ネコハコセーブポイント【極】

■2006年09月30日(土)  お久しぶりです

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【アルアルア・マイセン】
■担当マスター【小倉純一】
■参加シナリオ【彼女の目的】

アルアルアが参加していた、小倉MSの「彼女の目的」の報告書が上がっています。
今年の1月頭に参加した競馬シリーズ最終回以来となる、アルアルアでのシナリオ参加。
イベントついでにギルドの様子を見ていたら、ちょうど参加枠が空いていたので飛び込ませて頂きました。

依頼内容は、冒険者になりたいという女の子ユニちゃんに、魔法に関する話をしてあげるというもの。
アルアルアは格闘も射撃もからっきしですが、オーラだけは専門8レベルあるというヘンテコなスキル構成の騎士ですので、割とうってつけだと思ったのですよ、この依頼。
内容からして魔法使いの方が多く集まりそうな気もしましたので、そうした方々との差別化も図れるだろうと、今までの参加リプレイを読み直しながら、話す冒険憚を考えてみたり。

結局デビルと戦った時の話を分かりやすく語ったつもりだったのですが、どことなく男の子向けの内容だったかなあ……。
ユニちゃんにオーラパワーをかけてあげたりと、自分では工夫を凝らしたつもりだったのですが、もうちょい捻れば良かったかも知れません。
ただ、ユニちゃんには喜んでもらえたようですし、下手に凝らなくて正解だったのかも。
この辺の「どこまで突っ込んだら良いのか」というラインの見極めは、未だに悩むポイントのひとつです。

皆でたくさんの話をすることができ、のんびりと楽しむことができたシナリオでした。
また機会があれば、ユニちゃんと遊んでみたいと思っています。


■イベント【Evil Shadow】

作戦卓は流し読みする程度で、専ら個人行動させてもらっていた今回のイベント。
そんなアルアルアの戦功は――

25日(ラーンス・ロット軍):33位(190点)
26日(モンスター殲滅隊):31位(255点)

と、毎度の事ながら地味に戦っていたようです。
遠目からオーラ矢でちくちくと削っていたので、負傷もせず活躍もせず、かと言って足を引っ張りもせず、優等生的に頑張っていたのでしょう。
ちなみに今回の参加賞は「王冠のメダル」でした。

●王冠のメダル
タイプ:その他
EP:0
解説:
「Evil Shadow」に参加した冒険者におくられた小さなメダル。表面に描かれた王冠に、アンデッドとの決戦の日付である神聖暦1001年9月26日が刻まれている。

■2006年09月29日(金)  音楽から生まれたほんの小さな絆を信じて――

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【香月ショウコ 】
■参加シナリオ【楽士たちの歌・第3楽章】

ハツ子が参加していた、香月MSの「楽士たちの歌・第3楽章」のVTRが流れています。

ひとつ飛ばしになりましたが、ハツ子は第1回と同じく音楽教師ロザリンド役で参加させて頂きました。
全4回の内の第3回、起承転結の「転」にあたる部分ですので、ここでドーンとハプニングでもあった方が面白いんじゃないかと考えたのですが、なかなか良案は浮かばず四苦八苦。
ロザリンドに関してはオープニングで行動予定がほぼ作られているので、単体で動く分にはそれほど難しくはなかったのですが、脇役が単独行動をしても何の意味もありません。
他の方の演出を彩る一要因になれれば、と頭を捻ってみたのですが、ちょっと相談卓でも空回ってしまった気が。

ドラマ演劇依頼は、一端嵌ってしまうとなかなか抜け出せない部分がありますよね。
私以外の参加者も軒並み苦しんでいたようですので、今回は全体的に難易度の高い回だったのかも知れません。


■プレイング晒し



カルテットA担当の教師、ロザリンド役で参加。
相変わらずの鉄面皮で、冗談の通じなさそうなクールな女性。
『Z』不要論者であることは周知の事実で、学院生徒からは畏怖の対象となっている。

入学式の手伝いとして、「Z」の面々には会場設営を行わせる。
学院長から、クラリッサの立場が悪化していることを聞かされているため、表情が翳っている。
表面上は「少しは学院の役に立つことをしろ」という態だが、実は共同作業をさせるための方便。
音楽活動の外でも、仲間と話し合い、何かを成し遂げることはコミュニケーションの力を養うと考えている。
重労働のため、自分の生徒である「A」のメンバーにも同じ仕事をさせる。
労働の代替条件として、入学式での模範演奏をさせることを両カルテットに約束。
たとえ新入生相手であっても人前での演奏は糧になるだろう、と一方的に言い放つ。

アウレリアをはじめ、何かが見え始めてきたと思われる「Z」のメンバー。
しかし、依然として存在する「A」との実力差を見せ付けることで、更なる彼等への問題提起とする。
クラリッサの立場が「Z」のせいで危ういことを告げ、その事に気が付いていた者はいないだろうと指摘。
とどのつまり、「Z」の面々は自分自身しか見えていないことを示唆する。

ソリストならばそれで良い。
カルテットとは何か、もう一度良く考えてみろと諭す。

「その辺にしておきなさいローラン。音楽家ならば演奏で実力を示しなさい」

(599字)


