ネコハコセーブポイント【極】

■2006年06月30日(金)  ライオンキング

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】

美火絵師にお願いしてあった、敷島の半獣化状態のバストアップイラストが納品されています。

半獣化敷島

アロハでやる気まんまんのご様子ですね。実にワイルドで、とても敷島らしさが出ていると思います。
人間形態と完全獣化形態のバストアップは、どことなく風格のあるボス的な感じが出ていたのですが、こちらはうってかわって、野性味溢れるガチンコ寸前の肉食獣風です。
金ぴかアクセサリをじゃらじゃらつけているのはいつも通りですが、中東では、スーツではなくこんなラフな服装でいることが多いのではないでしょうか。
何度見ても男臭くて格好良い、そんな敷島を描いて頂き、本当にありがとうございました。


AもBもなかなか繋がらないので、イロイロと顔出しできていないこの頃。
せめてプロダクションには顔を出したいのですが、どうしてこんなに弾かれてしまうのでしょうか。

■2006年06月29日(木)  真実はいつもひとつかふたつ!

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】
■イベント【遺跡探索〜Search of the Ruins〜】

みんなー!遺跡、探索ってるかーい?

……
…………
………………

……しーん。


さて、大人気イベントの「遺跡探索〜Search of the Ruins〜」ですが、なかなか話が進まないので、やきもきしている方も多いみたいですね。
まあ、ちょっとばかりみんなには難しい謎だったかな?
私みたいに日頃からミステリ(名探偵コナン)に触れている人間には、初歩の初歩の暗号でしたけどね。ふふ(ワイングラスを傾けながら)

そんなわけで暗号解読の報告も初日に終わらせてしまってましたし、後はのんびりと過ごそうと思っていたのですよ。



投稿者: 羽曳野ハツ子(fa1032)│26歳・♀・パ 投稿日:06/23 00:53│地域:ヨーロッパ
謎は全て解けた!!
□部分は埋めるのではなく、無視するのよ。
つまり――

見かける腹、木、彼女。
女の踵で「ふ……」
豆に彼女の「う、うは……」左の腕行こう!
レタコおにぎり、苦痛得て、横田その女は夜より誘い
蛾の声と聞こえ「うっ!」

キーワードは「女」
しかしその名は4行目にて横田と判明している……ッ!
すなわち中東相談卓を立てている、横田新子こそが鍵だったのよっ!!


まさに一点のスキも見当たらない、パーフェクトな推理。
もうこれで、全ては終わったと確信していた――

しかし!



これまで、少ない手がかりからいくつかの解読が寄せられています。
でも調査の結果、残念ながら以下の場所に遺跡は発見できなかったわ。

<26日までの解読内容>
羽曳野ハツ子(fa1032) 横田新子(fa0402)のお腹の中

<暗号解読報告>より



そ……そんなバカな!!

どうやらまだまだ事件は終わっていなかったようです。
ですが、まだ終わりではありません。遺跡探索期間は7月3日までとの事。
最後までレタコおにぎりの謎に迫ってみようと思っています。

■2006年06月28日(水)  好きより大好きエンジェルスマイル

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【ワンド子爵の憂鬱―揺れて貴方の船の中☆】

こんにちは!わたしオリエ。冥王オリエ!
魔法のプリンセス目指して修行中の、普通の女の子。

今回はこわい盗賊の人達に、人質に取られちゃった旅芸人の人を助けるのが、わたしのお仕事ね。
こんなお仕事、わたし一人でじゅうぶんだって言ったんだけど、なにかにつけてわたしをライバル視してくるブルーベリーがついてきちゃったものだから、もう大変。
普段は「お姉」って言って甘えてくるブルーベリーだけど、本当はわたしと同じマジカルプリンセス後継者のひとりだから、油断するとインパラを狙うライオンの目でこっちを見つめるの。
なんだかハイスクール奇面組に出てきそうな本名なくせに、ちょっとくらい魔法が使えるからって、エリート風を吹かせちゃったりもして、もうぷんぷん!
……そうなの。わたし、まだ魔法少女としては半人前だから、まだ魔法が使えないの。
でもね、落ち込んでばかりもいられないよね?うん、いつか覚えてみせるわ!あの、使えない伝説の魔法、ムーンロードを!!

盗賊さんたちは、集まってきた魔法少女たちのマジカルパワーで、みごとおしおき完了。
みんなおつかれさま!わたしも負けてられない、よね。
次にマジカる機会があれば、またいつでもかけつけるわよ。

それまでちょっとだけ……


お・や・す・み★☆★

■2006年06月27日(火)  陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【世界祝祭奇祭探訪録 9】

ハツ子が参加していた風華MSの「世界祝祭奇祭探訪録 9」のVTRが流れています。

第9回目となる探訪録の目的地は、フィンランドのサーリセルカ。
夏至祭ユハンヌスをレポートしに、レッツゴーです。
私、実はこういう旅番組が大好きなもので、実際にこういう番組やらないかなあと思ってたり。
特にお祭りのレポート、ということでなくても構わないので、日本人に今ひとつ馴染みのない土地なんかを、黙々と映し出す番組とかないものかと。
世界の車窓からを延々流すような感じの、そんな旅情100%な企画は誰も出さないのでしょうか。

最近のTV番組はどうも、出演者が楽しいだけだろうという企画や演出が多く、今ひとつ楽しめない気がします。
もしかしたら、単に私が年を取ってしまっただけなのかも知れませんが。


■プレイング晒し

サーリセルカで夏至祭をレポートします。

自分の中での夏至のイメージは、単純に「一年で昼の長さが最も長い日」というもの。
とは言え、日本だと大抵は梅雨シーズンですので、あまり実感が沸かない気も。
ですが、冬と夏で極端に日照時間の異なるフィンランドでは、本当に「光の季節」が訪れるのでしょう。
幻想的な白夜の様子と、夏を喜ぶ人々の姿を余すところなく伝えたいと思います。

ヴァロさんご一家に挨拶をした後は、国立公園の方へ行ってみます。
相当大きな公園みたいなので、装備は万全に整えて探索へ。
長袖長ズボンに虫除けグッズとお弁当を持参で、フィンランドならではの自然を見て回ります。
その中で、ヴァロさんに国立公園の歴史や見所などについても質問やレポートを。

お祭りが盛り上がる前夜と当日は、完全に夏至祭一本に絞って密着取材。
踊りには積極的に参加させてもらい、地元の人と一緒になって盛り上がります。
フォークダンスからタンゴまで物怖じせずに踊りますが、あまり上手くないのも確か。
こういう場できちっとステップ踏めれば格好良いですので、いずれちゃんと習ってみたいと思っています。
お酒はビールをちょっとだけ。お仕事が疎かにならない程度に頂いちゃいます。
楽しみなのは、やっぱりコッコに火が入るところですね。
この時ばかりはレポートを忘れて、燃え上がるかがり火に見入ってしまうかも知れません。

「Hyva:a: Juhannusta!」(良い夏至祭を!)

