようですね。
その割に、参加者が少なくちょっと寂しい感じがする今回のハロウィン。
キャメロットでお暇な方はまだ間に合うと思うので、参加してみてはいかがでしょうか。


■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【カルナックス・レイヴ】
■担当マスター【宮本圭】
■参加シナリオ【お嬢様を取り戻せ!】

カルナックスが参加していた、宮本MSの「お嬢様を取り戻せ!」の報告書が上がっております。
女の子NPCが登場するシナリオはプレイングが書きやすいです。カルナックスの場合。
マイルストーンも女の子NPCが出てくれれば、アクションの動機を全部そっち方面に持っていけるので楽なんですが……出ないですかそうですか。

結果の方は、無事誘拐された志野お嬢様を救出することができました(カル君はなにもしませんでしたが)
繰り出した達人レベルのナンパ技も見事にスルーされるというお約束をもって、見事一件落着。
続編がまたショートで出れば、参加したいと思います。

■2005年10月22日(土)  アトランティスへの扉が今、開かれない

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【阿武隈森】
■担当マスター【松原祥一】
■参加シナリオ【くろすかうんたー・外 江戸城隠密】

阿武隈が参加していた「くろすかうんたー・外 江戸城隠密」の報告書が上がっております。
プレイングを送信した段階で「これではダメだろう」と思っていたのですが、案の定ダメでした。

収穫はほぼゼロに等しかったのですが、獲得経験値から判断すると成功判定は「普通」だったみたいです。
松原SDの高難度依頼なので、仕方ないと言えば仕方ないのかも知れませんが、やはりちょっと悔しいですね。
是非リベンジしたいのですが、今回とは逆に力押しの強行突破を狙ったとしても、良い方向に話が進むとは思えないところがネックです。
アレがあることは分かっているので、少しはやりようがあるのかも知れませんが。

いっそもう全員蹴散らして、アトランティスに高飛びしてやるってのも良いかもしれません(やめなさい)


スケジュールぎっちぎちの阿武隈君の予定は、
「禁猟区の掟 ヤマネコの夜」→「戌忍の章」と続いています。
レベル15が見えてきました。

■2005年10月21日(金)  芸能人も結構大変

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】

ビーストナイトのマネージメントコンテンツが公開されています。
依頼数はまだまだ少ないですが、予約開始と同時に即旗取り、というケースは意外に少ないみたいですね。
とは言うものの、無料参加枠の旗取りは熾烈を極めている様子なので、見極めが難しいところです。

無料で参加できるのであればそれに越したことはありませんが、1000円前後の予約金をケチったために、参加したい依頼に入れなくては意味がありません。
担当MS、依頼の内容、時間帯など諸々を考慮した上で、飛び込むタイミングを決定する必要がありそうです。


ちなみに記念すべきビーストナイト1回目の依頼は――

敷島>「ダイ・アト・ナイト」想夢公司MS
ハツ子>「戦隊物オーディション?」久条巧MS

となりました。ふたりとも予約参加です。
あとは隠しキャラクタで無料参加枠に飛び込みましたが、初手から私のPCだとバレている気配が濃厚だったりするのですが、気のせいでしょうか。

ともあれ、同じ依頼に入った際は宜しくお願い致します、ということでひとつ。

■2005年10月20日(木)  頼りになる仲間がいます。

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【カルナックス・レイヴ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【蘇るマイルストーン 〜野生の呼び声6】

カルナックス帰還。
マレーアMSの「蘇るマイルストーン 〜野生の呼び声6」の報告書が出来上がっております。
気が付けばマイルストーン依頼も6回目なんですよね。
関連依頼も含めると、冒険者が出張った回数は10回以上。ゴールが見えてきた頃合でしょうか(どうだろう)

