ネコハコセーブポイント【極】

■2006年07月31日(月)  泳いだ後は眠くなる

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■イベント【Athletic of Summer】

Miyu絵師に作成して頂いた、ぽにアイコンとたくらみアイコンは何度見ても和みます。

さて、イベント最終日だった「Athletic of Summer」の結果が出ていますね。
白組逆転勝利ですよ!!ばんざーい!ばんざーい!敷島赤組だったけどばんざーい!
やっぱりこういうのは負けてる方を勝たせたいのが人情ですので、もし赤が不利なようであれば敷島でネタフリしたのですが、今回はずっとハツ子メインでした。

メーフィルちゃんに促され、多くの方にご協力頂いて、最後の最後に投下した白組応援曲「White Resolution」が騎馬戦でのBGMに採用され、大感激。
既にハツ子はとうふ音頭が採用されていましたし、これ以上でしゃばるのもどうかと思ったのですが、思い切ってやってみて本当に良かったです。
歌ってくださった皆様方に大きな感謝を。どうもありがとうございました!
おかげさまで騎馬戦の競技貢献者1位に選ばれましたが、これは白組みんなで勝ち取ったものだと思っています。


またどれだけ目立ったかを示すフレームイン秒数のランキングでも、3位に入ることができました。
ちなみに1位はWhite Resolutionでもトランペットを担当してくださった、ハディアックさん。さすがに楽器演奏者はカメラ映えするのでしょう。すごい!
そして2位はビーチバレーでの歌も採用されたアイちゃん。敵に回すと本当に恐ろしい子です。赤組最強のポイントゲッターだったのではないでしょうか。
あとは日本が世界に誇るスーパー芸能人の愛瀬りなちゃんや、千春ちゃんもランクインしていたのを確認しています。
みんなまとめておめでとうございます!なんかもらえるといいよね。

前回のイベントも面白かったのですが、夜中に一人でこそこそ暗号を解いていた時は若干寂しさも感じたりも。今回は終始賑やかで楽しかったです。
競技結果を見て、知り合いが載っていないか確認するのも面白かったですし、好みで言えば今回の水泳大会の方が、私には合っていた気がします。
また次のイベントがあればそちらでも楽しませて頂くつもりですので、どうぞ宜しくお願い致します。

■2006年07月30日(日)  八月に降る白銀の雨
シルバーレイン

■ゲーム【シルバーレイン】

トミーウォーカーの新作PBWが発表されました。タイトルは「シルバーレイン」
東京ガーディアンズっぽい、学園チャンバラものみたいです(たぶんかなり違う)

発表の翌日「お前どんな結社作るの?(意訳)」ってメールが私宛に結構きたのはなんなのでしょうか?

八君曰く「旗村はかいの二択は『やる』か『やらない』じゃない。『やる』か『気合入れてやる』のどっちかだ」らしいのですが、買いかぶりすぎです。
逢魔ヶ人が来月で終了するので、阿修羅のロシアがこのままな感じなら、その分のパワーを回そうかな、とは思っていますが、いかんせんエブリデイキャパシティオーバー。
無限のファンタジアがあまり肌に合わなかったので、TWに対して苦手意識をもっているのも躊躇する理由のひとつです。
それでもいつも通りというか、キャラクタ作成だけはするつもりなので、ご縁があればどうぞ宜しくお願い致します。

■2006年07月29日(土)  よろしくメカドック

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】

黒毛先生がお探しの地上車スキルが必要な人型ゴーレムを探してきました。

量産されたこいつらで、戦場を駆け抜けるのさキャッホー!
1体11Gでできるみたいなので、あまりお金のないオリエでも一体くらいは所有できるはずです。
ショア城のゴーレム工房で作らないかなー。


【追記】

■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【討伐に行こう〜エーロン王子の気晴しE別動】

オリエが参加していた「討伐に行こう〜エーロン王子の気晴しE別動」の報告書が上がっています。
エーロン王子とは特に繋がりも無く、予定表の段階では参加を考えていなかったこの合戦依頼。
ゴーレムの実験テストを兼ねた別動隊があるのを知って、速攻で飛び込んでしまいました。

エトピリカさんと分担してウッドゴーレムを担当するつもりでしたが、1体ではなく2体あったようで、まるまる1体を任されてしまいました。これはラッキー。
これで今までオリエが動かしたゴーレム機器は、チャリオット、改良チャリオット、グライダー、ウッドゴーレムの4種類に。次はバガンを狙っています。
ちなみに今回は、スキル的にエトピリカさんの方が乗り手として適任なので、ゴーレムに乗れないことも見越して、いくつかの攻撃用オプションを用意する行動をしていました。
ゴーレムが人型であるメリットは、ひとつはその形状が与える威圧感。もうひとつは戦場や状況に応じて、所有する武器を変えられることにあると思っています。
射撃タイプのゴーレムも単純に矢を撃つだけでなく、様々な射撃系ウエポンを付け替え取替え、戦うことができたら面白いかもと考え、今回のプレイングをかけてみました。

結果、投網弾は発射と同時に空気抵抗で網が開いてしまい、ターゲットのはるか手前で失速。
石弾もバランスが悪くて全く飛びませんでした。ぎゃふん!
まああれですよ。今回はテストなのでこんなもので良いのですよ……良いよね?
ただちゃんと飛べば使える武器だと思いますので、現代物理学なんかのスキルを持っている方がいれば、ダメだった点を改良してちゃんと飛ばしてくれるに違いありません。

オリエの次の予定はまだ未定。
「テロリストの黒き旗〜動乱編3」かWカップ予選のどちらかだと思います。

■2006年07月28日(金)  こわがらないでよ

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】
■担当マスター【三ノ字俊介】
■参加シナリオ【Outbreak】

敷島が参加していた、三ノ字MSの「Outbreak」のVTRが流れています。

基本報酬50万円というところに思わず飛びついてしまった今回のお仕事。
内容は、アウトブレイクしたナイトウォーカーのデータによって、感染者が出てしまった病院の調査というもの。
感染者と思われる容疑者はオープニングの段階で4人にまで絞られていたので、そこから一人を特定し、殲滅しなければなりません。
OP文章だけでは誰がビンゴか指定するのは至難(というか不可能)だと思われましたので、分担してターゲットの調査をすることに。
敷島は2番目の容疑者である医師に迫ってみることにしました。


■プレイング晒し

分担して容疑者4名に接触を図る。
自分は2番目の容疑者、倉敷雅弘を調査。

まずは外堀から確実に埋めていきたいところ。
NW潜伏期間に見られる、感染者の精神的変調を感じ取ることができないかチェック。
予め倉敷の担当分野を調べておいた上で、彼の患者や周りの看護師に何気なく話を聞く。
自分の家族が倉敷の厄介になりそうだ、という事にし、心配になって聞く感じで。
世間話を装い、彼の評判や性格等、おおまかな情報を集めることができればそれで良い。
「最近ちょっとおかしい」と言うような話を万が一聞いた場合は、倉敷に対する警戒度をワンランク上げる。

それが済み次第、倉敷との直接接触を狙ってみる。
予め所持するオーパーツ「ラーの瞳」の力を使い、水晶に力を。
依頼期間を十分に使い、倉敷の一日の行動を把握した後、彼が一人になる時間を見計らって近付く。
同じく倉敷をターゲットに絞った同行者と協力し、周囲の状況には十分な配慮を。
仮にこの首飾りが光り、倉敷がNWに寄生されていると確信に至った際は、刺激せず待機。

自分が残り、引き続き目を離さぬ様監視を続ける一方で、援護を呼ぶ。
逆にもし倉敷の容疑が晴れた場合は、すぐに他の援護に回る。
NW戦は極力、人間の目の届かない場所を選び、相手を誘導するが、難しい場合、短期決戦で。
半獣化し、金剛力増でパワー上昇。力任せに相手を押さえつけ、仲間にトドメを任せる。

「ようやく正体を現しやがったか、この野郎」

(600字)


リプレイ形式は特殊と言うか三ノ字MSらしいと言うか、ひとりひとりの調査行動報告書っぽくなっていました。
これはこれで各自の評価が良く分かって面白いのですが、PC同士の絡みがほとんどないのは微妙かも知れません。
また三ノ字MSは敷島の顔が余程気に入ってるのかなんだか分かりませんが、前回依頼を請けた時もそうだったように、今回もその辺の描写が特に多かった気がします。
いわく「目立つ容貌」「かなり怪しい容貌」「顔が恐いので警戒され、思うような情報収集が出来なかった。目立つ容貌は損なこともある」などなど。

病院内部のプライバシー問題について私が詳しくなかったことと、敷島の顔が怖いというWパンチで、今回はほぼ役立たず状態でした。
唯一マシだったのが、NWを感知するアイテム「ラーの瞳」を持っていったおかげで、容疑者の警戒レベルを下げることができたことでしょうか。
アイテム頼りってところが我ながら泣けてくる結果です。毎度NW絡みの依頼では全く良いところがありません。
次こそは……次こそは汚名返上ですよ!