ロザリンドは初回と同じく要所要所で登場させて頂き、嬉しいやら申し訳ないやら。
もういっそ本人は登場せずに、「ロザリンドが〜〜って言ってたぜ」みたいに名前だけの登場でも一向に構わないのですが……。
そしてひとつ小さな山を超えた「Z」の面々、いよいよ次回最終幕が開かれます。

プレイング頭の「E」は次回(最終回)EXシナリオを希望するという印でしたが、希望者6、現状維持4と分かれてしまいましたね。
お金が絡む部分ですので、なかなか強くは言えないところなのですが、できれば文章量増、かつ参加人数多めでいければ良いかなと思っています。
問題なのは定員を増やしたところで、シリーズ最終回に飛び込んでくれる人がいるのかどうかというところ。
EXであれば必ず料金が発生しますので、尚更その辺りがネックになるかも知れません。

それならそれで10人でのEXでも、なかなか密度の濃いリプレイが期待できそうなので一向に構わないんですけどね。
ともあれどういう形になるのか楽しみに待たせて頂きます。


■イベント【Powerful Sports Festival】(29日)

ハツ子が借り物玉入れ競争で第1位!
営業能力を活かし、上手く立ち回ってくれた様子。初日不参加の汚名はどうにか返上できたみたいです。
と思っていたら、今度は敷島の名前が載っていません。
……あれれー?プレイング出したっけ……出さなかったっけ?

最終日の目標は、「ふたりともちゃんと参加する」です。

■2006年09月28日(木)  カレーはトモダチ

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】
■担当マスター【【城塞都市】工房発掘】
■参加シナリオ【龍河流】

敷島が参加していた、龍河MSの「【城塞都市】工房発掘」のVTRが流れています。

参加したりしなかったり、結構飛び飛びで入っている城塞都市シナリオですが、今回はどうにもお宝が出そうな雰囲気が漂っていたので、お邪魔させて頂きました。
甲斐さんからパワードスーツを譲って頂き、体力のいる仕事もこれでバッチリ!
あとは壁開けに関して何か気の利いたことが書ければベストだったのですが、私のサーチ能力が低いせいか、各種検索エンジンでは使えそうな情報を入手できず。
トンネル掘りのやり方について書いてあるサイトばかり発見してしまい、しかもちょっと面白いので読み耽ってしまう始末ですよ。

あと、何気にポーちんと初めて一緒のシナリオでした。


■プレイング晒し

地下工房の発掘作業に従事。

基本的に力仕事全般を担当させてもらう。
真っ先にお宝を拝みたいという欲求から、主に壁開け作業の手伝いを。
ここまできて遺跡崩落なんてことになったら、馬鹿らしいにも程がある。
無理せず、あくまで手順通りに作業を進行。
万が一の場合にポーレットやシンデレラを抱えて脱出できる様、避難経路もチェックしておく。

NWの存在も疑われているので、念のためにラーの瞳を持参。
状況に応じて使用するが、いかんせん一度も光った事がないので信頼はしていない。
必要以上にアテにはせず、NWが出たらアンラッキーくらいの気持ちで掘り進める。
もしNWをはじめとした敵対勢力が現れた場合は、何よりもお宝の無事を最優先させる。
優先順位は、宝物>自分の身体>妹>それ以外の色々、といった具合。
壁開け作業が佳境にきたら、そわそわしつつ、同行者に対しやたらと休憩を勧める。
自分だけで新たなるエリアに飛び込み、めぼしいものがあれば、懐に入れてしまう気まんまん。
一連の行動および目的がバレたら、居直りつつも不貞腐れる。

作業期間中は甲斐高雅にもらったパワードスーツを着用。
重くて暑いが、財宝が出るものだと(勝手に)思ってるので、鼻歌交じりで割と上機嫌。
力作業が必要なポイントや暗所では、状況に応じて金剛力増、光球作成の能力を使う。
何も見つからなかった場合は、崩れ落ちつつパナシェやアレクに文句を。

「おい……話が違うじゃねぇか……」

(600字)


大体お馴染みのメンバーですので、掛け合いに関しても役割分担が出来てきた気がします。
ちなみに敷島は「誰もが思っていても言わないことを、あえて口に出して言う役」です。
それから香月MS担当のNPCであるシャルロ絡みの話が出ていたり、中東・アフリカ地域は依頼数が少ない分、遺跡に関する横の繋がりがしっかりと構築されている気が。

そしてNW対策としてラーの瞳を持ち出しつつ、ディグダグ的に掘り進めたところ、宝箱を発見。中からはラーの瞳が出てきました……?