(600字)


国立公園でのハイキングは予想以上に描写されていて、嬉しい反面、「しまった」と思う部分も。
私自身が結構なトレッキング大好きマンなので、その辺をプレイング内に盛り込もうかどうか迷ったのですが、端折られるシーンだと思って、書かなかったんですよね。
山の様子がとてもよく伝わる素敵な場面だったので、もう少しネタ振りができれば良かったかな、と反省しています。
結構な回数、風華MSの依頼には入っていますので、ハツ子というキャラクタはかなり掴んでもらってますし、無難なプレイングを書いておけば、そこからうまく膨らませてくれるでしょう。
ですが、それではやはり進歩が無いですし、依頼に参加する意味も薄いと思いますので、ここらで初心に戻って気合を入れ直したいところ。


ちなみに「夏至祭の夜の間に、7種類の花をそれぞれ違う場所から集めてきて花束を作って、枕の下に敷いて寝ると、将来の結婚相手が判る」らしいですね。
ハツ子もやってそうですが、何故か敷島あたりの夢を見てしまい「それはありえない」とか不満そうに言ってそうです。

■2006年06月26日(月)  酒は憂いの玉箒

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【阿武隈森】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【ワンド子爵の憂鬱〜蛮族が来るA〜接待係】

阿武隈が参加していた「ワンド子爵の憂鬱〜蛮族が来るA〜接待係」のリプレイが上がっています。
前回参加したのが山賊討伐依頼だったので、3ヶ月ぶりの阿武隈投入ですね。随分間が空いてしまいました。

接待係に入ったのは、ピンポイントでオーガのお酌の相手を狙っていたからです。
一番求められている芸能関係が得意な人が入らなかったらどうしようかと思っていたのですが、接待チームはバランス良くいろんなタイプの方が集まったようです。
阿武隈は、飲酒量の超越3と大食の達人8くらいしか、専門以上の一般スキルを持っていないので、戦闘依頼以外だとなかなか顔を出し辛いんですよね。
今回の憂鬱シナリオは本当に渡りに船でした。

プレゼント用に持っていったお酒の数々も受け取ってもらえたようで、何より。
出番は最後にちょっとだけでしたが、何故か獲得名声値は倍額という結果で、名声レベルが「ウィルに知れ渡る名声」へと変わりました。
カルナックスやオリエもこの辺まで名声値が上がれば、ちょっとは箔がつくのでしょうか。
それほど頻繁にはOMC商品を頼めませんので、地道に依頼参加で上げていきたいものです。

阿武隈はまたちょっと待機期間に入ることになるかと。
闘技場という遊び場ができたので、無差別会場の枠が夜まで残っていれば、また参加させるつもりです。
試合で対戦することになった場合は、どうぞ宜しくお願い致します。

■2006年06月25日(日)  オオカミ少年がやってきた

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【カルナックス・レイヴ】

試しにひとつだけ福袋を買ってみたら、リリスの指輪とサンソード+2が出てきましたよ!

という大嘘を大ホールでぶっこいてみたところ、みんなに怒られた。
(≧▽≦)ご(≧▽≦)め(≧▽≦)ん(≧▽≦)ね(≧▽≦)!!(マジうぜえ)

これが後に、ルーケイ・トルクの大戦を口先一つで終結させたと言う、うそつき男爵のデビュー戦であったと言う……(嘘)


実際に出たのは、魔力の杖+1とムーンドラゴンでした。


しつこくて

(≧▽≦)ご(≧▽≦)め(≧▽≦)ん(≧▽≦)ね(≧▽≦)!!(これをなんとかして流行らせようと思っている)(本気で怒っている相手に使うと高い効果が得られます)

■2006年06月24日(土)  悪因悪果、悪戦苦闘

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【聰暁竜】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【悪人正機説 孝】

暁竜が参加していた、コミアキMSの「悪人正機説 孝」の報告書が上がっています。

第2期シリーズの2回目となる今回の依頼内容は、還暦を迎えるヤクザの親分の宴席を襲撃する、というもの。
結果から先に言えば、今回は失敗に終わってしまいました。
コミアキMSのこんな高レベル依頼ははじめてみたかも知れない、まさかの対応レベル13〜19。難易度は「難しい」依頼。
この、レベルと難易度の情報を割と曖昧に出すMSもいる中で、コミアキMSはかなりきっちりとライン引いていらっしゃる方なので、事前段階から冷や汗たらり。
悪人チームの平均レベルは11ちょいなので、パーフェクトな結果を目指すよりもミスの少ない安全策でいくべきだと思っていましたが、なかなか難しいものです。

さながらブラジルに挑んだ日本代表のように、小さな綻びがじわじわと広がりやがて致命傷へとなった感じです(もともと当たり負けはしていましたが)
陽動役をさらにオフェンシブにし、より相手を引き付ける役割を持たせた上で、林さんを軸にした死兵戦術を有効活用するためのアタッカーを入れる、というのが正解だったみたいですね。
暁竜はリカバー及びヒーリングポーションを各4個ずつ消費、更に中傷を負うという結果に終わりましたが、他の方々も軒並み赤かったようです。

しかしながら各人それぞれに見せ場が用意され、結果的には失敗だったにせよ、「次こそ成功させてやるぜ!」という気持ちにさせてくれるリプレイだったのも確か。
無料となった武闘大会に参加することができましたので、ちょっと鍛え直してこようとも思っています。

もうちょっとで念願のレベル13なのですよ。

■2006年06月23日(金)  助けてサイモン・シン!

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】
■イベント【遺跡探索〜Search of the Ruins〜】

遺跡探索のイベントが始まっています。
もっぱらハツ子で悪ふざけをするだけのアプローチになるかと思いますが、各卓(もしくは関連依頼)でお会いした際は、どうぞ宜しくお願い致します。

イベントと連動した依頼もちらほら出始めているようですね。
中東で参加する依頼をどれにしようか選べる日がやってこようとは……ッ(目頭を押さえている)
暗号解読は難しいですが、積極的に参加して目一杯楽しむつもりですよ〜。


話は変わって、美火絵師に敷島の半獣形態のバストアップイラストを注文中なのですが――
一足先に、一緒にお願いしていたおまけイラストが納品されました。

すっごーい!ちょっとしたPC設定図ですよ、コレは!!
もはやおまけとは呼べない領域の、素晴らしいイラストをどうもありがとうございました。
バストアップ絵の方も楽しみに待たせて頂きます。どきわくで。

■2006年06月22日(木)  武闘大会無料について
■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】

武闘大会の参加費が無料になりました。
これはとても良いですね!