そんなダメ所長ですが、イベントの方では中東2日目の競技である「納涼・お化け屋敷」で4位に食い込む大健闘。
コロスタメンバーが次々と成績優秀者やリプレイに顔を出していく一方で、敷島だけ結果を出せなかったら面目丸潰れになるところでした。一安心。
中東最終日ではカレー食べ放題、という敷島向きの競技(ガマン大会)があるので、そちらでも頑張りたいですね。

■2006年07月27日(木)  イベベベ

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】
■イベント【Athletic of Summer】

ビーストナイトのリアルタイムイベントが始まりました。
誕生月が奇数か偶数かでチームが分かれるため、敷島は赤組、ハツ子が白組に。
コロスタのメンバーや、お知り合いの方々は、ちょうど半分半分に分かれたような気がします。

競技の内容は地域毎に変わっているようですが、これはどうせなら選択方式にした方が良かったのではないでしょうか。
各自が得意な分野で行動した方が、50字とは言えプレイングにも力が入るでしょうし、やる気も増すのではないかと考えています。
依頼期間中で移動できない方も多いハズですし、一部の競技に人が集まりすぎるという状況を避ける意味でも、競技を固定するメリットはあまりないと感じました。


ちなみに敷島は中東でダンスコンテストに、ハツ子はアジアでマラソンに参加しておりました。
ふたりとも力及ばず、成績優秀者に名前を残すことはできませんでしたが、景気付けのためにBGM卓にハツ子が残しておいた曲が、アメリカのBGMに使われた様子。

曲はこんなのでした(↓)


曲名【とうふ音頭】
アーティスト【羽曳野ハツ子】

夏だ暑いよ とうふがうまい
サラダに 揚げ出し 冷奴
料理の世界の マルチタレント

それ とうふ! とうふ! とうふ! もうふ!(毛布?)
やれ とうふ! とうふ! とうふ! とうふくじ!(九条道家が創建)

年の数だけ 食べれば元気
それは節分〜


夏だ暑いよ とうふがうまい
そうめん わたがし カキ氷
白い食べもの いっぱいあるけど

(※)
それ とうふ! とうふ! とうふ! もうふ!(毛布?)
やれ とうふ! とうふ! とうふ! とうふくじ!(九条道家が創建)

やっぱり とうふが ナンバーワン
いただきま〜す


※力尽きるまでくりかえす 


BGM卓がミーティングルームの下の方にいつまでも沈殿していたのを見かねて、即興で作り上げたアホアホ曲でスミマセン。
ざぼんさんのところのヤエルちゃんや、ツナさんのところの千春ちゃんの曲が選ばれたのは十分理解できるのですが、何故にとうふがアメリカで……。
新記録を叩き出したアイちゃんとの謎のコラボレーションを決め、南北アメリカになまぬるい風を送り込むことに成功した模様です。



■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■イベント【江戸復興祭】

復興祭の方は、最終結果待ちですね。
まだ竹馬駅伝のチーム成績が加算されていないのですが、青龍・玄武ともにまだ優勝を狙える位置にいると思います。

暁竜はリプレイでやたら熱い男になっていて、なかなか笑わせて頂きました。
朦朧とする意識の中、仲間の応援の声を聞いて「お前たちの声のためにも、俺は・・・・のぼりきってみせる!!」とか言ってしまっている暁竜。
たまたま通りかかった悪人メンバーにその姿を見られて、「……今のは何でもない」とか言い訳してそうです。

武神祭の富選はルミリアさんから流していたのですが、残念ながら準々決勝で敗れてしまったようです。
この辺、もうよく分からないレベルの強さなので、正直予想が難しかったですね。
3人合わせて60Gくらい賭けていたのですが、最終的には配当はどのくらいになるのでしょう?
当たった人と取り分は、是非公開して欲しいものです。興味津々。

■2006年07月26日(水)  出場する女、観戦する男

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【メリーアン・ゴールドルヴィ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【第4回GCR C【レッドスフィンクス】】

チャリオットレース関連の報告書が軒並み上がったようですね。
今回は、オリエをはじめ、レッドスフィンクスメンバーの大半が別依頼で拘束中でした。
なので助っ人としてメリーアンを投入。いつもはチームのコーディネイターとしてサポートで参加させてきましたが、今回は初の本参戦となりました。

操手の山田さんや、攻撃魔法の使えるメレディスさん、歴戦の勇士である長渡さんが助っ人で参加して下さり、十分以上に戦えるチームになった第4回。
普段通りレースに挑戦しても良かったのですが、正直、人数的な部分で優勝は難しいかなという思いもありましたので、「一発目立つレースをしないかい?」と提案。
最終的に、捕虜人形を回収するミッションにチャレンジしてみることにしました。
結果はうまくいきませんでしたが、作戦を練っている間中は妙にウキウキしていたのを強く覚えています(連続発言多めでスミマセンでした……)
結果はフォレストラビッツと並んで3位。なかなかの好成績だったのではないでしょうか。

プレイングでは特に触れていませんでしたが、ぷぷりんとの絡みもありましたし、今回もなかなか楽しいレースになってくれました。
今後の予定を見る限りでは、オリエはスケジュールがいっぱいいっぱいみたいなので、このままメリーをレース担当にさせるかも知れません。
もし次は人が集まるようなら、今度はしっかりと攻撃班として動かしてあげられたらな、と思っています。



■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【カルナックス・レイヴ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【第4回GCR みんな観戦しようよ☆ O】

それからシャリーアさんのお誘いを受けてカルナックスが「第4回GCR みんな観戦しようよ☆ O」に参加しておりました。

先月のジューンブライドイベントで声をかけさせて頂いた関係で、ちょっとだけ仲良くなったふたりですが、なにぶん依頼で顔を合わせることがありません。
お互いの立ち位置やスキルなどを考慮しても、おそらくルーケイ関係の依頼で互いのスケジュールの都合がつけばご一緒できるかも、くらいのものだと思っていたのですが……。
意外に早く同じ依頼に入ることができた上、ちょっぴりデートっぽくもできそうなシナリオなので、ほぼそちらメインで動いてみることにしました。

その甲斐あってか、ちょっとだけ良い雰囲気にもなったりして、ふたりで歩くシーンに関しては特に問題ない、というか、うれしはずかしな感じになったのです、が。
最後のリィムさんの事故シーンでは、単にカルがリカバーを使えば良かっただけだと思うのですが……なぜ救急室まで付き添ったのかが今回一番の謎だったり。

カルナックスの今後の予定は、以前も述べた通り、29日予定のマリーネ姫依頼を最優先。
最近予約の当選率がなかなか高いので、ここでもそのパワーを見せ付けたいところですが、結果はいかに。
コメント
  • yeri(2006/07/28 11:29)
    観戦依頼の経験値のお話。どうやらうちのPCとアレク殿とで王様にクロスボンバーは仕掛けなかったようですが(笑、問い合わせたところ、バクでも不具合でもないそうです。…なにが原因だったのかサッパリ。もしや王と姫に会いに行く人が大半だったけど、会えなかったから失敗判定下されたとか、その程度だったら……ヤですね〜;
  • 旗村はかい(2006/07/29 )
    問い合わせお疲れ様でした。真面目な話、そうなると獲得経験値の算出方法が、私の考えていたものと違うのかも知れません。
    依頼自体は失敗では無いと思いますので、とりあえずは一安心です。

■2006年07月25日(火)  ストロベリーパニック

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】

妖精まるごとストロベリーが一体出た!