さて、あくまで正攻法を貫き通す我らがマイルチーム。
先輩冒険者にも「確実に歩を進める彼らを、もはや後輩とは呼べんな」という有難いお言葉を頂きました。
優秀なマイルチームにおいて、8番ライトの地位を与えられたカル君も、妙な動きを見せながらも歩みを進めちゃいますよ。

今回は、村のシフールたちに礼儀作法を教えに行ったカルナックス。
前半は普通に教えていたみたいですが、後半は緊張状態のレク君を妙な知識で脅かしたりと、誰の味方なのか分かりませんコイツ。

そして何と言っても今回最も驚くべきは、集まった寄付金の額。
残金400Gオーバーってなにこれ。
騎士団呼べるんじゃないですか?(呼べません)


カルの次回予定は宮本MSの「お嬢様を取り戻せ!」です。
以前、桐が京都で参加した「拙者をお江戸へ連れてって」の関連依頼です。
次のマイルストーン依頼までに帰って来ることができそうなので、飛び込んでみました。
無事、お嬢様を救出して見せたいと思います。

■2005年10月19日(水)  甘いものはベルバラ

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【鷹見沢桐・聰暁竜】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【竹之屋敏腕繁盛記♪ 神無月の献立】

桐と暁竜が参加していた、コミアキMSの新シリーズ「竹之屋敏腕繁盛記♪ 神無月の献立」の報告書が上がっております。
本当は桐のみの参加でしたが、成立人数まであと一人というのにも関わらず誰も入って下さらなかったので(恨みがましい目で虚空を眺めつつ)、暁竜投入。
今回はたまたま皆様方のスケジュール的に都合が合わなかっただけかも知れませんので、次回も暁竜の参加はギリギリまで見合わせてみるつもりです。

で、今回の結果。
実質、お江戸シリーズの続編とも呼ぶべき、この竹之屋敏腕繁盛記。
前シリーズの参加者さんも多く、細かい部分のフォローをほとんどやって頂きました。
おかげでかなり助かりました。どうもありがとうございました。
一方、この依頼向けのスキルをまるで持っていない桐&暁竜。今回に限っては、明らかに猫の手よりはまあマシかな、くらいの戦力です。
この状況下でネタに走ったことを誰が攻められるでしょうか。

それでも真面目部分では、桐は宣伝。暁竜は店作りの手伝いを行い、なんとか二号店完成。
店長も決まり、いよいよ次回から本格的な営業が開始されるはず。
タイトル通り繁盛してくれれば幸いです。


ふたりの次回の予定は、桐がこのシリーズの第二回待ち。暁竜がコミアキMSのシリーズ「【腕】」になります。
ビーストナイトが始まったので、今後はショートシナリオへの参加頻度が著しく減りそうです。むーん。

■2005年10月18日(火)  いつだって日和った動きを見せる
■ゲーム【ヴェスタプラの蜃気楼】
■使用キャラクター【檻人・ハーマイン】
■担当マスター【堀田望】
■参加シナリオ【砂丘の果て、最果ての星】

一時停止中だった、堀田マスターの砂丘の果てシナリオのスケジュールが発表されています。
次回アクション締め切りは11月7日(月)です(自分用メモ)
全7回に変更されたので、おそらく物語の流れとしては次が山場といったところでしょうか。

檻人は例によってろくでもないことしかしないので、他の参加者さんたちの熱いアクションに期待します。
それからミナレットというのは尖塔・光塔のことらしいですが、私がこの言葉からイメージするのは、クリームが入ったサクサクしたお菓子だったりします。
おそらくは抹茶サクレットとごっちゃになってるものと思われます。

■2005年10月17日(月)  おしゃべりはっちー

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】

朝倉満さんにお願いしていたハツ子のPCシングルボイスが納品されていました。
どんな感じで発注文を書けば良いのか散々悩んだ挙句、思い切って大部分をお任せにしてしまいました。
以下3点がそれらになります。