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『おれはラーの瞳を使って調査をしていたと思ったら、箱の中からラーの瞳が出てきた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…
催眠術だとか超スピードだとか そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


■イベント【Powerful Sports Festival】(27日)

敷島が障害物ミニトライアスロンで優勝!
体力任せで逃げられるだけ逃げつつ、カレーパワーでラストスパートをかけた模様。
一方のハツ子は名前が載ってないので、「なぜだ!?」と思ったのですが、改めて記憶を遡ってみたところ、プレイングを出した覚えが……ない?
いきなりやっちまいました。白組のみんなごめんなさい。
コメント
  • 鳩(ケイ)(2006/09/30 22:23)
    あ、VTR本当だあがってる!「誰もが思っていても言わないことを、あえて口に出して言う役」  それでこそ!
  • 旗村はかい(2006/10/01)
    依頼ではお疲れ様でした。蛇獣人の方はやはりキスが上手いのでしょうか……?
    ホロビノカネオーディションの方は素敵な妖魔っぷりですので、是非応援させて頂きます。頑張ってください!

■2006年09月27日(水)  トレッキング日和

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】
■担当マスター【東城エリ】
■参加シナリオ【秋深まりゆく山に平穏を】

リタが参加した、シルバーレイン初依頼となる「秋深まりゆく山に平穏を」のリプレイが公開されています。

今回のお仕事内容は、山の中に現れた妖獣3体を倒してくるというもの。
もちろん参加者全員にとって、これが最初の依頼となるわけですので、相談の進行具合もどこか手探り状態です。
難易度は「やや易」ということもあって、おそらく阿修羅であれば、ゴブリン3匹を退治するようなレベルのものなのでしょう。
それでも、初回から下手を打ちたくないのは誰しもが思うところですので、緊張と高揚のバランスが良い感じで取れた作戦会議になったと思っています。
積極的に音頭を取りつつ、進行してくださった大神さんにまずは感謝を。

リタはまず、「タヌキの上半身にイノシシの身体が合体したような姿を持つ」という妖獣の呼称を、イノシシ+タヌキということで「イノキ」はどうかと提案してみました。
リタのあほさ加減が、世間にまた一歩知られる結果となった、完璧なスタートです。
戦闘に関しては、テニススタイルで戦うという、一見どうでもいい、しかし私にとっては最も重要な部分をきっちりと描写して頂き、本当に嬉しい限り。
任務終了後の温泉シーンでも、真っ裸でごきげんなリタはいかにも彼女らしくて、東城マスターすごいなあ。

これだけしっかりとキャラクタを掴んでくださるマスターさんでしたら、何の心配もありません。
マスターを選べる余裕があるのかは不明ですが、今後も東城マスターのシナリオ優先で狙っていこうと思っています。

【冒険結果】成功!
重傷者&死亡者なし
獲得EXP:117
獲得詠唱銀:234

獲得詠唱兵器
▼アームブレード(レベル8)
▼洋服(レベル10)祝福頑丈硬質洋服(クール)
▼レベル9アーチェリー(レベル9)
▼念動剣(レベル9)
▼忍装束(レベル4)
▼傘(レベル12)
▼背負い鞄(レベル11)
▼レベル7パーカー(レベル7)


■2006年09月25日(月)  運動会へ行こう

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】
■イベント【Powerful Sports Festival】

今週はちょっとイロイロ忙しくて、にっちもさっちもどうにもブルーザー・ブロディーです。
優先順位高めのものから、ちょいちょい片付けていきます。

まずビーストナイトの方ですが、リアルタイムイベントの「Powerful Sports Festival」が始まりました。
以前に行われた水泳大会の時と同じく、敷島が赤組、ハツ子が白組での参加になります。
ざっと競技内容を見てきた限りでは、運動が苦手(体力や軽業が低め)の方でも十分に楽しめそうなものになっていると感じました。
真面目に勝利を狙いにいくのもアリ、ひたすら画面に映ることを目的に動くのもアリ、歌詞や各種設定に応募するのもアリ、と人それぞれの楽しみ方ができるのではないでしょうか。

ちなみに一日目は、敷島が競技に参加。ハツ子が裏方で応援に回ることにしました。
特にハツ子はOMCオーディションで応援団の格好をしていますので、この機会を逃すわけにはいきません。
がっつり競技参加者を応援させて頂きます!

今回は順位も全員発表されるということで、これを使った遊びもできそうですね。
仲間同士で集まって、一番順位の低い者が罰ゲームとか、一番成績の良かったものの言うことを一つだけ聞くとか、そんなミニゲームはいかがでしょう。
好きな(気になっている)異性PCを言わされる……とか。そんなノリで。


それからビューティ オブ ジ・アースの1回目の結果も出たようですね。
アレクシアスさんはおめでとうございます!流石の貫禄です。

部門賞の方では何故か、前回のオーディション絵で決戦投票の場に上がってきた方がいらっしゃるようです。
何故にチェックしていないのか……。
いちごさんは着ぐるみ3人しかいないのでかろうじて残っています。どうなるいちご!?