と言うわけで、はがわ絵師にお願いしていた、オリエのビューティー全身図が納品されました、ヒーホー!
イメージ通りの素晴らしい出来に大満足です。完成は8月の予定だったのでびっくりですよ。どうもありがとうございました!
このみずみずしい苺ボディで部門賞の高貴なる姫君を狙いにいきます。嘘です。本当はウェポンマスター狙いです。嘘です。

応援宜しくお願い致します。


【江戸復興祭】



へべれけ木登り競争で暁竜が一位でした。
クライミング達人Lv7、飲酒量スキルも所持の暁竜にとって、ここが一番の勝負所でしたが、うまくやってくれたようです。
あとはもう活躍できそうな場所はないので、ゆっくり楽しませて頂こうかと思っています。

■2006年07月24日(月)  動き出す世界の中で

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【カルナックス・レイヴ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【暗雲ルーケイ2〜復興会議レポート】

アレクシアスさんのお誕生日ピンナップとか、劇団モノケロスさんのアニマル漢字アイコンとか、PLサイドでの興味深いOMC企画がたくさんあるのに、どうして私の財布は空っぽなのでしょうか。
とりあえず現時点でのOMCに関する予定は――

・「Beauty of the Earth 2nd in summer」 オリエで発注済み。
・「PCバストアップ」 ロシア新キャラ(結局作ってしまった……!!動かすかどうかは未定)で発注済み。
・「PC掲示板アイコン」 上記バストアップ絵が納品次第、発注予定。
・「竹之屋メンバーでのパーティピンナップ」 8月頭くらい?桐で参加します。
・「OMCオーディション・Athletic of Summer」もしくは「PC暑中見舞いピンナップ」 希望の絵師さんがいらっしゃった場合のみ、ハツ子で発注予定。

のような感じになっています。
お願いしたいイラストは、特にツインピンナップ関係でたくさんあるのですが、どうしても限定商品が先になってしまいます。
この熱い思いをためてためて、次のイベントでどーんと発注かました方が良いのかも知れません。


さて、そんなこんなで深夜にちくちくオーダーメイドコムをチェックしていたら、カルナックスが参加していた「暗雲ルーケイ2〜復興会議レポート」のリプレイが上がりました。

事前に告知されていた通り、復興会議のまとめ的な内容のリプレイで、他シナリオで復興会議に参加していたPC達の多くはこちらの方で描写されたようですね。
カルナックスもお呼ばれしたので出向いたのですが、マリーネ姫絡みではなく、ラント方面への調査プレイングを拾われた様子。
もったいぶって夏の夜に怖そうな話をしようとするグーレングのイメージは、さながら真夏に怪談を語ろうとする稲川淳二と言ったところでしょうか。
自宅に萌えイラストをたくさん飾る稲川淳二。それがラント代官グーレング・ドルゴなのです。

そして結局、レーガー・ラントの話は聞けたのか聞けないのか、どこかのシナリオのオープニングででも出てくるのか。
謎が謎を呼び、そのうち双子を使ったトリックだとか、フロートシップの時刻表の盲点をついたトリックあたりが出てきそうですが、結構大きな話っぽいので頑張ってついていきたいです。
そんなカルナックスの次の予定は、29日に公開が予定されている「寵姫マリーネの宝物」
新シリーズになるはずなので、枠から漏れないよう予約&旗取りは気合を入れて臨みたいですね。

■2006年07月23日(日)  テロリストのパラソル

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【テロリストの黒き旗〜動乱編2】

オリエが参加していた「テロリストの黒き旗〜動乱編2」のリプレイが上がっています。

今回の依頼内容はふたつに分かれていて、ひとつが「ロメル子爵領での情報収集」、もうひとつが「ルーケイ復興会議での情報収集」というものでした。
依頼の性格から考えて、ロメル子爵領の方に人手を多く回す必要があったのと、今回定員一杯まで人が集まらなかったことで、復興会議参加者はオリエを含め3人のみ。
15人揃えば10:5くらいの配分が良いかなーと思っていたのですが、なかなか難しいものです。

オリエはオークションで競り落としたばかりのサンライズドレスを着て、晩餐会に参加していました。
アーメルがキナ臭いという情報が各依頼で小出しにされていましたので、ギーズとの接触を狙ってみました。
普通に顔見知りになれれば御の字だったのですが、予想以上に好感触だったようで、今後アーメル絡みで何かあれば、ちょっとしたコネにはなりそうです。
ただ、情報出しという点ではまだまだですね。この辺はもう少し、ネゴシエイターとしてのテクニックを磨きたいところ。

一方で、自らの足を使って現地調査に向かった方々は、非常に多くの情報や手がかりを持ち帰ることに成功した様子。
ようやく肝心のテロリストの尻尾の先端部分が見えてきた、と言ったところでしょうか。
ウィル全体に影響しそうな情報が次々に出され、次回あたりからぐわっ!と大きな動きを見せそうな気配が濃厚になってきました。

地道に調査&考察を繰り返しつつ黒幕に迫る、という黒き旗依頼の雰囲気は非常に私好みですので、今後ともこのノリで続けて頂けると非常に嬉しいですね。
どうぞ宜しくお願い致します。そして次のシナリオ公開がまた2ヶ月後、とかになりませんように……。

■2006年07月22日(土)  サラスヴァティ スイミングスクール

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【菊池五郎】
■参加シナリオ【七夕ドラマSP】

ハツ子が参加していた菊池MSの「七夕ドラマSP」のVTRが流れています。

ある程度お金も貯まったので、飛行機代を気にせず、女優として参加できる面白そうな依頼があれば、世界中どこであっても即飛び込もうと考えていた矢先に出た、この七夕ドラマSP。
主要登場人物が決まっている連作ショート系のお話でしたので、他に希望者がいれば諦めようと思っていたのですが、有難い事に弁財天役をやらせて頂けることに。
「ジャンルはどんなのでもオッケー」との事でしたが、相談卓の総意でコメディ路線で攻めてみることに。
過去の作品もコメディ風でしたし、私としてもその方向でやりたいなと考えていましたので、プレイングはそれほど悩まずに書き上げることができたと思います。


■プレイング晒し

サラスヴァティ役をやらせて頂きます。
普段はスーツスタイル、水泳指導のシーンでは水着でしょうか。

今回の七夕の件は、誰かが裏で動いているんじゃないかと疑っています。
ただ、それを口にしても探女や彦星を心配させるだけなので、黙っています。
それ以上に、単純に難しいことを考えるのが面倒なだけでもありますが。
とにかく彦星を泳げるようにすれば、全ては解決!とばかりに水泳特訓を開始。
探女をパートナーに泳げそうな場所へと移動し、スパルタで彦星を鍛え始めます。

とは言え、水泳は得意中の得意なので、そもそも泳げない人の気持ちが分かりません。
悠長に指導している時間もないことから、はちゃめちゃな特訓を彦星に押し付けます。

・ダイバー用の鉛のウエイトベルトを、いくつも身体につけて泳がせる。
・身も心も魚になればいい!とばかりに水の中から出さず、食事も泳ぎながら摂らせる。
・「織姫への真の愛があれば、息継ぎなど不要」など意味不明な精神論を持ち出す。

などなど、効果があるのだかないのだか不明な練習方法を次々に。
もっとも楽しんでいるわけではなく、本人は至って真面目な感じで。
織姫の機の運命もかかっている以上、中途半端なことはしない覚悟で臨みます。

全てが終わり、織姫の誤解が解けたら、それとなく天帝にフォローを。
彦星の頑張りを見れば、彼の愛情が本物なのは分かるでしょうと、諭してみます。
他参加者との齟齬があれば、そちらに合わせます。

(599字)