【コロキュアルスタイルへようこそ】
『こんにちは。羽曳野ハツ子です。ま、とりあえずヨロシクって事で。仲良くやってきましょ。ね?』
※とりあえずひとつめ、ということで自己紹介風に。プロダクションに来た人を出迎えているイメージです。





【玄関開けたら2分でこんにゃく】
『ア・イ・ス♪ア・イ・ス♪アイス考えた人は本当に天才!って、なんでこんにゃくしか入ってないの〜!』
※アイスクリーム大好きなハツ子が、大事に取っておいたアイスを食べようと冷蔵庫を開けたところ、こんにゃくしか入っていなかったというシーン(なにその特殊シーン)






【所長に対する考察】←発注時は「敷島オルトロスに対する考察」でしたが変更されていました。
『あんまりウチの所長を舐めないことね。ああ見えて、460万パワー。レオパルドンにも匹敵するわ。』
※正体不明の敵に敷島をバカにされたため反論するも、うっかり自分もひどいことを言ってしまっているハツ子。誰かひとり笑ってくれればそれでいいです。




といった感じでしたが、いかがでしたでしょうか。
個人的にはかなりのセクシーボイスでどきどきだったりします。
おそらく普段は「こんにゃく」の声で、お仕事の時は「こんにちは」の声なのだろうと思います。

ハツ子に関しては、まだゲーム本格開始前ということもあり、イメージが固まっていない部分も多くあったのですが
この声を聞いた瞬間から、物凄い勢いでキャラクターが作られていっております。
おそるべし声のパワー!また機会があれば朝倉さんにお願いしようと考えています。



※掲載されているOMC作品の使用権は発注者に、著作権は株式会社テラネッツ、及び各製作者に帰属します。
 作品の改造行為・無断転載は禁止されております。

■2005年10月16日(日)  BNOマスター紹介

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】

日曜日ですがビーストナイトのマスター紹介のページが更新されていました。
お疲れ様です。
現時点での紹介メンバーは以下の通り。

【GSD】高石英務

【総監督】月海歩人

【SD】菊池五郎・呼夢・切磋巧実・龍河流・松原祥一

【MS】藍乃字・葵桜・青猫格子・うのじ・江口梨奈・えりあす・風華弓弦・久条巧・恋思川幹・言の羽・坂上誠史郎・桜紫苑・三ノ字俊介・シーダ・塩田多弾砲・霜月零・深紅蒼・雪端為成・霜雪
想夢公司・外村賊


MS陣はこれからも増えるでしょうが、安定感のあるメンバーで一安心。
個人的には想夢MSがいらっしゃったことにより、やる気メーターがぐんぐん上がっております。
しかもコメントを読んだ限りでは、映画系のシナリオを発表してくれそうな感じがむんむんです(むんむん?)

どんな依頼形式になるのか、期待しながら待ちたいと思います。
更なる追加キャラクターを作ってしまおうかという悪魔の誘惑と戦いながら(がまんしなさい)

■2005年10月15日(土)  イギリスのワープゾーンはストーンヘイジじゃないの?

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【ユウン・ワルプルギス】
■担当マスター【紅茶えす】
■参加シナリオ【G戦隊1『狂信集団の魔手!』】

ユウンが冒険から帰ってきました。
今回参加していたシナリオは紅茶MSの「G戦隊1『狂信集団の魔手!』」です。

以前参加していたギルセイヴァーに続き、再びお邪魔させて頂きました戦隊シリーズ。
今シリーズの敵はどうやらカルト教団とその信者の様子。
前回の敵はCOメインの格闘派ばかりでしたが、今回の相手は初回から魔法使いです。
まあ対応レベルが10〜16なので、ガチで戦えば負けることはないでしょうし、ある意味勝つことが前提のシナリオなので、あまり気にすることもないのでしょうが。

今回の反省点は、事前の相談卓で戦隊名や個々人のヒーローネームを決めることができなかった、というただ一点です。
この辺は好みもあるので難しいところですが、次回はきっちりと話し合えたら良いなと思っています。