■2006年09月22日(金)  記念の一枚

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】

WEFドレスアップ賞のポスターが出来上がっています。

ポスターを描いてくださったのは、ハツ子やアイちゃんを描いてくださった波黎ひろみ絵師。
ポーズも決まっていてハツ子らしさが良く出ています。アイちゃんはちょっと緊張気味なのでしょうか?エルヴィアさんはおすまし笑顔です。きっと何かたくらんでいます。
ポスターと言うよりは記念写真風で、テーマがテーマですので随分と華やかです。
こうして並ぶと、全体的な衣装の配色もバランス良いですし、まさに選ばれるべくして選ばれた9人といったところでしょうか。ちょっと調子乗りすぎでしょうか。
素敵なポスターなので、テンション上がっていてスミマセン。


そして新オーディションの方も出ましたね。
第13回目となるオーディションは、学園退魔戦記ZEROがテーマなので、役柄は学生さんメインになっています。
募集期間は10日間と短めですし、今回は見送りになりますが、気になって窓を開けている絵師さんをチェックしたところ……ダメダ……コノオカネハ、ツカッチャダメダ……!
早く誰か注文してくれないと、ダークサイドからの声に負けてしまいそうです。

ZEROと言えば、当時頼んだOMC商品のデータが丸ごとなくなってしまったので、納品一覧場所から発掘しようと思ったら、その場所自体無くなってしまっていたのが思い出です。
鍵子のイラスト持ってる人、どこかにいませんかー!!(絶対いないと思う)


【追記】

のつきさんのところの子は、なんかシンプルな名前だったような気がします。
白子とかそんな系統の……。何分昔のお話ですので曖昧でスミマセン。

■2006年09月21日(木)  Black Invitation

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【アルアルア・マイセン】
■イベント【Evil Shadow】

キャメロットでリアルタイムイベント「Evil Shadow」が始まりました。
アルアルアでお邪魔させてもらっています。

今回のイベントはラーンスロット組とアグラヴェイン組に分かれて、わっしょいわっしょいやるような感じです。たぶんあってます。
スーパーノーマルな趣味のアルアルアは、イギリスのご婦人連中同様にラーンス派(彼の髪の毛も持っています)なので、そっちで頑張ろうかと。
実はイベントに併せて、依頼もたくさん出るんじゃないかと思っていたのですが、期待していたような高レベル冒険者向けのシナリオは出ませんでした。
今回のイベントの結果で、イギリスを動かすような大きなシナリオがひとつふたつ出てくれると嬉しいんですが。

それにしてもアグラヴェインは意外に人気ありますよね。
ユウンで何度か彼の関連依頼に入った時は、アンケート「あなたが嫌いな円卓の騎士」第一位にランキングしそうなくらいの、チンピラっぷりを発揮していましたが……。
彼も変わったものです。もしくはアグラヴェインというより、みそかさんに何かあったのかも知れません(いい加減なこと言うなよ……)
バストアップイラストは元ヤンなのが丸分かりなナイスな絵なので、まだ見ていない方は要チェキです。

ちなみに今回のイベントは負傷の可能性もアリとの事。
せいぜい死なない程度に頑張ってこようと思います。

■2006年09月20日(水)  食卓にビールを

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【世界祝祭奇祭探訪録 12】

ハツ子が参加していた、風華MSの「世界祝祭奇祭探訪録 12」のVTRが流れています。
なぜなに放送局の記事で知ったのですが、風華MSの出した依頼数が、この一つ前のシナリオ「失われた詩篇」で、ちょうど100本目だったみたいですね。
おめでとうございます!ちなみにハツ子は101本中、24依頼にお邪魔させてもらっています。くっ……来年は打率(?)3割を目指しますよー。

そんな風華MSの人気シリーズのひとつである「世界祝祭奇祭探訪録」、今回はドイツのオクトーバーフェストをリポート!
ビール飲みまくり大会です。


■プレイング晒し

魅力的なオクトーバーフェストを余すところなく、紹介します。
ビールの祭典、と言うことでテーマも非常に分かりやすいので、賑やかにいきます。
飲んで食べて笑って踊る、そんな楽しい雰囲気を伝えるべくレポートに挑戦。

いつも通り、お世話になるゾエさんご一家にご挨拶を。
お邪魔でなければ、フェストでのテント張りや給仕のお手伝いをさせてもらいます。
準備できるのであれば、衣装はバイエルンの民族衣装風に、農家のお嬢さんっぽく。
鷲の羽で飾られた帽子に、レースのブラウスとエプロン、赤地のひらひらスカートといった感じに。
愛想を振りまきながら、フェストの参加者にビールを勧めて回ります。
その際、どこの屋台の食べ物が美味しかったか、情報収集も忘れずに。
大きな会場ですし、混み合うでしょうから、とても全てのスタンドは回れないだろうと予想。
働きながらもアンテナを張り巡らせ、人気のお店をチェックしておきたいところ。

自分達が飲む番になったら、まずは何よりもビールを一杯、ぐびぐびぐびー!
当然、器はマスで。口の周りを泡でいっぱいにしながら、生きている実感を喉で感じます。
あくまで正直な感想を言えば、飲みなれた日本のさっぱりした冷ビールが一番です。
しかし、どこか甘味があってコクのあるドイツビールに魅了される、この国の人達の気持ちも良く分かります。

熱気溢れるオクトーバーフェストを、一歩立ち止まって見渡すと、殊更それが強く感じられたり。

(599字)