ドラマの内容は、色々あって天の川を泳いで渡らなくてはならなくなった彦星(カナヅチ)を弁財天と探女が特訓して泳げるようにさせる、というもの。
どこがドラマの舞台になるかまでは話し合わなかったので、MSに振ってみたのですが、スポーツジムの屋内プールということで落ち着いたようです。
ハツ子演じる弁財天は、薄紫色を基調としたハイレグビキニを着ていた様子。セクシーレディ賞でも狙おうとしているのでしょうか。

ショートシナリオのドラマ依頼は、文字数の関係で尻切れ蜻蛉な感じになるのを良く見かけるのですが、流石は菊池MS。きっちりとまとめてくれました。
次の予定はまだ決まっていませんが、世界中どこでも飛んでいく用意はできています。
ベストなのは成長傾向が演技の依頼ですが、モデルのお仕事というのも一度くらいは受けてみたいと思っています。
そしてベストオブベストは、フィルゲンさんと海へ遊びに行く系のお話なのは言うまでもありません。

MS予定表の実装を何卒早急にお願い致します。スケジュールが被ったら泣いちゃうので。

■2006年07月21日(金)  ああ今日はお祭り、空も鮮やか。

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■イベント【江戸復興祭】

江戸でリアルタイムイベントの江戸復興祭が始まりました。
江戸のイベントは毎回華やかで、いつも楽しみにしているのですが、今回も催し物が盛りだくさんで期待が膨らみます。
復興祭には桐と暁竜、それから京都からこのイベントの間だけ遊びにやって来たユウンが参加することになります。

復興祭では、PCの誕生日によって所属する組が決まります。
8月生まれの桐は玄武組、同じく8月生まれのユウンも玄武組。笠森お仙ちゃんと一緒です。
4月生まれの暁竜は青龍組になりました。ご一緒される方がいれば、どうぞ宜しくお願い致します。

屋台村は今回は出店せず、見て回るだけになるかなあ、と。
以前行われた時は、阿武隈で立ち呑み屋をやったのですが、桐や暁竜は適当なスキルも持っていないですし、お客さんとして参加しようと思います。
武神祭はNPCがどれくらい強いのかが非常に楽しみです。ペンドラゴン妹あたりが、すっとぼけた装備と作戦を一発かましてくれないかと興味津々。
富選も少額ですが、賭けてみるつもりです。

関連依頼もぼちぼち出始めて、なかなか出足は快調みたいですね。
大型妖魔の方々は少し空気を読んで、イベント終了までは引っ込んでいてくれると嬉しいです。

■2006年07月20日(木)  太陽のKomachi Angel

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】
■イベント【Athletic of Summer】

ビーストナイトの方で、25日からリアルタイムイベントが行われるそうです。

今度のイベントは「Athletic of Summer」ということで、海と夏をテーマにした巨大オールスター番組。
バナーのサブタイトルに芸能人水泳大会と書いてあるので、泳ぎが得意な獣人には絶好のイベントかも知れませんね。……亀とか?
前回のイベントから間を置かずにまたイベントを行ってくれるのは、とても有難いです。今後もこのペースで定期的に行ってくれないものでしょうか。

このイベントに合わせて、OMCオーディションも行われるみたいです。
今回は完全に水着のみのオーディションらしいので、目の保養になってくれることを期待しています。
ハツ子で参加させようかと思っていますが、暑中見舞いピンナップも同時期に受注を開始するので、どちらかひとつということになる……かな。
ビューティ・オブ・ジ・アースはオリエでエントリーしましたので、敷島かハツ子でお願いするのは間違いないのですが……。
この辺は絵師さんの窓開け具合も関係してくるので、本当にタイミング次第ですね。


それからオーディション繋がりで、「WEFドレスアップ賞」の投票受付が開始されました。
毎回、プロダクションで言っているのですが、投票権利のある方は是非投票して、みんなで盛り上げていきましょう!
「このイラストちょっとお気に入りかも」というような動機で構わないと思うのです。
自分が投票した人が合格するのを見るのは、これがまた結構嬉しかったりするんですよね。
以前に比べると格段に投票しやすくなったことですし、ログインついでにちょっとだけでも投票会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

阿修羅の方は一区切りついたので、そろそろビーストナイトモードに移行したいところ。
ここらでイベント絡みの依頼でも出てくれないものかと、目を光らせつつ番組一覧を見ています。


【結果反映】


カルナックスが参加していたGCR観戦依頼の結果反映があったのですが、獲得経験値がどうにもおかしい気がしてなりません。
所持金が5G減っているのは良いのですが、増えた経験値が最悪の判定だった時よりも、尚低いのです。
今回の依頼は「やや易」だったのですが、これが「易しい」で尚且つ依頼失敗だったとしても、もう少しもらえているハズ。
具体的に言えば、×0.8の数値だったのですが、これはもしかしたら大失敗を超える超越失敗なのかも知れません。
アレクシアスさんとユパウルさんあたりが王様にクロスボンバーでも仕掛けたのではないかと、密かに疑っています。
コメント
  • 犬笛(2006/07/24 12:36)
    どうやらシャリーアがチャリオット操縦をミスってリタイアなどという不名誉な結果を出した事が、おそらく観戦依頼失敗の原因のようです。                                              誠に申し訳ありませんでした(礼)
  • 旗村はかい(2006/07/25)
    いや、おそらく違うのではないかと思いますよ。仮にそうだったとしてもお気になさらずに〜。

■2006年07月18日(火)  どれにしようか白魔法

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【カルナックス・レイヴ】

昨日の結果反映でカルナックスのレベルが12になりました。
神聖魔法[白]のスキルはもう少し上げたいですが、超越にまでもっていくのは限りなくインポッシブルなので、そろそろ3つ目の魔法を覚えさせようかと思っています。
どれが良いかな?


【消費BSP6】

・ホーリー:数少ない白のダメージ魔法です。コアギュレイトが効かなそうな強敵相手への牽制技として使えそうです。でもそういう場合は矢面に立つ必要はないかも。善人悪人の判定にも?
・レジストデビル:対デビル、アンデッド用防御魔法です。高レベルの悪霊と戦う時は有効そうですが、いかんせんカルがそういう依頼に入ることは少ないと思われます。
・グットラック:祝福の魔法です。達人レベルだと5対象に1時間効果を与えられるのがすごいです。TRPGならメイン魔法になりそうですが、WTだとフレーバー程度かなあ。
・デティクトアンデッド:不死者探査の魔法。ゴーレムも探知できるそうですが、ここで言うゴーレムってコンストラクトモンスターとしてのものだけなのでしょうか。

【消費BSP8】

リカバー:修得済です。ドーピングしまくりでも構わないので超越レベル(死者蘇生)で使えるようになれば、何も怖いものはなくなるのに……ッ!
コアギュレイト:修得済です。この魔法一つでのし上ってきました。依頼でも闘技場でも使える、白で最も使い勝手の良い魔法だと思います。
・デッドコマンド:死者と会話ができます。有力NPCが暗殺された時なんかに効果を発揮するかも知れません。犯人はお前だ!
・ピュアリファイ:アンデッド戦では強力無比な攻撃魔法です。食料や水を浄化する、という本来の使い方はあまり見たことがありません。
アンチドート:毒消しいらず。高い解毒剤を消費する必要がなくなる、ということと、政治系シナリオでは毒の使用が十分考えられることから、現在の修得候補ナンバーワン魔法です。
・ホーリーライト:光球作成魔法です。ビーストナイトでオルトロスが同じような技を覚えてますが遺跡探索なんかで割と重宝してます。いかんせん地味ですが。
・アンチセプシス:腐敗防止魔法です。誰かが使ったところを見たことがありません。レアっぽいので覚えてみたいですが、一体どんな時に使えば良いのか……。