次回予定は特になし。このG戦隊の第2話が出るまで待機、ということで。



話は変わりますが、遂に新天地が発表されましたね。
2006年1月より、新エリア『アトランティス』がリリースされますとのこと。

過去作品とは直接のつながりはないという話ですが、メインイラストでは禿親父ジーザム王(だよね?)がご出陣されている様子。
どうやら舞台は精霊暦1040(前後)、メイン都市はウィルということで決定でしょうか。


……あらゆる意味で本当に大丈夫なのか心配してしまいますが、追加情報を待ちたいと思います。




地層深くより引っ張り出してきたMT3のマニュアルを斜め読み中。

■2005年10月13日(木)  パンダさん
■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】



白亜絵師にお願いしてありました、ハツ子の完全獣化バストアップが納品されました。
パパパパパーンダ!パパパパパーンダ!(感極まった故の奇声)
やっぱり完全獣化するとアレですね。容姿の能力値も上がるってもんですね。
ハツ子の場合は、パンダになると容姿の能力値は12ですからね。
※5でかなり良い、10で超一流という基準。
もうみんなメロメロになるってくらいの魅力ってことで良いのでしょうか。

ともあれ白亜絵師には感謝を。
こちらの期待を大きく上回るパンダっぷりです。
どうもありがとうございました。


いい加減プロダクションも放置気味ですが、なんとか動かしていければと思っています。
それ以前に早く各種コンテンツを稼動させて頂きたいところですが(そろそろサイトが公開されてから1ヶ月が経ちます)どんな塩梅なのでしょうか。
PCシングルボイスでも頼んでおけってことなのでしょうか。

■2005年10月12日(水)  知力最高値の愚者を目指す
■ゲーム【ヴェスタプラの蜃気楼】
■使用キャラクター【檻人・ハーマイン】
■担当マスター【福山東次郎】
■参加シナリオ【魔物のシチュー】

魔物のシチューのアクションは、どうにかこうにか仕上げて送信済みです。
どんなアクションをかけたのかは、一応秘密と言いたいところですが、誰に関わったのかは

更新されたキャラクターデータ(のアイテム欄)でバレバレな件。


そして毎回悩むのが、サブアクションの技能習得だったりします。
正直、一番最初に習得した「お喋り」以外のスキルは不要な感じの檻人。
魔法知識や宗教知識なんて、使おうと思ったことすらありません(何を威張っているのか)
※同じ技能を連続して覚えていけば、その効果が高くなるというシステムであれば良かったのに……ッ!

また、武器や術の技能を取ってしまうのも、イメージとは異なってしまうので取りません。
あくまで口から出任せのみで今後も頑張って生きたいと考えています。

■2005年10月10日(月)  東京ジオフロントで僕と殺戮
■ゲーム【ブラッドオペラ】
■使用キャラクター【十六武蔵絆】
■担当マスター【獨伝把奥朗】
■参加シナリオ【東京ジオフロント】

ブラッドオペラのアクション書きが終わりました。
次回行動選択肢は「A043901 第4回殺戮武闘会/慰労大宴会に参加する」です。
グールマンやバニー警備部長関係が面白くなってきたので、そっちに関わろうかとも思ったのですが、やっぱりいつも通り武闘会の方に。

次回はジオフロント内の多目的ホールにて、大宴会が開催されます。
また同じ場所、同じ時刻に殺戮武闘会が開催されるという異例(?)の事態。
宴会だけ、武闘会だけといった片方だけの参加は不可で、出席者は例外なく両方に参加、という扱いになるそうです。
ちなみに制限は、食べ物を攻撃に使わないこと、だそうです。
パイ投げや、食事への毒物混入、こんにゃくアタックなんかはNGみたいですね。