商売をやっている人は分かると思うのですが、店を構えていて一番の悩み事って、品物が売れないことじゃなくて、お客さんが来てくれないことなんですよね。
とにかく冷やかしでも、ふらっと立ち見でもなんでも構わないから、来店さえしてくれれば、いくらでもやりようはあるんですよ。
だから店側はリピーターを作るために、ポイントカードを発行するし、日替わり商材を用意して、飽きさせない店作りをしなければなりません。
店の中にお客さんが入ってくれさえすれば、何かを買ってもらえる「可能性」が出てくるのですが、用事もないのに来店してくれる人って、余程そのお店のファンでないとなかなかいないものです。


「ASURA FANTASY ONLINE」というゲームでは、私みたいに日常生活にその一部が組み込まれている人間ならともかく、参加頻度の低いプレイヤーは、そもそもログインしないんですよね。
いくら面白そうな依頼を出しても、イベントをやっても、ログインしてもらえないと話にならないわけで、まずはいかにそうしたユーザーを取り込むかが重要だと思うのです。
そういった意味で、ペットやプランターシステムはなかなか良いなあと感心していたのですが、今回の武闘大会無料もかなり注目すべき変更点だと考えています。
大会は対戦相手が日々異なるので、基本的に毎日戦闘スタイルを変えてゆく必要があります。勝とうと思えば、日々のチェックが重要になるんですよ。
その過程で、今まであまり頻繁にプレイしていなかった層が「ログインしたんだし、ちょっと酒場でも覗いてみるか」と考えるようになれば、しめたものだと思います。

また、勝てなかった人が「じゃあ次は勝てるように強い武器を買おう」と思い立ち、購入資金を稼ぐために依頼に入るようになるかも知れません。
阿修羅はレベルアップが楽しいゲームですので、闘技場で低レベルキャラクタがその面白さの一端に触れることができれば、そっち方面からの依頼参加欲求が出る可能性もあります。
福袋は言わずもがなですし、他のPCと触れ合う機会が増えれば、それだけOMC商品の購入意欲が沸くのは、実に自然なことだと思うのです。


どうも今までのテラネッツは商売上のセオリーを無視して、おかしな方向へ進んでいるな、と思えることが多かったのですが、最近は割と納得のいく変更が多く、今後に期待が持てそうです。
今まで、同業のゲーム会社が倒産、撤退している場に幾度と無く立ち会っているだけに、余計な心配までしてしまいがちですが、貴重な遊び場所が残ってくれることは、何よりの願いです。

全てのプレイヤーを満足させることはとても難しいと思いますが、常に良心的であろうとするスタンスを示していれば、自然と人は集まるものです。
長くゲームが続けられることを期待しています。頑張ってください!

■2006年06月21日(水)  みんなでキャンプ

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【言の羽】
■参加シナリオ【ただいま、いってきます】

ハツ子が参加していた、言の羽MSの「ただいま、いってきます」のリプレイが上がっています。

拘束期間が短く、割と好きなタイプの依頼だったので、思わず飛び込んでみました。
参加してから何度かオープニング文章を読んでみたのですが、なんだか説明不足というか、もやもやする出だしだなあと眉を顰めていたのですが……。
続きもののショート依頼だったようです。
ごめんね!アジアの依頼は全体的にチェック不足で本当にごめんね!

それで過去の依頼もチェックしてみたのですが、これがまた良い話でうるるん。
一気にみちるちゃんファンになってしまいました。


■プレイング晒し

キャンプを楽しみます。

お誘い頂いたことに対して、まずは葛原父娘に感謝の挨拶を。
みちるちゃんは勿論、参加者全員、何かしら思うところのあるだろう、今回の小旅行。
今はまだ、心からキャンプに没頭することはできないかも知れません。
ですが、後から振り返ってみた時に、「やっぱりあのキャンプに行ったのは正解だった」と
そう誰もが思えるような、楽しい旅行にするために尽力します。

未成年者が多いので、みちるパパ一人で引率役を受け持つのは厳しいかも知れません。
特に言葉にはしませんが、さりげなくサポートが出来れば良いかな、と思っています。
女の子サイドのコテージの管理や、男性では言い辛い(もしくは配慮が届かない)部分を纏めてフォロー。
また、料理は趣味のひとつですし、好きなので積極的にお手伝いを(得意、と言える腕前ではありませんが)
アルミホイルの中にきのこや野菜を塩やバターと共に放り込み、ただ焼くだけといった単純料理を作ります。

みちるちゃんが本来の目的に向かった場合は、黙ってそれを見送ります。
後を追いたがる者がいた場合は、後片付けは自分がやるからと、笑って送り出すつもりです。
頭の良い子だから、大人達の機微も敏感に感じ取った上で、普段通りに振舞う少女。
えてして、そういう子ほど他の人よりも、自らの内にイロイロと溜め込んでしまうものですが――

ああいう仲間がいればきっと大丈夫。そう言って、みちるパパに笑って見せます。

(598字)


継続参加の方々のお邪魔にならないように、キャンプメインで活動していたハツ子。
周りはみんな十代の子ばかりなので、微妙に肩身が狭いというか、同世代の友達いないのかよ!とか突っ込まれたらどうしようとか。
しかしそんなハツ子よりも、更に肩身が狭かっただろう、みちるちゃんのボーイフレンドの鷹見君。
何しろ男性一人。みちるパパとのやりとりが面白すぎます。

アテが外れた部分もありましたが、少しは良い方向へと向かってくれたようなので何より。
また機会があれば是非お邪魔させて頂こうかと思っています。

ハツ子の次回予定は「世界祝祭奇祭探訪録 9」→「永劫回帰交響曲 第4番」
これでどうにか一区切りが付きそう……かな。

■2006年06月20日(火)  魔法少女になりたくて

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】

考え付く全てのネタを纏って、超攻撃的に切り込む予定のマホウショウジョ依頼(ワンド子爵の憂鬱―揺れて貴方の船の中☆)
人質の解放とかそういうレベルを遥かに越えて、ピリオドの向こう側を見てみたい。

即席マジカルスタッフ

■2006年06月19日(月)  花開いてシュタットエルトビレ

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】

波黎ひろみ絵師にお願いしてあった、ハツ子のオーディション全身図が納品されました。

WEFドレスアップ賞の【眼鏡部門】にエントリーしています。
ミュージアムを見たら、お隣に同じく波黎絵師絵のアイちゃんがいたので笑ってしまいました。すごい偶然。

今回のオーディションは今までと違って、衣装デザインがかなり自由なのでどんな感じにしようか、結構悩みました。
うんうん唸りながらも、結局、Dolce & Gabbanaの派手目なビスチェとフリルスカートに決定。
あまりにファンキーすぎる格好は、イラストにした際に面白さが伝わらないかな、と思い、赤と黒を基調にした、比較的分かりやすいものをピックアップしたつもりです。
上記写真を参照画像としてくっつけ、アレンジ歓迎の旨を記載しておいたのですが、腹部のリボンや、足元の装飾などイメージ以上の出来映えでした。
波黎絵師には大きな感謝を。どうもありがとうございました!