【消費BSP10】

・ニュートラルマジック:いてつくはどうです。敵対勢力に魔法使いがいる場合はなかなか力になってくれるかも知れません。
・リムーヴカース:呪い除去の魔法です。なんてピンポイントな魔法だ!そういう場面があった時にこれが使えれば一躍ヒーローですが、カース使いも少なそうです。
・クリエイトハンド:ごはんを作る魔法です。リストラされた時のために覚えておくのも悪くないと思っています。借金地獄で保存食が買えなくてもオッケーさ。
・ギブライフ:リカバーと違い、離れたところから対象を回復できるのが魅力です。ぼろぼろにされ敵の前に転がされた仲間を一瞬で回復→華麗な逆転劇、とかのシチュエーションに燃えます。
・ギブメンタル:魔力を与えちゃいます。これもTRPGなら有効活用する場面は多々ありそうなのですが、WTだとそこまで厳密な処理はしていない気が。
ホーリーフィールド:バリアです。戦闘が考えられるシナリオでは、どこででも使えそうな万能型防御魔法だと思います。これも候補の一つですね。

【消費BSP12】

メンタルリカバー:精神回復魔法です。マリーネ姫のシナリオに今後も参加するなら、使用機会は絶対に出てくるだろうと思います。候補の一つ。
・レジストマジック:シェルです。完全に防御してくれるのは有難いのですが、自分も魔法が使えなくなってしまうのは痛いですね。

【消費BSP16】

・クローニング:再生魔法です。強力なのは十分承知しておりますが、使う機会はそれほどないんじゃないかなあと思っています。



青字の魔法が修得済み魔法、赤字の魔法が次に覚えようと考えている魔法です。
ただ自分が覚えようとしている魔法は、大抵他のクレリックの方々も覚えている魔法なんですよね。
大体皆さん、同じような結論に達するみたいです。なので使い道はなくても、使い手の少ない魔法を覚えるのも面白いかも知れません。
「これが良いよ!」というようなアイデアがあれば教えて頂けると嬉しいです。




【追記】(結果反映)


オリエ 「テロリストの黒き旗〜動乱編2」 経験:+242 名声:+242 報酬:+4G56C
コメント
  • 犬笛(2006/07/19 12:15)
    達人ホーリーフィールドは防御40とゆーべらぼーな強固さだとか。                                                                ニュートラルマジックはデビル魔法とかも解除とかできるから便利です。                                                                                              神聖魔法達人まで到達されてるなら、クローニングは胴や首も繋げられたりするのでリカバーと合わせるとかなり凄い事に。                                                                                    達人のレジストマジックは他人にかけられるようにもなるそうで、魔法使いとの対決に使用すればどんな強敵魔法使いもほぼ雑魚化する凶悪さ。
  • 犬笛(2006/07/19 12:19)
    結論・『魔法達人ってどれも素敵ですね☆ぶっちゃけほぼどれをお選びになっても活躍は可能ですよ』と。                                                              無理にすぐ決めずとも良いと思いますよー。                                                                                                                 あるいは、自分がどう活躍したいかのイメージ通りに選ぶとか(ぇ)
  • 犬笛(2006/07/19 12:31)
    あ、すいません。じゃなくて、(≧▽≦)ご(≧▽≦)め(≧▽≦)ん(≧▽≦)ね(≧▽≦)!!…ひとつ大間違いしてました。                                                                                                                                            達人ホーリーフィールドは防御40じゃなくて、防御24でした…、数値がザルすぎだったです…。まぁ、強固なのは変わりないですけれども…
  • 犬笛(2006/07/19 12:52)
    あと、達人アンチドートは確かにその場の全員を解毒できますが、解毒する毒の種類を先に見抜く必要もありますので、別途で一般技能の各種知識も必要かとー。毒魔法とかかけられた際には有効かもですが、それだとニュートラルマジックでもある程度代用可では?とか考えたり。                                                                                                    メンタルリカバーはあれば確かにデスが阻止できますから面白くもあると思いますよー。                                                                                                   ……、長々と文を連ねちゃって、(≧▽≦)ご(≧▽≦)め(≧▽≦)ん(≧▽≦)ね(≧▽≦)!!(しつこい)
  • 旗村はかい(2006/07/21)
    犬笛さんいらっしゃいませー。どれにするかはしばらく悩むことになりそうです。
    もしかしたら魔法のスキルを上げることになるかもしれません。ともあれご意見ありがとうございました!

■2006年07月17日(月)  美の祭典
■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】

「Beauty of the Earth 2nd in summer」が行われるそうです。

二度目のビューティ・オブ・ジ・アースですが、今回はインサマーと言うことで、夏の装いをテーマにして、この夏一番の夏男、夏女を決めるとのこと。
その割には部門賞がウエポンマスターだったり、魔道の王だったりと前回とほぼ同じで、夏とは関係がない賞ばかり
ジ・アースの名を冠しているのに、アトランティスのPCでも参加できたりとどこかちぐはぐな印象は否めません。

特に「in summer」にする必要は無かったのではないでしょうか。
もし夏がテーマだということをウリにするのであれば、パラレルワールド扱いにして、ジ・アースPCでも現代的な水着ありに。
部門賞は浴衣美人や、日焼け大賞みたいな、夏を感じさせるものに統一すべきだったのでは?とついつい余計なことまで考えてしまいます。
このもやもやしたものを吹き飛ばすような、サンタクロースとかの格好で参加してくださる人がいれば、迷わず投票するのですが(どんな反抗期だよ)

ともあれこの手の企画は阿修羅では久々なので、是非参加させてもらおうかと思っています(さんざん文句言っておいて!)
前回のコンテストでは阿武隈とアルアルアを普段着のまま参加させたので、今回はお洒落をさせるか、それともネタで攻めてみるかしようかな、と。
参加キャラクタはまだ決めていませんが、おそらくオリエでしょうか。

今の内に発注文章を考えておきます。



【追記】(結果反映)


メリーアン 「第4回GCR C【レッドスフィンクス】」 経験:+126 名声:+63 報酬:???(チェック忘れ。2Gちょっとだと思います)


カルナックス 「暗雲ルーケイ2〜復興会議レポート」 経験:+138 名声:+138 報酬:+23G27C

■2006年07月16日(日)  夏の元気なごあいさつ

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】

メモ代わりに7月の各キャラクタの予定をまとめてみます。

●阿武隈:引き続き武闘大会(無差別級)でコツコツと稼いでいきます。経験値よりもお金が目当てです。お金の流れは阿武隈→カルナックス→リセットさん。
●アルアルア:ロシアへ行く予定でしたが、月道がキャメロットから繋がっているものと思いこんでいて、15日に「なんでジャパンしか行けないんだよ!」と騒いでおりました。ぎゃふん!
●ユウン:江戸復興祭の見物に、京都から江戸に向かって移動中です。
●桐:「【金山迷動】上野に暮らせば 〜文月」へ参加予定。
●暁竜:【金山迷動】 悪鬼は骨に集れり 驕」に参加。空いている期間は武闘大会に参加予定。
●カルナックス:「暗雲ルーケイ2〜復興会議レポート」「第4回GCR みんな観戦しようよ☆ O」→マリーネ姫の新シリーズ待ち、と言ったところでしょうか。
●メリーアン:「第4回GCR C【レッドスフィンクス】」参加中。そろそろどこかの陣営に所属させるのも悪くないかも?とか考えています。
●オリエ:「テロリストの黒き旗〜動乱編2」「討伐に行こう〜エーロン王子の気晴しE別動」→その他色々。

相変わらずメインはカルナックスとオリエのふたり。桐と暁竜はほぼ月イチペースでしょうか。
ビーストナイトと合わせて、依頼に参加するのは週に3本が限界ですね。
なのに、たまーにこうしてがっつり被ってしまう時期がきて、プレイング締切前にあわあわしてしまうことになるのです。

ロシアが遂に実装されましたので、そちらの様子も見たいところ。
定期的に依頼に入ることができる雰囲気を感じた場合、新キャラクタを作ってしまうかも知れません。
そしてまた自分で自分の首を絞めるのですよ。

夏は1年の中で最もパワーの出る時期ですので、がっつりいくつもりです。
やや開放的かつ暑苦しい性格になるので、皆様方はちょっと注意した方が良いかもNE!