宴会、ということで最初に考えていたのが、蟹に擬態しつつ、「女将を呼べい!」と並べられた料理全てに文句をつけては、両手の鋏で攻撃するというアクション。
技名は「Vショック・クラブ」というのを考えていました。
いまひとつ変態度が低いということで却下しましたが、なかなかシュールで気に入っている技だったりします。
機会があれば、また別の大会で使用するかも知れません(そんな機会は二度ときません)


そしてグールマンの謎を解く鍵になる(かもしれない)ということで、屍食教典儀について調べてみようと思ったのですが
どこ行っても内容不明と言われてしまって、途方に暮れていたり。

■2005年10月08日(土)  ぬかよろこび

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【アルアルア・マイセン】
■担当マスター【久条巧】
■参加シナリオ【【優駿・春】ノルマンオークス】

アルアルアが参加していた久条MSの競馬シリーズ「【優駿・春】ノルマンオークス」の報告書が上がってきました。
えー……結果反映では既に賞金をゲットしており、この依頼では1位か2位にしか報酬は入らない(はず)なので、1日早くガッツポーズをしていたワケですが――

まさかの4位。

なーぜー?(まさかのミステリーの声で)
あ……あれえ?これはもうあらゆる意味で想定外ですよ?
いや、負けたことに関しては十分納得がいくのですが、賞金……貰っちゃっていいのでしょうか。

今月末のシリーズ最終回の時まで覚えていたら、ちょっと確認してみようかと思います。
そしてやっぱり、ワンダーとグルーヴは強いというか、騎手の騎乗スキルが半端じゃないというか。
一応、アルアルアもこのシリーズに参加して以来、騎乗スキルだけを上げ続けてきました。
その結果、専門3レベル→達人2レベルまでなんとか持っていったのですが……
今確認したら、初回の段階でカタリナさん達人5レベルですって。


帝王、今回も勝たせてやれなくてごめんよ。

■2005年10月07日(金)  かりかりかりぃ〜かりかりぃ〜わっはっは〜のは〜のは〜

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】

相変わらずプロダクションの数が多すぎて、どこがどんなところなのかよく分かっていません。
本格開始前に、せめて俳優系プロダクションだけでも一通りスパイ見て回ってこようかなと思っています。
ざっと見た感じでは、劇団と名のつくところが多く、コロスタのようなところは少数派の様に感じました。


そんなこんなで専ら見て回っているのはOMCの方なんですが、今日も「全身図は誰にお願いしようかなー」っと軽い気持ちでプラプラ見て回っていたら――


質 問
Beast's Night OnlineにPC掲示板アイコンはリリースされないんですか?

返 答
 同じクリエーターが描くという利点を持った、4点セットのPC掲示板アイコンをリリースする予定があります。但し、プログラム等の準備があるため、申し訳ございませんがリリース時期については後日の発表とさせていただきます。


との事。

阿修羅では酒場とか全然行かなかったので、アイコンはほとんど作らなかったのですが、プロダクション内で話す機会が多そうな獣夜の場合、アイコンを使う頻度が増えそうなので、この発表は少しだけ有難いです。

この勢いで、看板ピンナップやミニミニ全身図の対応をして頂けると、とても有難いです。
宜しくお願いします。

■2005年10月05日(水)  きゅっきゅっきゅー

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【阿武隈森】
■担当マスター【ごるびー】
■参加シナリオ【ゆうきつかさ】

阿武隈が参加していた、「ごるびー」の報告書が上がっておりました。
ミンメイシナリオの外伝として、ごるびーちゃん関係諸々を何とかする依頼です。
ゆうきMSのシリーズシナリオが複雑に(?)リンクしつつ、収束に向かっているように思われます。

阿武隈は、借金取りに捕まって大ピンチな見世物小屋の主人のところへ行ってきました。
この手の話ではスタンダードだと思われる「殺すくらいなら働かせて借金返させた方が良くね?」という案を出し、なんとか説得完了。
主人の今後については清十郎のシリーズに引き継がれるみたいですが、なんだかミンメイ堂の売り上げを持ち逃げしようとしているみたいですね。
……大丈夫か、この男。