次のオーディションである「Mid Summer Horror Night〜真夏の怖い夜〜」は、参加を見合わせる方向で。
面白そうではあるのですが、オーディション絵以外のOMC商品も注文したいところですし、他の参加者の方々の応援に回らせてもらうつもりです。
時期的にその次は水着オーディションになりそうな気がしていますので、仮にそうなった場合は参加しようかなと。
こういう特別商品の時だけ窓を開けてくださる絵師さんも多いので、できればビーストナイトだけじゃなくて、他のゲームのPCでも参加できるようにしてくださると嬉しいですね。

どうぞ宜しくお願い致します。

■2006年06月17日(土)  Sommerbrautは寂かに告げる
■ゲーム【運命準備委員会】

エルスウェアから新作のパンフレットが届きました。
ブラッドオペラの次のタイトルは「運命準備委員会」です。

秋開始との事ですので、是非参加させてもらおうかと思っています。
紙媒体のメイルゲームには、やはり他では味わえない魅力がありますし、ブラッドオペラは本当に快適にゲームを楽しむことができたので、参加しない理由はない、といったところでしょうか。
パンフレットを見ても今ひとつどんな内容のゲームなのかが分からないのですが、まあこれはマスターによって全く異なってくることでしょうし、あまり気にしないことに。

参加される方がいれば、どうぞ宜しくお願い致します。

■2006年06月16日(金)  そして恋がはじまる

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】
■イベント【June bride】

リアルタイムイベントが始まっていますね。
今回はウィルでオリエ中心に動かしていく予定です(余裕があればカルナックスも)
大ホールでご一緒した際は、何卒宜しくお願い致します。

談話室に「恋人募集表明テーブル」というのがありましたので、早速冷やかし書き込みに行ってきました。
希望を並べ立ててきましたが、仮にあれをクリアしてもオリエルートには進めません。
フラグを立てるためには、あれだけ書かれたのに「お金も力もないけれど、それでもキミが好きなんだ!!」と言ってしまえる熱いハートが必要なのです。
……とかなんとか適当なことを言ってみたりして。

オリエはともかく、この卓からカップルが誕生したら良いなー、と思いつつ、この人とこの人がくっついたら面白いんじゃないかな、とか勝手にカップリング予想して楽しんでいます。
ですがまだまだ参加者が少ないので、なかなか面白い組ができなくて悶々としております。
「恋人を見つけに来ました」って言うのはちょっと恥ずかしいですし、キャラクタ的にも似合わないぜ!って仰る方もいるかも知れません。
ただ、気の合う友人を探しに来た、とかそういうスタンスでも良いんじゃないかと思っています。
滅多にない機会だと思いますので、迷っている方も自己紹介から始めてみてはいかがでしょうか。

でもうちのオリエはそう簡単にはくれてやらぬぞー!(親バカ)

■2006年06月15日(木)  恋のストロベリーパフェ

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【鷹見沢桐】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【竹之屋敏腕繁盛記♪ 皐月の献立】

桐が参加していた、コミアキMSの「竹之屋敏腕繁盛記♪ 皐月の献立」のリプレイが上がっています。
5月からはいよいよ竹之屋新制服!ということで、おニューのアバターへと様変わりしたお千ちゃん。
それならばと桐も衣装チェンジをして今回のお仕事に臨みました。

竹之屋のお千
鷹見沢桐

お揃いです。これはちょっと気合入ってるぜー、と言うところを見せてみました。
店員仲間の八雲ちゃんは、竹之屋新制服全身図を頼んでいましたが。早くも気合度で負けております。
……う〜ん、桐もほとんど竹之屋のみの非戦闘PCになりましたし、普段着っぽいバストアップでも頼もうかなあと思っています。


さて、今回の竹之屋イベントはサランさん主催の恋占いでした。
それにかこつけて、桐は竹之屋カップルがうまくいけば良いなー的に色々と。
店長と八雲ちゃん、山岡さんとお千ちゃん、みんな良い方ばかりですので、今シリーズ終了前にそっち方面でも一区切りつくことを願っています。
今更ながらジャパンでジューンブライドイベントが行われないのが惜しまれますよ。
もう絶対コミアキMSならうまく絡めてくれるのに〜!!

勝負は次回!なヒキも見せ、次が非常に楽しみな竹之屋敏腕繁盛記。
スケジュールによると竹之屋派生シナリオも出るそうですが、どんな内容になるのでしょうか。
順番的には竹之屋純正シナリオと連続しているので、両方入るのは難しいでしょうか。

あれこれ想像しながら待ちたいと思います。

■2006年06月14日(水)  福袋の中にうんこが入っていたらサー様の仕業

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】

なんだこれおもしろい!


「ふふ……これでソードフィッシュもおしまいね」
「アンタが裏で手を引いてたのか……!?」
「いや、あの小津野って子がイロイロ動いているみたいだし、まだ分かんないんじゃね?」
「!!……あの小娘、ちょっとばかりサー様に可愛がられてると思って……キー!!」
「あんなサイコ(キネシスが得意)な子がいる魚くさいチームは、サー様には相応しくないわ!」
「そう!伝統と栄光のレッドスフィンクスこそが、あの華麗なるおふんどしの君に相応しい唯一のチーム!!」
「……いや、仮に魚チームがなくなっても、スフィンクスもメンバー揃ってるんだから引き抜きは無理だろ?」
「ふっ……メリーアン!」
「なによ?」
「リューズの衣装の中に毒針を仕込んどきなさい」
「なんで仲間を減らそうとするのよ!?」
「ブルーゲイルへの妨害工作は上手くいかなかったから、今度はちゃんとやるのよ」
「人の話を聞……ってアレ、アンタがやったんかい!?」
「この世界にチームはレッドスフィンクスだけで良いのよ!」
「1チームしかなかったらレース開催できないだろうが!あほ!あほ!あんぽんたん!」
「サー様を後ろに乗せて、ひたすらタイムアタックだけするから良いのよ!」
「そんなの誰が観に来るんだよ!?観戦依頼とか出たら逆に困るよ!」
「今度は感状何枚貰えるかしらね?」
「「もらえねーよ!!」」





※今回のお話はフィクションです。たぶん。
旗村はかいと冥王オリエは、ソードフィッシュのGCR第4回出場を応援します。本気で。
コメント
  • 真帆(八卦)(2006/06/15 13:59)
    うわーん!真帆はサイコな子じゃないよ〜!(手当たり次第にサイコキネシスで投げつけッ)オリエさんなんかニキビをふきでものって言われちゃえ〜!  (応援ありがとう御座います♪リンクしちゃってもよろしいでしょうか?というか…しちゃいました)
  • 旗村はかい(2006/06/16)
    ぎゃっ!見つかったー!!……こほん。真帆ちゃんと八卦さんいらっしゃいませー。変な事書いちゃってごめんなさいでした。
    少女漫画で言う、主人公の女の子にライバル意識を持ってるお嬢様、というのがやってみたかっただけなんです。
    リンクは大歓迎です。ありがとうございました。こちらからも繋がせていただきました!