ゾエ家のリタさんがラケット片手に登場したら、鼻からバイエルンソーセージを噴出するところでしたが、ごく普通の活発なお嬢さんでまずは一安心。
フェストでは民族衣装に身を包み、給仕のお手伝いをさせてもらったハツ子ですが、なれないウエイトレスに悪戦苦闘した模様。
完全に疲れ果ててしまったようですが、やっぱり初仕事ってどこでも同じものなんだなあと、しみじみしてしまいましたよ。

それでも自分達が飲む番になったら、しっかりやる気を見せているのが実にハツ子らしいですね。
普段はクールな葵ちゃんも最後にはやる気モードに入っていたみたいですし、きっとあの後はぐでんぐでんになるまで飲み続けたのでしょう。
賑やかで華やかで、実にお祭りらしいお祭りを楽しむことができました。

今後出てくるお祭にも期待がもてますが、ゲームも2年目に突入し、一度参加したお祭に再び参加……なんてこともあるのかも知れません。
秋の特番、冬の特番なんかで、以前お世話になった方々に会いに行ったりするのも楽しそうです。
プレイングを書く過程で、あちこち調べている内に新たな知識が身に付く、いかにもCETらしい番組である「世界祝祭奇祭探訪録」
回数こそ多いショートシナリオですが、新規参加者でも全く問題なく楽しめるお仕事ですので、欧州で依頼を探している方は、選択肢のひとつとして考えてみるのはいかがでしょうか。

■2006年09月18日(月)  世界で一番美しいのはだあれ?

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】

ビューティー オブ ジ・アースの投票が開始されました。

が、投票ページから画像確認のために飛んだ先が、普通のOMC納品場所なんですが……?
ビューティー全身図を頼んだ方ならご存知だと思うのですが、投票時にアピールするための一言メッセージを入力したハズなのですが、それは一体どこにあるのでしょう。
「おかが事件」を余りに気の毒に思ったスタッフが、無かったことにしてくれたのでしょうか。
しかし油断はできません。もしかしたら各賞を受賞した際に、特大フォントで打ち出されるのかも知れません。
とりあえず、魔道の王部門にはフィーナさんを投票しておきました。

アトランティスはアレクシアスさんで鉄板なので、オリエの勝負は部門別投票で生き残れるかどうか、ですね。
もうね、完全に狙ってますからね。ウェポンマスター!
攻撃方法は体当たり、全身からつぶつぶを高速で打ち出す、などです。

……すいまセーン……ボク ウソついてまーした……


結果が出るまで願掛けのつもりで、八卦さんのところのはりねずみに苺を食べさせ続けます。
もぐもぐもぐ……ぴょいーんぴょいーん!!

■2006年09月17日(日)  鎌倉Today

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】

教室が開放され、第一陣となる依頼群が登場しました。
ざっと全てに目を通した上で、リタを東城エリマスターの「秋深まりゆく山に平穏を」に投入。

各シナリオを見ていて気になったのが、舞台である鎌倉という場所を活かしたシナリオが少ないと言うことです。
折角、現代モノの作品で実際の場所をその舞台としているのですから、PC達が向かう先に設定するなり、名所をアクセントとして使うなり出来たのではないかと思っています。
この辺りのシナリオ内容の采配は上の方の指示なのか、マスターレベルでの問題なのかは分かりませんが、これから先、少しずつ鎌倉ならではのシナリオが登場してくれると嬉しいですね。
フットワークは割と軽い方だと自負していますので、もし今後リタが参加するシナリオで実際の場所が出てきたら、遊びに行こうかとも思っています。


闘神回廊の看板ピンナップについては、今月中にはリクエストを出す予定です。
美術室にかなりの数の看板絵が納品されはじめましたので、それらを参考に構想を練っていますが、コミカル100、かわいい50くらいになるようなネタ絵をと考えています。
また各絵師さんごとに、オモシロユカイなアイコン企画をされている方もいらっしゃるようなので、そちらにも何口か乗らせて頂こうかと。
最終的にはゴーストタウンで設定できる、8種類分を用意できたら良いのですが、イグニッションカードやその他新商品がいつ出るのか分からないので、様子を見つつ……。

本当は今ひとつ分かっていない各種ルールに関する説明を読み込みたいところですが、なかなか時間が取れず後回しになってしまっています。
初回プレイングで頓珍漢なことを書かないように気をつけたいですね。

■2006年09月16日(土)  レベル33女帝(ペルソナ3)

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【幻想寓話〜企画作戦会議】

ハツ子が参加していた、風華MSの「幻想寓話〜企画作戦会議」のVTRが流れています。

フィルゲンさん奪還にどうにか成功し、二人組の活動も再開……のハズがいきなりゴールデンタイムでの『幻想寓話』って!?
……どうみても大叔父の差し金です。本当にありがとうございました。

そんな流れで始まった、今回の幻想寓話依頼。前後編のシリーズということで、前編はどんな内容にするかの話し合いタイム。
幻想寓話は実は2作品しか参加したことがなかったので、この機会に未参加のシナリオを読み直してお勉強。
大体のイメージは掴んだつもりですが、いざ自分で考えてみるとなかなか大変です。
各MSは毎回こんなことやっているのかと、改めて感心することしきりですよ。