■2006年07月12日(水)  笹の葉さらさら

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【鷹見沢桐】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【竹之屋敏腕繁盛記♪ 水無月の献立】

桐が参加していた、コミアキMSの「竹之屋敏腕繁盛記♪ 水無月の献立」の報告書が上がっています。
竹之屋シナリオでは保存食が減らないので、もう1年くらい同じ保存食をバックパックに詰めている桐ですが、賞味期限は大丈夫なのでしょうか。

さてシナリオタイトルでは水無月とありますが、実際の依頼期間は7月の6日〜10日だった今回の依頼。
ちょうど七夕と重なるということで、桐は竹の用意をさせて頂きました。
竹之屋だけにここは外せません。月さんが短冊を用意してくださったので、かなりそれっぽくなりました。
やっぱりこういうお店は季節感を出さなければいけません。
ちなみに今回のメニューは天の川を思わせる特製そうめんで、びしっと一本、筋の通った七夕イベントになったと思います。
基本的に竹之屋シリーズの相談卓は終始和やかに話が進むのですが、決してグダグダにはならずに、こうして最終的にきっちり足並みが揃うのが実に気持ちが良いです。

そして遂に店長が金山に新店舗を持つことを決意されました。
勿論、相談の段階で分かっていたのですが、いざリプレイで読んでみるとぐっとくるものがありますね。
桐もお邪魔虫として一緒についていくことを約束しました。
シリーズ最終話である特別編があと1回あって、そこからまた仕切り直しみたいですので、次のシリーズでも是非お世話になろうと考えています。

桐も書道以外にも、もう一つくらい得意なことが増えれば良いなあ。
書道が達人レベルにまで上がったら、今度は茶道でも伸ばしてみるかも知れません。

■2006年07月10日(月)  徒然なるままにウィル暮らし

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】


オリエちゃん日記


■6月×日

ねこのえさがちょうど切れていたので、またたびをあげたら何故か急激にでかくなった。獣医はどこだ。
色も何故か黄色くて、暗黒ペガサスの黒死拳を食らったような斑点まであるので、とても心配だ。獣医はどこだ。
隣の家のクレリックが治してくれないものかと見せに行ったら「解毒魔法は使えない」とのこと。使えない奴め。獣医はどこだ。

■6月●日

サー・ブルクエルツをスカウトしに行く。
ダミーバガンと共に、撃破すべきターゲットとして彼をコース上に設置してみたらどうかと、後で提案してみようと思う。

■7月×日

ゴーレムを使ったサッカー大会が行われるらしい。
なかなか面白そうなので、スケジュールに問題が無ければ参加したい。
今日から毎日、寝る前にリフティングの練習をしよう。

■7月▲日

ゲリーとエブリーが魔法を覚えたらしい。知り合いの地球人がみんな魔法を覚えていくのは、どこか取り残された気分だ。
私も何か魔法を使えるようになれば良いのに。ゴーレムに乗りながら、フォーノリッヂを高速詠唱で使えるようになれば、ニュータイプになれるだろうか。
雑魚っぽいモンスターを狩り続けてたら、そのうちイオナズン級の攻撃魔法が使えるようになれば良いのに。

■7月△日

植木鉢に人参を突っ込んで、毎日水をやっていたら芽が出てきた。
毎日、水やりだけは忘れないようにしている。でも人参はあまり好きじゃない。
チーズかまぼこが生えてくれば良いなあ。

■7月○日

昨日、依頼参加の申し込み手続きをしておいたのだが、ギルド側の書類に不備があったらしく、再度手続きをすることに。
運動不足だし、ギルドまで軽くランニングしながら向かってみる。
そんなわけでレースと日程が被ってしまったわけだが、今回はゲリーとエブリーの出した依頼に参加する。




【追記】

チャリオットレースは運転できる人がふたり以上参加した段階で、メリーアンのレッドスフィンクス投入を考えています。
同タイミングでテロリスト依頼出発なので、プレイング書きが厳しいかな……

と思っていたら、「暗雲ルーケイ2〜復興会議レポート」が出てしまいました。カルナックスで予約。
招賢令の艶っぽいオープニングを見たときから、遠からずこういう状況になるとは思っていましたが、なんというか「動き出した」という感じですね。
あの頃は、ジーザム蜂起後にマリーネをいかにして守るか、ということばかりを考えていましたが、外ばかり見てもいられないようです。

3PCかぶりは結構きついので、ビーストナイトはちょっとだけお休みします。

■2006年07月08日(土)  黄金色の欲望と

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】
■担当マスター【龍河流】
■参加シナリオ【美術館での秘密任務】

敷島が参加していた、龍河MSの「美術館での秘密任務」のVTRが流れています。

前回の誘拐シナリオからの流れでありつつも、リアルタイムイベントに即したカイロ美術館への潜入依頼でした。
このシナリオがリリースされた時は、中東では珍しく同時期に3つもの依頼が出るという異常事態(?)で、どの依頼に入ろうか迷う、という贅沢な悩みをさせて頂きました。
結局、一応の続き物ということで、こちらのシナリオにお邪魔させてもらうことに。
毎度のことながら、敷島のプレイングはハツ子の半分くらいの時間で書き上げることができました。


■プレイング晒し

エジプト考古学博物館に潜入。

カイロ美術館と言えば、面白アイテム満載の場所。
コレクターにとってみたら垂涎のオーパーツ、グライダーやそのレプリカ
持って帰りたいくらいのツタンカーメン金ぴかグッズなど、心揺さぶる展示品がいっぱい。
お宝グッズに近付くことができることに加えて、報酬がもらえるなんて、なんて良い仕事だと思っている。
まさにシンデレラ様様。おでこにチューしてやりたいくらい。

自分は大学の研究グループの一員として、美術館に入り込む。
もっぱら、美術館のスタッフを足止めする役を担い、他の面々が動きやすいようにサポート。
癖のある研究員として、展示してある品の値段を片っ端から聞いて回る。
嫌がられてもおかまいなしの顔で、「少しまけてくれないか?」「良かったら譲ってくれ」
などと言った、スタッフを困らせるような事ばかり言い続け、周囲の目を引き付ける。
実はかなり本気だったりするので、目をギラギラさせながらマジ交渉。

シンデレラの要望である、謎の文字列の解読は時間的余裕があれば、片手間で。
直接金が絡まないのでやる気半減だが、もしかしたら秘密遺跡のお宝に迫れるかも知れない。
恩を売るためにも、全くの知らん振りは出来ないと、ちょっとだけ手伝うことに。
依頼人の正体調査に関しては、他の仲間に任せ、自分は手出し口出ししない。
万が一やばいことになったら、それがまた稼げる仕事に繋がるんじゃないかと、悪い事を考えている。

(598字)


まずはシンデレラが「お兄ちゃん、デコちゅ〜して!」と迫ってきたので、軽く接吻をかますところから物語は始まります(一部ウソです)

近所に中近東文化センターなる面白建物があった旗村少年は、ピラミッドとかツタンカーメンとかアヌビスとか、その手のものが昔から大好きで仕方ありません。
そりゃあ、黄金の爪をいつまでも装備し続けては「なんかやたらと敵が出るようになったなあ」と首を傾げながらもバラモスを倒してしまいますよ!(洞窟が超辛かった)
そんな私の思いと、敷島の欲望パゥアがほどよく融合して、今回のプレイングになっちゃいました。

相変わらずと言えば相変わらずな敷島でしたが、期待を上回るスピードで妙な方向へとキャラが立ちつつあるので面白い面白い。
私自身も掴みきれていなかった、敷島の一面を今回も見ることができ、大変楽しませて頂きました。

中東はまたしばらく依頼日照りが続くのでしょうか。
先日のイベントの告知通りならロシアのSDも務める龍河SDですが、ビーストナイトの方でもなんとか依頼を出し続けて頂けると嬉しいですね。
ご多忙続きでしょうが、どうぞ宜しくお願い致します。

■2006年07月07日(金)  リングの魂
■ゲーム【逢魔ヶ人 −三倉学園百物語−】
■使用キャラクター【川浜田家康】
■担当マスター【福山東次郎】
■参加シナリオ【萌えよ妖怪!】

マシントラブルがあったらしく、少し公開が遅れていた、福山マスターの妖怪シナリオのリアクションが上がっています。
今回のPC数は27名でした。

イエヤスは妖怪プロレスに参戦。謎のマスクマン、カッパーマンとして華麗なるリングデビュー。
アクションを送信後に、「水のともだちカッパーマン」という徳弘正也のマンガがあったのを思い出しましたが、後の祭りです。
そんな悔しさやなにやらを詰め込んでカッパちょっぷです。

プロレスシーンがあれほど濃厚なら、もっとたくさん技を考えておけば良かった……ッ!!