■2006年06月13日(火) 

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】
■担当マスター【龍河流】
■参加シナリオ【後輩育成〜騙せお役人】

ビーストナイトの公開(及び製作中)リプレイが、今までの番組表形式から最新VTRが上に表示される阿修羅式へと変更されました。
更にマスター別に抽出することが可能になりましたので、使いやすさは格段に上がったと思います。
先日出発した依頼が連作ショート系だったので、参考にしようと過去のリプレイを探したのですが、これが非常に手間がかかったんですよね。
今後も同じようなケースは多々あると思いますので、今回の変更はとても有難いです。

そんな中、敷島が参加していた龍河SDの「後輩育成〜騙せお役人」のリプレイが上がっております。

突如、城塞都市の視察に来ることになったお役人を、どうにか騙してそれっぽく見せるのが今回のお仕事。
表向きは遺跡の管理を行っていることになっている現地スタッフの獣人たちですが、年齢的に若いため、実際に見に来られてしまうと、彼らだけでは怪しまれてしまうかも知れません。
見られたら困るものもあるのに、見に来るなとは言えない。そこで白羽の矢が立ったのが今回の参加者というわけで……。


敷島、久しぶりの戦わない依頼です。


■プレイング晒し

視察に来る『所長さん』をだまくらかす。

まずは誰がどんな役割を演じるのか、綿密な打ち合わせを。
各々が勝手に何かを演じた場合、所長との話の中で齟齬が出る恐れがある。
基本はアドリブになるだろう今回の騒動の中で、少しでも冷や汗をかく回数を減らす為にミーティング。
発生した問題は出来る限りの修正を行う。
自分は資金援助をしている金持ち役を担当。
金勘定に煩く、要領の悪い現地スタッフにはクドクドと嫌味を言う、いかにもなリッチマンを演じる。
「それは演技じゃなくて地だろ」というツッコミには、要所無く飛び蹴りをかます。

実際に件の『所長さん』が来る段になったら、スタッフの傍で色々と指示しているフリを。
役割上、持ち場を動けない者がいれば、ウロウロとあちこちを見回りながら、彼等に状況報告。
万が一、役人と話すようなことがあれば、あくまで横柄な態度で臨む。
「それは演技じゃなくて地だろ」というツッコミには……この場は我慢し、後で飛び蹴り。
職業柄、全体を統括することを常に考え、役人をヤバイ場所へと近付けない様、誘導する。

仮に手早く追い返すことができた場合は、遺跡探索希望者のバックアップを。
今回の騒動の後片付けを引き受け、普段通りの環境へと戻す作業を行う。

「素人一人騙せねぇようじゃ、芸能界じゃやってけねえぞ」
「ったく、高ぇ金払ってんだから、マトモに動いて欲しいぜ。なァオイ!」
「……ふー、どうやら上手くいった……か?」

(598字)


で、敷島は遺跡保護団体スポンサーとして動いておりました。

……ダメだ。ライオン先生が面白い人になっていて、最初から最後までニヤニヤがおさまりません。
いやむしろ、がめつくて金勘定ばかりが頭にあるコイツこそまさに敷島なのですが、今まではその手の描写のされ方がほとんどなかったので、余計にそう感じるのかも。

やっぱり龍河SDは流石と言うか、プレイングを噛み砕いて自身の言葉に変換する、という力においてはMS陣の中でも飛び抜けている気がします。
プレイヤーとしては、こちらの思惑通りに物事が都合良く進み過ぎても白けるものですし、逆にプレイングを半ば無視されて勝手にキャラクタを動かされるのも腹が立つものです。
同じようにプレイング内の台詞や行動がそのまま使われるのは、ちょっと寂しさと物足りなさを感じると共に、まるで見てくれていないのもガッカリしてしまうものです。
龍河SDはその辺りの匙加減が絶妙で、WTの面白さを味わうには最適のマスタリングをされる方だと思っています。
松原SDと並んで、この手のゲームに慣れていない方がWTの感触を掴むのにうってつけの人なので、なるべく依頼には入らず、他の方に回すようにしていたのですが……。
ちょっとガマンできなくなってきた、かも。

もっと中東にも依頼が出るようになれば話は別ですが、現状の流れが続くようであれば、龍河依頼に今後も継続して参加するつもりです。
アジアとアメリカの依頼数はいつも羨ましく思っているのですよー。
コメント
  • きうい@遠いどこか(2006/06/15 23:01)
    ケイです。件の依頼ではお世話になりました。 確か他の依頼でもミスターオルトロスとはご一緒したような気がするんですがなんだったか。ナイトハンターメイキングでうちのミカ様がおせわになったのですね。  さて、龍河MSはほぼ初のきういでしたが、こうやってキャラクターとプレイングを咀嚼した上で表現してくれる方って、実に魅力的です。  しばらくは、ケイは中東の蛇をやっていてもらうつもりです。はい。では、突然の訪問失礼致しました。
  • 旗村はかい(2006/06/16 )
    きういさんいらっしゃいませー。こちらこそ大変お世話になりました。
    ビーストナイトは大筋の流れまで自分達で決めてしまえる依頼が多々あるので、リプレイを読む時のワクワク感が他ゲームに比べると小さい時があるのです……
    が、龍河さんはその辺うまくやってくださるなー、と思うのです。
    うちのもしばらく中東においておくつもりですので、今後とも宜しくお願い致しますね。

■2006年06月12日(月)  気持ちを入れ替えて

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】

W杯が終わるまでは、ゲーム関係はかーなーりパワーを落としていこうと思っています(睡眠時間確保のため)
プレイングを考えようとしてもあまり集中できないので、依頼参加はするにしても、深く考えずにノリで行動できるようなシナリオのみに絞るかと。
本当は今日のエントリを、先程終了した日濠戦の試合感想のみで埋め尽くしたいくらいもやもやしているところなのですが、どうにか堪えてWTの話題をば。


6月期のマスター人気投票が行われていますね。
阿修羅の方はコミアキMS、ビーストナイトの方は風華MSといつも通りのお二人に投票させて頂きました。
どちらも人気MSですので、私が投票せずともたくさんの票は集まるのでしょうが、やはり日頃お世話になっているからには、ちゃんとこういうところで示しておきたいですしね。
他にもたくさん投票したいMSはいらっしゃいますので、5ポイント割り振りにして、1人のMSに5点でも良いし、5人のMSに1点ずつでも可、というようにして欲しいかなあ、と。
尚、マレーアチームを一人のMSとして投票するのは、個人的に疑問が残る部分ですので、一番お世話になっているハズですが、投票はしておりません。

同時に5月に投票した分が当選していたらしく、ビーストナイトの壁紙が送られてきました。これって当たるものなんですね。
しばらくサーバに上げておきますので、欲しい方がいればどうぞ。
今月末くらいになったら消してしまう予定。
【追記】削除致しました。


また、今回のビーストナイトのアンケートではどんなジャンルの依頼が欲しいか、畳み掛けるように問われていますね。
以前もこの手のアンケートを取っていましたし、やはり製作側としても一番情報が欲しいところなのでしょう。
私は全て「映画/ドラマ」で決まりですが、トータルで見るとどんなものなのでしょうね。
ビーストナイト開始直後に発表された各種族の割合のような、ああいうデータを幾つか公開してもらえると楽しいかな、と思うのですが。
犬も含めた今現在の獣人の種族比とか、人気職業ベスト10とか、PCのレベルの分布図とか、非常に興味があります。

最後の質問の好きなNPCは、MS所有のNPCが含まれていないので答えようがないと言うか、シャイニングっ娘の個体識別は皆さんついているのでしょうか。
どうにも選びようがないので、仕方なく今回壁紙を頂いたということで、中東ショッピングモールのお姉さんにしておきましたが。

兎にも角にもアンケートは取るだけでは、何の役にも立ちません。
是非とも有効活用して、ゲームを円滑に進めるための材料として役立てて頂ければ、と思っています。
どうぞ宜しくお願いします。