さて特に活躍することもなく終わってしまった神剣争奪イベントですが、その余波を受けた依頼が出始めてきていますね。
そんなわけで阿武隈の次回予定は、松原SDの「くろすかうんたー・外 江戸城隠密」です。
対応レベルは9〜15、難易度は難しい、「十中八九失敗します」と早くも超ガチ判定決定のこの依頼。


――派手に玉砕してきます。

■2005年10月04日(火)  「喰われる」
■ゲーム【ヴェスタプラの蜃気楼】
■使用キャラクター【檻人・ハーマイン】
■担当マスター【魔物のシチュー】
■参加シナリオ【福山東次郎】

魔物のシチューのリアクションが公開されていました。


まず反省点から先に。
シチューの話のかなり初期の頃から思っていたのですが、檻人の立ち位置がまるで定まっていません
福山マスターが次々に放り投げる美味しい餌に次から次へと食らいついてみたところ、何がしたいのかよく分からん子になってしまった感があります。
ただ単に場を混乱させたいのか、オジーちゃんと仲良くなりたいのか、権力を得たいのか、魔物を倒したいのか、その辺を明確にしないまま、ずるずると散発的なアクションをかけ続けてしまった為、個性が弱くなってしまった気がします。
逆に言えば、シナリオ終盤の展開におかまいなく自由にアクションをかけられる、というのが強みといえるかも知れません。
ジョーカー役として、場をひっくり返すようなアクションでも思いつけば一躍ヒーローですが、このままだと脇役Aの座は確定ですね。うげ。


で、今回の檻人君。


「だ、だ、だから何だよ。神様を倒せる人間なんて、いる筈ないじゃないか」
「いや、いるのだ。よく聞きたまえ、魔物諸君!」
 ニヤリと笑った檻人は、両手を天に向かって広げた。
「人間は、森の神様を消し去る力を持っている。そう! あ――」
 その時だ。檻人の後方から、轟音と共に『ナアロンの守護者』が放つ光が飛んできて、木々を蒸発させながら上空へと伸びていった。
(な……なんという偶然。やはり私は天才だ!)



これはなんていうメイクミラクルですか。


魔力は分けてもらえましたが、なんだかクールじゃないというか、紙一重というか。
次は収穫祭との事ですが、どうでもいいネタしか浮かばないのでどうしたもんだか。

■2005年10月03日(月)  なんとかしてよナウシカ
■ゲーム【ブラッドオペラ】
■使用キャラクター【十六武蔵絆】
■担当マスター【獨伝把奥朗】
■参加シナリオ【東京ジオフロント】

ブラッドオペラのリアクションが届いております。
今回の東京ジオフロント参加者はトータル67名(住所公開38・非公開29)でした。
撤退、または新規もしくは別シナリオに移動された、等の理由でしょうか、今回もまた若干減っています。

そんな中、残ったPCの方々は変態の中の変態と呼んでも宜しいのでしょうか。
そろそろ皆様方のキャラクタがどんな方なのかが分かってきて、ますます面白くなってきた東京ジオフロントです。


第三回殺戮武闘会「恐怖の殺戮武道会(上) 王蟲の怒り編」
□制限:特になし。判定基準は「いかに恐怖を与えたか」
□対戦相手:荒鬼康好さん(211406)・日本晴さん(211732)
□事前準備:お化け屋敷内に古井戸を用意、その中に黒光りするあの虫をみっちり詰め込んでおく。
□使用した暗殺術:五鬼武林陣(ごきぶりんじん)
蟲使いとして知られた五鬼一族に伝わる闘技。
 ゴキブリを数千、数万と集めた上で同時にはばたかせるというゴキブリ好きじゃない人はとても嫌な技である。
 それと、さっきコーヒーを入れに台所に行ったら体長4cmはありそうな立派なゴキブリに遭遇したのですがこんなことを書いているせいですか?