しかしカッパちょっぷを繰り出している間に、気が付けば次が最終回。
なんとか萌えに関して自分なりの結論を出せれば良いのですが、結構難しいよなあ。
万葉ちゃん方面の行動もしておきたいですし、悩むところです。
カッパちょっぷと乙女ちょっぷのパワーが融合したら、萌えエネルギーに変換されたりしないものでしょうか。

次回の締切日まで1ヶ月あるので、ゆっくり考えてみようと思います。
「黒の遊戯」の方は残念ながら運営中止になってしまったようですが、萌えよ妖怪はその分全力投球で大団円を迎えたいですね。
コメント
  • 毘沙門梓(2006/07/09 08:13)
    はじめまして。お相手務めた毘沙門梓のPLです。チュパカブラのお相手した大文字荒馬のPLだったりもしますが(笑)
  • 旗村はかい(2006/07/10 )
    毘沙門梓PLさんいらっしゃいませー。す……すごい偶然ですね。うちの魔物2匹と遭遇してるなんて、意外と世界は狭いのでしょうか。
    最終回でもどうぞ宜しくお願い致します!

■2006年07月06日(木)  おいしいコーヒーのいれ方

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【鷹見沢桐】

桐が参加させてもらっていた、遠足に行こうピンナップが出来上がったみたいです。

シーンは草間興信出張所「コーヒーカフェ」でドリンクタイム。
いつも接客に回っている竹之屋の面々が、お客としてお茶を飲みに来ている場面ですね。
しかし桐はどうして、店長と八雲ちゃんの間の席に割り込んでいるのでしょうか。
こういう気が利かないところは、別に私に似なくても良いのに……。

ともあれ、仏頂面がデフォルトだと思っていた桐の笑顔も見ることができましたし、雰囲気のある素敵なイラストで嬉しい限り。
宣教師ゴンドルフ絵師に感謝を。こういう柔らかい感じのイラストは大好きなのですよ。

京都では戦ってばかりだった桐ですが、江戸へ来てから少しずつ変わってきたように思えます。
竹之屋のメンバーでまたパーティーピンナップを作る計画が出ていますが、そちらではどういった表情を見せるのか、今からとても楽しみです。
もちろん桐も参加させてもらいますので、どうぞ宜しくお願い致します。

■2006年07月05日(水)  第一部終了

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【カルナックス・レイヴ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【寵姫マリーネの宝物6〜王都編2】

エレベーターとエスカレーター。どっちがどっちだったか、短い時間ですが毎回迷います。
同じように、フオロとトルク。これがすぐにどっちの分国の事だか出てこないのは、私だけでしょうか。
エーガンやジーザムと言われれば瞬間的に理解できるのですが、「トルクが〜」などという表記を見るたびに、「あれれー?」と毎回悩んでしまいます。
この間はひとつのリプレイを読み切る間に2回も迷ってしまいました。頭悪過ぎです。

そんな私である以上、悪代官4人衆などと言われても、もう誰が誰であるか個体識別せよ!と言われたところで「無理」とお答えする他なく。
カルが参加していた「寵姫マリーネの宝物6〜王都編2」の報告書が上がっていますが、いつも通りワンパターン気味に姫のところに行っているのは、その辺が理由なのかも知れません。
当然のことながら、クイースやアーメルがルーケイのどっち方面にあるのかもまるで把握しておりません。
と言うよりも、東京周辺の地理も今ひとつ把握しておりませんが。

しかし今はこれがまだ4人衆で済んでいるので、実際に彼らに関わらなくてはならなくなった時は調べればなんとかなりそうですが、日毎にNPCが増えていくアトランティスのこと。

「われらこそ、イムンの七英雄!」
「なにを、こちらはセレの十二将軍だ!!」
「うおー!!、ササムの十六闘将集結じゃい!!!」

挙句の果てには

「あ……あれは、リグの108星!!!!」

みたいなことになったらどうしようかと、今からビクビクしております。
108人は全てNPC登録されていて、専用のバストアップイラスト付。
スキルやCOに至るまで、ひとりひとりキチンと設定されている他、過去設定や人物相関図まで用意されているという、まさに「そこまでやられたら、もう何も言えません」状態。

そんな混沌とした状況になったら、それはそれで斬新な面白さが期待できるので、参加し続けますが。
そしてここまで書いて、今回まったく依頼の感想になっていないことに気付きましたがまあいいや。
コメント
  • 田吾作@白旗(2006/07/07 02:48)
    うひゃ〜仲間だ〜。フォロが今のウィル王家で、でもトルクだって分国王家なわけで…えーとフォロの王様はハゲてるんですよね。あれ、ハゲてるのはどっかの代官?えーとえーと…わ、分かってるねんで?
  • 旗村はかい(2006/07/08 )
    同士よ!

■2006年07月04日(火)  あの空の向こうに

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】

九条のん絵師にお願いしてあった、オリエのウェストアップイラストが納品されました。

レッドスフィンクスのキャップにスタジャン、ジーンズというラフな格好ですが、やっぱりオリエは何を着せてもサマになりますね。格好良いぜ!(親バカ発言)
完全に背面からの構図にして、顔を出さないイラストというのも考えたのですが、そういうのはもう少し基本イラストが増えてからだな、と思い直し、こんな感じに。
背後から声をかけられ「……なに?」と振り返っているシーンです。

そして、その次の瞬間。

こちらはおまけイラストになります。
場面としては声をかけた相手が、オリエの良く知る人物だったので「ああ、あなたか」と口元を緩めているところ、になるのでしょうか。
上のイラストに比べて、幾分優しい感じの表情ですね。膝あたりまで描かれた、どちらかというと全身図に近い、見返り美人イラストなおまけでした。
大・満・足!!

背景は全く指定しなかったのですが、夏を思わせる青空がとても良く映えて、思わず走り出したくなるような、そんな気分にさせられる一枚になりました。
九条絵師、本当にありがとうございました。心の中で思い描いていた以上のイラストです。


次はマホウショウジョな何かを頼んでみようかと企んでいますが、まだ未定。
コメント
  • デビちま@TOTO大佐(2006/07/06 23:34)
    ウェスト完成おめでとうございます〜〜。オマケイラストはぽんでに期待しましたが、雰囲気がぶち壊しになるので、これで良しですな(ぇ
  • 旗村はかい(2006/07/07 )
    わー。ありがとうございます。
    ポンデライオンのようなイラストはイロイロと問題あるのでは……と考え自粛したんですよね(実際どうなんだろう……?)
    デザインは完全にお任せしたのですが、素敵な感じに仕上げて頂いて感謝しています。

■2006年07月03日(月)  自己紹介バトン【回答編】
■バトン【自己紹介バトン】

剣林弾雨から回ってきた自己紹介バトンに答えます。
直接ゲームに関係のない話題なので、表の方で答えようとも思ったのですが、あっちはほとんど知り合いしか読んでいないので、今更自己紹介しても仕方ありませんし……。
とりあえず軽く答えてみます。


1.回す人5人を最初に書いておく
回しません。

2.お名前は?
旗村(はたむら)はかい

3.おいくつですか?
老化が進んでいます

4.ご職業は?
ゆうしゃ(レベル3)

5.ご趣味は?
多趣味です。競艇、エロゲ、野菜作り、山歩き、電気街歩きなどが特に大好物。
読書、映画、音楽、ゲーム、スポーツ、旅行なんかは人並みに一通り。
WT(PBM)の優先順位は7番目か8番目くらいでしょうか。はまりやすく飽きにくい性格なので、そろそろいっぱいいっぱいになってきました。