■2006年06月10日(土)  ダマスクローズに包まれて

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【世界祝祭奇祭探訪録 8】

ハツ子が参加していた、風華MSの「世界祝祭奇祭探訪録 8」のVTRが流れています。

今回の取材場所は、ブルガリアのカザンラクで行われる「バラの谷の祭」
お祭りについては何も調べず「真っ赤な薔薇が咲き乱れるような派手な祭りは、ハツ子にぴったりだなあ」と単純に字面のみで参加を決定してしまいました。
が、皆さんに教えて頂いたサイトなんかを巡ってみると、なんだか素朴なお祭りのようで、今までの探訪録で一番イメージと違っていた気がします。
それでもやっぱり、パレードやダンスが行われ、遊園地までやってくるお祭りは、そこに住む人達にとっては一年に一度の大イベントなのでしょうね。
海外の方のサイトにも目を通してみましたが、楽しんでいる様子がとても伝わってきて、どの辺をピックアップするかで悩ませて頂きました。


■プレイング晒し

バラの谷の祭をレポートします。

バラは大好きな花のひとつなので、今回のお仕事は興味津々。
一面にばーっと鮮やかな真紅の景色が広がる様子を思い描き、少しウキウキ。
(実際には大分違うらしいので、一瞬あれっと思いますが、すぐにそれもアリだと思い笑顔に)
お土産にはローズオイルでも買って帰ろうかなあ、などとちょっぴり観光客気分でブルガリアデビュー。

まずはお世話になるアーレンさんご夫婦に挨拶を。
お仕事のバラ栽培についてお話を聞き、可能であればお手伝いもさせて頂きます。
趣味でガーデニングをしているので、花を育てる苦労は多少は分かっているつもりです。
バラを育てたことはありませんが、虫がつきやすいという話は良く聞きますし、苦労されたこともあるでしょう。
ですが、こうして咲いたバラを見ると、その苦労も報われたような気分になるのでしょうか。
やっぱりバラは良いな、と思いつつ、その香りを楽しませてもらいます。

もし用意できるのであれば、各種イベントには民族衣装を着て参加します。
華やかで可愛らしい衣装は、バラのお祭りにとてもマッチしていると思うので是非にでも。
今回は短い期間の中でのレポートなので、最初から最後までフルパワーでいっても十分保つハズ。
フォークダンス・フェスティバルからバラ摘みまで、常に全開で取材活動に励みます。

「これで好きな人からバラの花束でも貰えたら、言うことないんだけどね」

(586字)


『美味しんぼ』の玉締めによる胡麻油の話で、引き合いとして「ローズオイルはバラの花の一番良いところだけを取った真髄」という台詞を、確か山岡さんだか栗田さんが言っていました。
そこら辺のネタを上手く使って、気の利いた台詞プレイングでもやろうかと思っていたのですが、リアルでの友人結婚式の準備に手間取り、ほぼ初期プレイングのまま出してしまいました。
当たり障りのない行動になってしまいましたが、風華MSが上手く膨らませて下さったので、いつも通りの陽気で何にでも興味津々なハツ子が出ていたと思います。
また、花束を希望するハツ子に代わって、私が上記の結婚式で白薔薇の花束を頂いてしまったのは、何かの縁でしょうか。
花瓶に飾っていますが、バラの香りはやはり良いですねー。


きっとお土産をたくさん買って帰ったに違いないハツ子の次の予定は、言の羽MSの「ただいま、いってきます」
本格的な梅雨シーズンに入る前にキャンプへ行って来ます。

■2006年06月09日(金)  六月の花嫁
■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■イベント【June bride】

6月のリアルタイムイベントはジューンブライドだそうです。
開催国がイギリス、ノルマン、ウィルの3カ国(と言うよりもジャパン以外)で、開催時期が16〜26日の11日間。
ですので、先日の京都のような行動入力形式のイベントでは無さそうです。
大ホール開放+関連依頼がちょこっと出るようなタイプだと予想しています。

結婚を考えているような自PCがいれば多少は期待できたのでしょうが、生憎、一人身のキャラクタばかりを有しているため、正直なところ「ふーん」くらいの期待度だったり。
イベントテーマとは別に、大ホールで皆様方とお話できるのは純粋に楽しみですので(そもそも大ホールが開放されるかはまだ未定ですが)、期間中は顔を出したいと思っています。
OMCの特別商品の受注も行うそうなので、何か面白そうな商品が出るのであれば、ひとつくらいは頼んでしまうかも知れません。
同時期にビーストナイトの方でも、「Mid Summer Horror Night」なるオーディション企画が行われるので、注文するとしてもどちらか一つになるでしょうが。


私個人としては、デートイベントを大々的にやってみたら面白いと思うのですが、誰もそんなものは望んでいないでしょうか。

1日目:PCのパーソナルデータ入力。趣味や特技、好みの異性(もしくは同性)のタイプなどを用意されたテンプレートに入力。
3日目:参加者の中からPCに合った相手PCが決定される(プレイヤーサイドで相手を指名することはできない)
5日目:数箇所のデートスポットの中から一つを選択。何をするか、どんな言葉を相手にかけるか、などを自由行動欄に記入。
7日目:告白タイム。見事カップルになったふたりには記念アイテム授与。

ハートオブマジック系の読参的に。
問題点は数限りなくありそうですが、やれば絶対盛り上がること間違いなし……だと思うんです……けど(自信ない)
「試しに参加したら、あの人がお相手に決まっちゃったよ!」とか「お前結婚してるだろ!?」とか、そんな会話が酒場で飛び交うことを期待しています。


良く考えたらビーストナイトでやっても面白いかも知れませんね。
全然今回のイベントとは違う話になってしまいましたが、今日はこの辺で。
コメント
  • 田吾作(2006/06/12 13:29)
    た・・・楽しそう・・・!!イベントの結果その物以上に、その後の会話も楽しそう!!
  • 旗村はかい(2006/06/13 )
    田吾作さんいらっしゃいませー。
    楽しそう……そう仰ってくれる方が一人いてくれただけで、思い残すことは何もありません。
    これ明らかに狙ってるだろ!とかいう奇跡のカップリングとか出たら楽しいと思うんですよね。
    「なんだよお前かよ……」「な、なによ!私だってアンタが相手になるって分かってたら参加しなかったわよ、バカ!」とか!