■プレイング晒し

幻想寓話10月特番のアイデアを持ち込みます。

●幻想寓話〜リャナンシー
「妖精の恋人」の意を持つ、アイルランドの妖精リャナンシー。
彼女たちは、人間の男性の愛を探し求めていると言われ、井戸や泉といった水場に現れる。
その容姿は、見る男性の理想の女性像であるとも、絶世の美女であるとも伝えられている。
男性が愛を拒めばリャナンシーは召使いとなるが、同意すると詩才と美声を得る代わりに、男は早死にする。

歌の才能を何よりも欲する青年は、リャナンシーが棲むと言われる森の奥へと足を踏み入れる。
自らの寿命と引き換えに、リャナンシーに恋人になってもらうために――

こんな感じの案をレオン監督とフィルゲンさんに出してみます。
幻想寓話らしい幻想寓話、というのを第一に考えたつもりです。
特番でゴールデン帯だからこそ、あえて特別なことはやらず、普段通りに。
ここで認められれば、今までやってきたことは間違っていなかったという、格好の証明になるはず。
ロケ地は自然豊かなアイルランドの森を想定。

他の人の意見も含めて、最終的な判断はお二人に全て従います。
仮にプロットが練りこまれていなくても、素材としてピンとくるものがあればそれがベストだと考えています。
叩き台となるシナリオが出来上がれば、そこから参加者で話を膨らませることは十分に可能。
単純に、面白そうだと思ったものを拾い上げて頂ければ幸い。

「う。私、あの大叔父さんちょっとにがて……」

(599字)


私としては、そこそこ幻想寓話のイメージを出せたと思うのですがどうでしょうか。
相談の段階では他の方が面白そうなアイデアを幾つか出されていましたので、ひとつくらいは普通のシナリオがあってもいいだろう、と無難なものを。
女神転生の攻略サイトを見ながら、なんかそれっぽい幻想世界の住人を探した結果、リャナンシーをピックアップすことに。
ちなみに監督達が挙げていた「ダーム・ブランシュ」や「ルー・ガルー」、「ラミナ」は私も全く分かりません。

とりあえず言うことだけは言ったので、結果を楽しみに待とうと思います。
後編は10月5日公開、10日プレイング締め切りとの予定です。


【ハツ子スケジュールメモ】

・15〜18日「世界祝祭奇祭探訪録 12」 参加済
・20〜26日「楽士たちの歌・第3楽章」 参加済
・10〜??日「幻想寓話本編(タイトル不明)」

ニーベルンゲンの戦跡は日程が楽士とギリギリ被るので参加は無理そうですね。
風華MSのEtR:遺跡探索か、香月MSのSF舞台演劇あたりを視野に入れつつ、しばらく欧州待機な日々になりそうです。

■2006年09月15日(金)  悪縁契り深し

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【聰暁竜】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【悪人正機説  智】

暁竜が参加していた、コミアキMSの「悪人正機説 智」の報告書が上がっています。
久々のノーマル悪人シナリオでした。

今回は貧窮にあえぎ、暴動をおこそうとしている村人を止めるというミッション。
対応レベルは高いものの、仮に戦闘になったとしても戦う相手は村人なので、難易度自体は「易しい」依頼。
どうやって止めるかは一任されていましたので、自由度は高く、様々な絡め手が使えそうな面白シナリオ……だったのに。

スイマセン。ここ最近急に気温が下がったせいか、風邪を引いてしまい頭ガンガン。思考回路はショート寸前でした。
結局、プレイング締め切り前日は早めに寝て、翌朝、「村人がこっちに来たら殺す」という普通の行動を提出し、お茶を濁しておりました。
白さんが行動を共にしてくださったおかげで、どうにか格好はつきましたが、これで一人ぼっちだったらと思うと、ちょっとぞっとしますね。


しかしプレイングを出した段階では軽く凹んでいたのですが、リプレイだけを読んでみると、なかなか暁竜らしくて良い感じです。小沢田マジックおそるべし。
せめて他の方の邪魔にならなければ御の字という気持ちでいたのですが、妖刀マサカド(ただの野太刀+1です)を振りかぶって見事ホームランです。
そして他の悪人の方々は、もう何と言って良いか分からないくらいの悪党なので、そのうち退治されれば良いと思いました。まる。
うそです。その調子で今後も頑張って欲しいです。

結果が出たと思いきや、間髪入れずに今月の金山依頼×4が出たので、連続で出張ってきます。
そろそろレベルも上がるので、どのスキルを成長させるのかも考えておかないと……。

■2006年09月14日(木)  頑張っている君に、百万の声援を送ろう

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■イベント【Powerful Sports Festival】

押忍!闘え!応援団

と言うことで、五月紅葉絵師にお願いしてあった、ハツ子のオーディション全身図が納品されました。
注文時は、ハツ子が何組に配属されるかも分かりませんでしたので、ハチマキと腕章の色は半ば博打だったのですが、組み分けは水泳大会の時と同じみたいですね。
あぶなかった……!できれば次回以降、イベントと連動したオーディション企画の際は、その辺の情報出しも事前に行って頂けると有難いです。

イラストは私にしては珍しく、ポーズを始めとした細かい部分まで注文していたのですが、期待していたイメージそのままで大満足の一品に。
また、長ランの裏地に竜の刺繍が入っていたり、バックに団旗が描かれていたりと、絵師さんのオリジナル部分も格好良くて、にこにこですよ。
今回のイラストはイベント中に特設ページに掲載されるということで、今からすごく楽しみだったり。
オーディション絵の出来映えに負けないように、イベント中は気合入れて応援しようと思っています。



ところで、ビューティ オブ ジ・アースの方はどうなってるんでしょうか?