□結果:独自に虫を集めた人が大集合→ホラーハウスは蟲ハウスに。


今回の絆は以上のような結果、というかシナリオタイトルになるほどのネタかぶり大会となってしまいました。
やっぱり怖いもの、とくればGを連想してしまうのは私だけではなかったようです。



また、これは書いてしまって良いのか分からない、ここだけの情報なのですが――

<黄金の朝>は黄金には執着するが、金目鯛には執着しないとの事です。

これは一部の漆黒しか知らない公開制限情報なので、あまり他所で喋らないようにしてください。
宜しくお願い致します。

■2005年10月02日(日)  正義×悪人×成功

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【ユウン・ワルプルギス】
■担当マスター【紅茶えす】
■参加シナリオ【ギルフォード戦隊特別編『偽者に御用心!』】

リアルタイムイベントの50文字プレイングは3人とも提出済みです。全員探索。
そうこうしている内に、ユウンと暁竜の報告書が上がってきておりました。

ユウンが参加したのは紅茶MSの「ギルフォード戦隊特別編『偽者に御用心!』」です。
レベルが10になったので、しばらくは様子見かなと考えていたユウンですが、タイミング良く戦隊依頼が飛び込んできたので出張っていました。
ギルフォード戦隊の偽者が現れたので、本家がそれを退治しにいくという内容の依頼です。

こういうノリと勢いで攻め込める、ある程度のやんちゃが許されたシナリオは大好物だったりします。
※細かい戦術を煮詰めてゆくような作戦卓が苦手だというのもありますが。
結果はちょっとぐだぐだなところもありましたが(そこが面白いと思うのですが)、実力差を見せつけて偽者を退治することができました。
悪役を演じつつ、最後は正体を明かして反省を促す、というお約束な流れも体験でき、非常に楽しませて頂きました。


■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【聰暁竜】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【悪人正機説 信】

暁竜の方はコミアキMSのシリーズ「悪人正機説 信」です。
今回の依頼内容は、「寺院の僧侶たちを皆殺しにしちゃおう」というもの。
MS曰く、ボーナスステージ(実力から言えば簡単な仕事)との事でしたが――

割とみんな疑っています。

作戦に関してはギリギリまで纏まっていなかったのですが、ころりちゃんがうまいこと部隊分けの案を出してくれたので、なんとかなった感じです。
阿修羅が開始されてから既に1年以上が経過しますが、いまだかつてまともな作戦を出したことがないのが私の自慢ですが何か(何も)
※競馬依頼とか五輪祭とかの作戦不要なシリーズに特攻するのもそのせいですね。

結果はなんとか成功。
女子供だろうが容赦なしに殺してしまう、この極悪人ご一行様の非道っぷりが冴え渡りました。
いつかこの悪行がバレて、お尋ね者になった悪人正機説チームを捕らえろ的なシナリオが出て欲しいものです。


そして今回も林さんに手を貸したりしてる暁竜。ヤクザ相手の時もかばっていましたし
絶対に気があるとしか思えません。
とんだムッツリです。


次回予定はユウンも暁竜も未定……というよりが200円分しかないので補充せねばー

■2005年10月01日(土)  じらさないでよ
■ゲーム【ブラッドオペラ】
■使用キャラクター【十六武蔵絆】
■担当マスター【獨伝把奥朗】
■参加シナリオ【東京ジオフロント】

リアクション(紙)は今日届くといいな、いやむしろ届いているに決まっている。届いていてくれ!
と念じながら帰宅しましたが、届いておりませんでした。残念。
メール送信サービスは頼んでいないので、悶々としながら月曜日を待つことにしたいと思います。

系列子会社の勧誘のお手紙を頂きましたので、紙リアが届き次第そちらのお返事もしなければ。
便箋買ってきます。

過去ログ 2005年09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年04月 
2015年01月