■2006年06月08日(木)  戦わない人達、戦場へ

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【カルナックス・レイヴ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【風雲ルーケイ〜毒蜘蛛団討伐G〜魔法部隊】

合戦依頼の報告書が上がっています。
今まで阿武隈とメリーアンが合戦担当だったのですが、今回は依頼内容が依頼内容だけにカルとオリエで参加致しました。

まずはカルナックスが参加した「風雲ルーケイ〜毒蜘蛛団討伐G〜魔法部隊」の方から。
なんとなく本隊に参加しようと思っていたのですが、与力ーズが各隊にバラけ始めたので、それなら誰もいないところをと魔法部隊に。
特に指揮を取るとかそういうつもりはありませんでしたが、何かあれば動けるようにしておきました。何もありませんでしたが。

いざ集まったメンバーを見渡したところ、仮に真っ向からぶつかり合うのであれば、盗賊50人くらいであれば、この隊のみで撃破できそうな顔ぶれ。
虜囚の存在を一切考慮しなければ、長距離から攻撃魔法撃ってるだけでかなりイケそうな気配です。
地水火風全ての高位術者が揃い、カル君は特にやることも少なく手持ち無沙汰気味でゴーですよ。
とりあえず今回一番焦ったのが、いつの間にか魔法部隊がライトニングサンダーボルトで合図を出す、という作戦が決まっていたことで、慌ててプレイングに組み込んだ朝方。
酒場ではだいぶ早くから出ていた案の様ですが、魔法部隊の方では完全にスルーしておりました。この辺が合戦依頼の相談の難しいところであり、面白いところでもあるのでしょうが。

リプレイでは本番の戦闘よりも、その前の街道進軍中に受けた夜襲の際に動いていたカルナックス。
おちゃらけたところも無く、気遣いのできる大人の男として描写して頂いて、有難いやら気恥ずかしいやら。
そして一番力を入れ、気にかけていたチャリオットとの連携は半分成功、半分は問題アリな結果に終わりました。
魔法使いを乗せた新型チャリオットは圧倒的な力を見せ付けることができましたが、反面、他部隊との連携が取れず、今後に課題を残すことになった模様。
ゴーレムのみで戦争ができるわけではありませんので、いかに歩兵や騎兵との連携を取る戦い方ができるか、が一番のポイントになるのではないでしょうか。

同じミスをせず、より錬度の高い戦い方で次の戦闘に臨んでいければ、と考えています。



■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【風雲ルーケイ〜毒蜘蛛団討伐E〜ゴーレム隊】

次にオリエの方が参加していた「風雲ルーケイ〜毒蜘蛛団討伐E〜ゴーレム隊」の方を。

まずはリディリアさんに大感謝。
この依頼に入ったからには誰もがゴーレムに乗りたいでしょうし、乗れば活躍の機会も得られるでしょう。
スキル的にもオリエと組んでしまえば、ある程度サポート的な役割を受け持つことは分かりきっているのに、それでも「オリエ殿と組むとはとても心強い」と仰ってくれたリディリアさん。
貴女をパートナーに選んで良かった。

さて、初手からいきなり相談卓を覗かれているオリエさん。明らかに今回の合戦をピクニックか何かと勘違いしています。
最近、鎧騎士の方々でも効率のみを重視した新戦術、戦法に関して疑問の声も上がっているようですね。
意識の違いから、天界人と鎧騎士の間に摩擦が起こり、仲違いなんかが起こっても面白いんじゃないかと密かに思っています。
ぶつかり合い、お互いの思うところを吐き出しながらも、その中で互いの良いところを見つけ、歩み寄り、深い友情を結ぶ――
そんな熱い展開になったら、確実に悶えちゃうのですが(気持ち悪いよ)

装甲チャリオットはカルナックスの方で触れた通り、問題は残るものの、その力を発揮できたようで、操手としての最低限の役割は果たせたと思います。
そして戦車以上に圧巻だったのが、バガンです。
プレイヤーの目線では「一番弱い人型ゴーレム」の印象が強く、どことなくザク的な位置付けで見てしまうのですが、実際にはとんでもないぞ鉄巨人。
まあ私だって、家の前にこんなのが剣持って立っていたら腰抜かしますので、当然と言えば当然なのですが、盗賊たちにも効果十分だった様子です。


全体として見てみれば、過程はどうであれ、ともかく勝つことができて良かった、という印象の今回の討伐依頼。
これでルーケイに蔓延る他の賊にも、何かしらの動きが見られるようになるでしょうか。
長期的な方針や作戦なんかを考えるのは苦手ですが、お手伝いできることがあればまたお邪魔させてもらうつもりです。

平定に向けて一歩ずつ歩んでいきましょう。


【追記】(結果反映)


カルナックス:経験値+363 名声値+362 所持金+10G 保存食−10


オリエ:経験値+363 名声値+362 所持金±0G 保存食−10
称号変更 【感状1枚】【トルク領男爵待遇】→【感状2枚】【トルク領男爵待遇】

■2006年06月07日(水)  悪妻論に異議を唱え

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【永劫回帰交響曲 第3番】

『MAID in JAPAN』のキャストが発表されましたね。

敷島は残念ながら落選してしまいました。が、また次回(があれば)頑張りたいと思います。応援して下さった方々、どうもありがとうございました。
キャストに選ばれた方々はおめでとうございます!どんなポスターが出来上がるか楽しみですね。
そんなちょっとだけガッカリモードだった私のところに、良いニュースも入ってきましたよ。
先日のベストAGコンテストに入賞したことで、アイテムを頂戴しました。

●WEFベストAGトロフィー
種別:トロフィー
EP:3.9
防御力:0
解説:
「WEFベストAG」の記念トロフィー。高さ34.3cm、3.86kgの堂々とした黄金色のヤギ天使像が栄冠を称えている。

ちなみにショッピングモールでの売却価格は35000円です。

それから今回入賞したことで、名声値が150上昇しておりました。
ちょっと情報収集中ですが、敷島やプロダクションの面々は名声が30上がっているようなので、WEFに参加された方は若干のプラスがあったようです。
(※確認された方、もし差し支えなければご報告をお待ちしております)


えーと……それからそれから、ハツ子が参加していた、風華MSの「永劫回帰交響曲 第3番」のリプレイが上がっています。
今回のプレイングは難産でした……。


■プレイング晒し

コンスタンツェ役として参加します。

強くなるために最初の一歩を踏み出した女性、を表現したいと考えています。
与えられないと嘆くのではなく、自ら欲しいものを掴み取りに行くような――
そんな女性をイメージしながら、コンスタンツェを演じるつもりです。

カールとフランツ、ふたりの子供に愛情を注ぎながら、レクイエム完成に動き出します。
優しいモーツァルトのことだから、自分たちが貧しい生活をしていたら、気になって天国に行けないはず。
心配そうな顔をする子供達には笑顔を見せつつ、ジュスマイヤーに依頼を。
完成したそれは、素人の自分から見ればとても良くできたものだったけど、どこか違和感のあるものだったり。

そんな中、彼が亡くなってからは一度も見なかったモーツァルトの夢を見てしまいます。
亡き夫に誘われるかのように、彼の墓を訪れると、多忙のサリエリも何故かそこに。
問題が無ければモーツァルトの命日、というのがドラマティックでしょうか。
会えない間は色々と話したいこともあったのに、いざ再会すると、ありきたりの時候の挨拶くらいしか出てきません。
しかし交わす一言二言が、二人で悲しみを共有したあの日のことを浮かび上がらせてくれます。

スヴィーテン男爵のコンサートで、サリエリが指揮を取るレクイエムは、自分が思っていた曲そのもの。
その事に気付き、一瞬目を丸くして彼女の方に視線をやりますが、後は静かに瞳を閉じて演奏に聞き惚れます。


(597字)