■2006年09月12日(火)  ねらわれた学園

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】

ここ最近動きがないので、じりじりしながら何か変更点が出ないものか待機中のシルバーレイン。
教室コンテンツが動き出すか、ゴーストタウンが正式稼動してくれるかすれば話題も増えるのでしょうが、もうしばらくの辛抱かなあ。

おかげさまで、【闘神回廊】のメンバーは11人に。大手と言うほどでもなく、さりとて過疎っているわけでもなく、私個人としては、ほどほどでとても良い感じです。
まだまだお仲間募集中ですので、宜しければ足をお運び頂ければ幸いです。
友好を結んで頂ける結社も随時募集中!特に運動部系の方々は大歓迎ですよー。


話は変わりますが、シルバーレイン(と言うかトミーウォーカー作品)では、他の方が頼んだイラストに投票ができるじゃないですか。
既にイラストをお持ちの方なら分かると思うのですが、自PCのイラストにどんな評価がされるか、って結構気になりますよね。
100を超える票が入れば、なんとなく自分のキャラクタが気に入ってもらえたようで嬉しいですし、私も時間を見つけては他の人のイラストに、ぽちぽち投票をさせてもらっています。
その中で気が付いたことがひとつ。

なぜか、特にえっちじゃないイラストにも必ずといっていいくらい、えっち票が入っている!

これはなんだ。なんなんだ!えっちゴースト(リリス亜種)の仕業なのか!?
えっち検索した際に上位にくるような、ちちボーン!パンツ丸出し!な子たちについては、そういう票が入るのは理解できるのですよ。
私が問題にしたいのは、特に露出のある格好もしておらず、扇情的なポーズもとっていない、リタやクロエちんにまで何故えっち票が入っているのか、ということなのですよ。
調べてみたところ、なんか渋い男性キャラクタにまで入っていますし、もしかしたら我々の気が付かない間に銀誓館学園は狙われているのかも知れません。

お知り合いの方々でこのえっちゴーストの攻撃を免れた方は……ゼロ!
事態は思っていたよりも深刻な状況なのかも知れません。

■2006年09月11日(月)  VSエマージングウイルス

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【狂王子の酔狂〜治療院〜医療準備会】

オリエが参加していた「狂王子の酔狂〜治療院〜医療準備会」のリプレイが上がっています。

EXシナリオということもあって、人が集まるのか不安だった治療院シナリオでしたが、蓋を開けてみれば強力メンバー勢揃いで、自分の予測の甘さを指摘される結果に。嬉しい誤算でした。
招賢令と日程が被ってしまったので、カルではなくオリエでの参加でしたが、各分国王からの寄付を募るのが主目的の今回は、むしろオリエの方が都合が良かった気がします。
(地球人という意味合いでの)天界人は、やっぱり現代世界での知識をダイレクトにプレイングに反映できるのが大きな強みですよね。
私はあまり賢い方ではないのでそのメリットを活かしきれていないのですが、お医者の方々はそれぞれのやり方で、今回の取り組みに早くも動き始めたご様子。

オリエはササンのリーザ女王(字面だけだとなんとなくリーザ・ブランディスさんが王冠かぶっているようなイメージを受けてしまいます)のもとへ。
私としては誰がどこへ行っても良いんじゃないかと思い、実際相談板でも「とりあえず行きたいところへ行こうぜ!」的な発言をしていたのですが、どうにも甘かったようです。
たとえエーロン王子の紹介状があっても、分国王に面会できる地位、立場の者でないと直接の面通しは難しいみたいですね。
ただ、今回はW杯の各分国チームのメンバーをはじめ、それぞれの国に縁のある方が多く参加されていましたので、特に大きな問題にはならずに済みました。
光栄なことに、オリエもリーザ女王に名前を覚えてもらっていたようで、ササンチームにスカウトされてしまいました。どうする……!?(どうもしないよ)

寄付については、こちらからは具体的な要求内容を提示しなかったのですが、ササンからは運用資金を毎月300Gと、シーツ用の生地類を送って頂けることに。
その他の分国との交渉も軒並み上手くいったようで、理想的なスタートとなりました。