6.好きな異性のタイプは?
世界に危機が訪れた時に、背中を預けて共に戦える女性。
嫌な事や辛い事を愚痴として吐かずに、ネタとして面白く変換できる人は男女問わず尊敬します。

7.特技は?
顔色を変えずに嘘が吐けます。死にそうな時でも笑顔が作れます。

8.資格、何か持ってますか?
車の免許、販売士、水上安全法救助員……くらいでしょうか。
あとは履歴書に書くのもおこがましいような、級の低い語学関連の資格くらいです。

9.悩みが何かありますか?
毎日楽しいです。

10.好きな食べ物と嫌いな食べ物は?
好き:カップラーメン
嫌い:特にありません

11.貴方が愛する人へ一言
夏は花火を見に行きましょう。

12.回す人5人を指名&その人の他者紹介を簡単に
回しません。
欲しい方がいればバトンの方はご自由にお持ち下さい。

| | | | |

■2006年07月02日(日)  かぼちゃの馬車にはパスポートが必要

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】
■担当マスター【龍河流】
■参加シナリオ【【城塞都市】誘拐】

敷島が参加していた、龍河MSの「【城塞都市】誘拐」のリプレイが上がっています。

今回の依頼内容は、兄貴ふたりに誘拐(?)されたシンデレラを取り返す、というもの。
とは言え、こちらから追いかけていくのではなく、シンデレラのパスポートを奪いにやってくるふたりを捕縛し、シンデレラの居場所を吐かせるのが狙い。
戦闘系のシナリオではあるものの、ナイトウォーカーが相手ではないので、人の生死がかかるようなシリアスなものではありません。
オープニングの文章を読んだ感じでは、どことなくトムとジェリーのようなコメディ風の印象を受けました。

芸能関係以外の戦闘シナリオというと、どことなくピリピリした雰囲気のものが多いのですが、こういったアクション系の話も面白いですよね。
格闘方面に特化したキャラクターでなくても、気軽に参加できるような戦闘・アクションシナリオ、というのも、もっとあって良いんじゃないかなあと思っています。


■プレイング晒し

誘拐犯ふたりをとっつかまえる。

鬼ごっこで金が貰えるのなら、こんな有難い話はない。
早速、今回のターゲットであるシンデレラ兄の顔を写真で確認。
兎と馬なら、獅子にとっては良い御馳走になるだろう。
シンデレラの身の確保や、遺跡の資料にはさほど興味がないので他人任せ。
自分はあくまで金が絡む、誘拐犯を捕まえるという一点に集中する。

現地スタッフが協力してくれるなら、問答無用でコキ使う。
タダで使える労働力を遊ばせておくような、勿体ないことはしない。
ただ、難しい役割を与えても、実戦経験が無いのだから、上手く機能しないだろう。
「ひたすら追いかけて疲れさせる」「道を塞ぐ」「多数で一人を取り囲む」
このレベルのサポート役として動いてもらえれば、大助かりだと考えている。

自分は半獣化し、殴る気まんまんの両手ナックル装備で真っ向から出迎える。
「二兎を追うものは一兎をも得ず」とは良くいったもの。
相手もこちらが多数で待ち構えているのは、ある程度予想しているハズ。
スピードとコンビネーションでかき回してくると思うので、兄ふたりの分断を狙ってみる。
ピノキオかネロ、どちらか一人に狙いを絞り迎撃を。
スタッフ連中を誘導し壁役として使うことで、相手の足を封じつつ、ストレート一本勝負。
何発避けられても、金剛力増で膨れ上がった右腕パンチが入るまで拳を振るう。

この一連の行為を繰り返せば、楽に金が稼げるんじゃないかと良からぬ事を考えている


(599字)


相変わらず、龍河シナリオでの敷島は「困った大人」なので、読んでいてものすごく面白いです。
ほとんど役には立っていませんでしたが、無事、ピノキオとネロの捕縛に成功し、次へ繋げる事ができました。
実はちょっとまだ、この「城塞都市」関連のシナリオには目を通していない部分も多く、シンデレラをはじめとするNPCや、関連事項を把握していない部分があったりします。
まだまだ中東で活動していくつもりですし、関連依頼にも参加するつもりですので、時間を作って過去のVTRに目を通してみようと思っていたりも。

敷島の次回予定は同じく龍河SDの「美術館での秘密任務」
久条MSの復帰はもう少し先になってしまうのでしょうか。
ハツ子とは違い、敷島は余程のことがない限り、しばらく中東固定を考えています。

■2006年07月01日(土)  旅をしない音楽家は不幸だ

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【永劫回帰交響曲 第4番】

ハツ子が参加していた、風華MSの「永劫回帰交響曲 第4番」のVTRが流れています。

あっという間の最終回でしたが、最後もどうにか無事潜り込む事ができました。
今回は2006年が舞台、ということで、今までよりもモーツァルト関係の資料を調べる手間が少なくて楽だったなあ……などと思ってしまったダメなプレイヤーでまずはスミマセン。
その分、制限が少なくイメージを色々と膨らませることができたので、プレイングを考えるのがとても楽しい最終回でした。

ラストも今まで同様、コンスタンツェ役をやらせて頂きました。
今までコンスタンツェ、というとどうしても、映画「アマデウス」のエリザベス・ベリッジのイメージが頭の中にあったのですが、それが回を追うごとに薄れてきた気がします。
今ではコンスタンツェと言えば、ハツ子のバストアップイラストがぴこーんと浮かんでしまうまでになってしまいました。
まあ、それもどうかと思うのですが。


■プレイング晒し

コンスタンツェ・ヴェーバー役として参加します。

外見年齢30代前半くらいのコンスタンツェを考えています。
ごく普通のシャツにジーンズ、というありふれた格好で現代世界に馴染んでいます。

公演を控えた主人公が、悶々とした気持ちを抱きながらも、やってくるいつものカフェ。
何か思案している始の後ろには、背中合わせに椅子に座っている一人の女性(コンスタンツェ)
雑誌をぺらぺらとめくっているコンスタンツェですが、突然怒ったように立ち上がり、雑誌をビリビリと。
生誕記念イベントに沸くウィーンに相応しく、音楽雑誌と思しきその本でも取り上げられているモーツァルト。
しかし欄外コラムに書かれている「モーツァルトを取り巻く人達」には、悪妻という語で彩られたコンスタンツェのことが。
憤慨したように、ぽいっと雑誌を投げ捨てて、出て行こうとするコンスタンツェ。
めくれた雑誌の隅の小さな記事には、発表会やそれに参加する人達の事が書かれている……という感じでしょうか。

視聴者に「あれ?今のコンスタンツェ?それならサリエリやモーツァルトは?」と思ってもらえれば上出来。
観るものを引き込む導入部を、と考えています。

全てが終わったら、モーツァルト、サリエリと共に過去へと消えてゆく流れで。
その際、衣装は現代風のものから中世風のものへと変わっています。
今回はコンスタンツェが露出し過ぎると主題がブレそうなので、要所のみの出演で構いません。

(596字)


今までも十分以上に良いお話だったこの永劫回帰交響曲ですが、ラストはそれに輪をかけて素晴らしかったと思います。
正直、モーツァルトという題材で独自の物語を作ると聞いた時には、下手をするとそうとう陳腐なものになってしまうか、MS主導の自由が利かない話になるかと思っていました。
全くの杞憂でした。風華MS的にはもうちょっと違う内容を考えていたのかも知れませんが、私個人としてはWTとしても楽しく、物語としても十分に納得のいく作品になったと満足しています。

この一連のシナリオに関われたことは、ハツ子の女優としての経験にもなりましたし、役者キャラクタを使うプレイヤーとしての私の自信にも繋がりました。
ひとまず追いかけるシナリオ、というものがなくなりましたので、これからは拘束期間を気にせずに、世界中を飛び回って面白そうな依頼に入ってみるつもりです。
当面の目標は、芸能レベルを5、有名レベルにまでもっていくこと、と考えています。

ドラマや映画関係の依頼メインで飛び込んでいきますので、依頼でご一緒した場合はどうぞ宜しくお願い致します。

過去ログ 2005年09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年04月 
2015年01月