第3回目となる今回は、いつもと違って役者陣と裏方チームが合同の12人EXシナリオでした。
密かにこの形式になることを願っていたので、正直有難かったです。
風華MSのEXシナリオは読み応えも十分ですし、最後もこの形で良いんじゃないかなあと思っております(あまりお金を使いたくない、という方がいたらスミマセン)

ハツ子は1回2回と同じく、コンスタンツェ役をやらせて頂きました。
コンスタンツェのイメージは私なりに随分固まってきたとは思うのですが、今回はストーリーの流れをどうするかで四苦八苦しました。
「こういう展開にしたい!」という曖昧なイメージはあるのですが、それを整合性のある物語にするには、どういう流れにすれば良いかが思いつかず、珍妙なアイデアばかり出してしまいました。
幸い、他の方々がうまく拾ってくれた上で軌道修正して下さったので、最後はとても良い形にまとまったと思っています。
演技の外でのハツ子もキュートな感じで言うことなしです。そしてシャノちゃんは相変わらず謎のお人だ……すばらしい。


次はいよいよ最終回。現代編、と言うことですが、これは……どうなるのでしょうか?
ここまで良い感じに物語が続いてきていますので、最後はきっちり締めたいところ。
スケジュールミスのないように、要チェックで臨みますよ〜。


【追記】

上記の名声上昇の件ですが、グループに加入していない人は名声値に変動が無いそうです。
逆にAGに参加している人は軒並み上昇しているので、ベストAGコンテストの影響ということらしいですね。
更なる情報をお待ちしております。

■2006年06月06日(火)  Operation Darkness

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】
■担当マスター【香月ショウコ 】
■参加シナリオ【暗闇のケモノ】

敷島が参加していた、香月MSの「暗闇のケモノ」のVTRが流れています。

およそ1ヶ月ぶりとなる敷島の仕事でしたが、一応脳内設定では、前回の暴走が原因で入院していた、ということになっております。
そのためプロダクションにも最近まで顔を出さず、発言はハツ子オンリーで行っていました。
本当は、久条MSの中東依頼待ちだっただけなのですが、どうやら7月下旬まで待機になりそうだという情報を入手しましたので、それならばと依頼に投入。
てっきりそのお名前から理系美人っぽい白衣のお姉さんを想像していたのですが(なにそのイメージ)、実はさわやか好青年だったことが前回のイベントで判明した香月MS。
中東戦闘依頼をナイスタイミングで出して頂いたので、飛び込んで参りました。


■プレイング晒し

件のNWを倒す。

シャルロが劇場の封鎖に動いてくれるなら、何の心配も無い。
場所柄、一般人が入り込む可能性は無いと考え、完全獣化で戦闘に臨む。
金剛力増と獣毛で肉体的強化を図り、攻撃防御両面における力の底上げを。
利き腕である右手には魔力刀を、左手の届く範囲には能力で作り出した光球を用意。
闇の中を照らし、NWを見つけ次第即攻撃、というスタンスで今回の依頼に取り組む。

今回集まった面子は、見たところ腕利きが揃っているので特に心配はしていない。
それぞれの矜持も哲学もあるだろうし、余計な口出しは彼等の興を削ぐ恐れがある。
時間も限られていることだし、具体的な動きは各自に任せた方が良いと考えている。
自分自身は前衛で、手負いの獣を引き寄せ、半ば囮となるように動くことだけ伝えておく。

シャルロから伝えられた敵の特徴は、巨大な顎と硬い皮膚を持つ、というもの。
通常の攻撃は外皮に弾かれてしまう可能性があるので、狙いは口の中、とアタリをつけておく。
顎が発達している以上、攻撃手段の一つとして噛み付きがあるのではないかと推測。
獣は手負いの状態が一番危険だと聞くし、油断はせず、かつ怯みもせず敵に向かう。
トドメは仲間に任せ、自分はNWの動きを止めることに専念する。

全てが終わった後は、煙草をふかし一服。
今度はもっと大物を用意しておいてくれよ、とシャルロに笑ってみせる。

(571字)


依頼内容は至極シンプルで分かりやすい「暗闇の中でNWと戦闘」というもの。
電気系統が破壊された劇場の地下小ホールで、先任が仕留め損ねた手負いのナイトウォーカーを狩る、というのが今回のお仕事内容でした。

敷島は真っ向からぶつかっていこうと考えたのですが、久しぶりのNW戦にボケていた私は、肝心要のNWのコアについて全くプレイング内で言及しないという、ド素人っぷりを発揮。
ナイトウォーカーの弱点であり、隠されていることのないコアの場所を確認する、という作業は対NW戦闘における基本中の基本ですが、それを綺麗さっぱり失念しておりました。
他の方々が悉く触れていてくれたので助かりましたが、戦闘メインのシナリオにこれだけ参加しているのですから、いい加減この辺のポカは無くしたいところです。

戦闘では苦戦したものの、能力的に戦闘タイプの方が多く集まったので、どうにかナイトウォーカーの撃破には成功。
敷島も降魔刀でNWの右腕をぶった斬ったりと、そこそこ頑張っていたようです。

誠実で丁寧な、それでいて戦闘シナリオに欠かせない迫力ある描写のリプレイでした。
阿修羅の方でもキャメロットで依頼を出されているようですし、このままコンスタントに安定感のある話を出していけば、すぐに人気MSになるのではないでしょうか。
応援していますので頑張ってください、香月MS!


敷島の次の予定は、同じく中東で龍河MSの「後輩育成〜騙せお役人」
久しぶりに戦わない依頼です。頑張ってきます。

■2006年06月05日(月)  ありがとうな7.2%

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】

少し間が空いてしまいました。飛ばした日付の雑記は余裕がある時にでも埋めていきます。

さて、この間投票したばかりだと思っていたベストAGコンテストの結果が早くも発表されましたね。
スニーク・プレビュー2位という好成績を残すことができました。
まずは投票してくれた方に感謝を。メンバーのみんなはお疲れ様でした。
正直な話、ここまで健闘できるとは思ってもいませんでした。
予想通り票は分かれる形となりましたが、心優しい方のお陰で一歩だけ先へ進むことができたのではないかと思っています。

二歩も三歩も先へ進まれた、今回ベストAGの栄冠を掴まれた蜜月の方々は、本当におめでとうございます。
フルメンバーが揃っている上、発言数1500オーバーと普段から積極的に活動されているだけでなく、WEFに合わせての即興ライブなど、勝つべくして勝ったグループだと思います。
頑張っている人達が評価される、というのは端から見ていても気持ちの良いものですね。こちらも負けないよう蜜月さんをお手本に研鑽を積んでいこうと思います。

本来ならば、こういうのはリーダーが率先して色々とネタ出ししなければならないハズなのですが、中途半端な無精者で申し訳ない限り。
アーティスト・ギャザの方の掲示板も放置しておくのは勿体ないので、何かあっちでできないか頭捻ってみます。
グループ参加についてはうちのメンバー、活動地域も好みの依頼もMSも微妙に異なる為、今後も予定はありませんが、個々が活躍することでAGの名を上げる方向で。

一歩ずつですよ。

過去ログ 2005年09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年04月 
2015年01月