私見を披瀝すると、この後の治療院シナリオも、今回のリプレイを書かれたマレーアMSに担当して頂ければと考えています。
これまで参加してきたシリーズ依頼に比べると、やや硬質な印象を受けるリプレイでしたが、嫌味は無く、文章も読みやすかったです。
また修正が必要とされる行動を単純に却下するのではなく、次善の案を提示し、実行させる手法にも好感が持てました。
理解できない理屈はありませんでしたし、各PCについても良く見てらっしゃるなあと感じた次第。

あえてシリーズにはせずに、定期的にショートEXあたりで出して頂ければ個人的にはベストなのですが、あまり無理も言えないでしょうか?
ともあれ、先のエントリで述べた通り、次からはカルナックスで参加させてもらうつもりの、治療院依頼。
ご一緒される方々はどうぞ宜しくお願い致します。

■2006年09月09日(土)  アンリ・デュナンになりたくて

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【カルナックス・レイヴ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【招賢令〜民の幸せ】

カルナックスが参加していた「招賢令〜民の幸せ」の報告書が上がっています。

実は最初にやろうとしていたのは、エーロン王子の医療準備会に対する諸々の口出しでした。
気晴らし本隊リプレイで最後に言及されていた準備会を、巷のペット問題と絡ませようと思っていたんですよね。
同時に、エーロン王子に働きかけて準備会の即時開催を求めてみることを考えていました。

今回の招賢令でも多くの献策が為されましたが、それらを実際に依頼として出す場合の第一の問題点は「人(PC)が集まるかどうか」だと思っています。
たとえPCが取り組みたいテーマであっても、そしてマレーアチームが扱いたい題材であったとしても、依頼人数が成立しなければスタートすることすらできません。
(※極端な事を言えば、自分のPCを複数投入してシナリオを埋める事はできるでしょうが、実際問題として一人の知恵では良いアイデアは生まれないと思っています)
依頼の魅力度というのは単純にそのシナリオが面白そうかどうか、という話に加えて、自分のPCがそこで効果的な動きが取れそうかどうか、という要素が強く関係してきます。
上位ゴーレムに乗れる依頼を出したところで、ジ・アースのキャラクタにとっては何の魅力も無いのは明白です。

ですので、今回はある程度ウィルの医療問題について関わってくれそうな人を集めた上で、話を切り出そうと思っていました。
責任者のリリアさんをはじめ、アリルさんやゾーラクさん、 皇さん、富島さんといった面々に対しシフール便を送るべく「こんなのはどう?」という内容の文面を考えていたのですが……

狙いすましたかのように「狂王子の酔狂〜治療院〜医療準備会」の依頼が出やがりました。

あーもーあーもー。
世の中上手い具合にはいかないことを痛感しながらも、治療院依頼が出てくれたことにまずは感謝を。
その上でカルナックスは路線を若干変更して、今回のような形で治療院のお手伝いをさせてもらえるようお願いしてみました。

どうやら治療院の方は伝染病対策がメインということなので、爵位の返上に関しては保留状態、心配してくれたらしい王子がワンクッション置いて下さりました。意外に良い人です。
ただ、伝染病対策というのは薬事以外にも、衛生面での改善が重要なのは間違いありません。
リカバーやクローニング以上に、ピュアリファイやアンチセプシスが威力を発揮してくれると思っています。

次の依頼からは治療院の方にお邪魔させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。
今回の医療準備会シナリオにはオリエが参加していますが、初動が上手くいってると良いなあ。

■2006年09月08日(金)  ハツ子・バッハと名乗ってみる

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【緊急招集〜相方失踪事件】

ハツ子が参加していた、風華MSの「緊急招集〜相方失踪事件」のVTRが流れています。

捕らわれの(?)フィルゲンさんを取り戻しに行こうという依頼でした。
依頼主であるところのレオン監督曰く「フィルゲン君が帰ってこねば、今後の状況が、とてもとても困った事になろう」との事。
その割には報酬が1万円。依頼期間は4日間ですので、日給にすると2500円です。レオン・ローズという男……実はそれほど困っていなかったのかも知れません。

「マスターより」を一読した限りでは、どんな攻め方をしても融通きかせてくれそうな印象を受けたのですが、フィルゲンさん絡みなのでびびってストッパーがかかってしまいました。
ネタプレイングで使おうと思っていた新能力も結局使わず、直球を投げてしまいましたよ。


■プレイング晒し

フィルゲンを迎えに行く。

レオン監督の情報に従って、バッハ家の古城へ。
噂の大叔父ときちんと話をしてみたいと考えている。
とは言え、話を聞いた限りでは、どうにも融通の効かない人物とのこと。
フィルゲンに会いに来た、と言っても無視か追い返されるのが関の山だろう。
ここは一発「フィルゲンの妻です」と何食わぬ顔で訪問し、夫に会いに来た旨を告げる。
血の繋がりを重視する家柄であれば、怪しかろうとも、こう言えば無下には出来ないだろうとの判断。
なんならフィルゲンにも確認を取ってもらって構わない、と自分の名前を告げる。

入城が許可され、大叔父と対面することができた場合は、こちらの要求を端的に述べる。
内容はただひとつ、フィルゲンの解放。
妻として、そして仕事上のパートナーとして、当然の権利を要求させてもらう。
その代替条件として、今後バッハ家からのNW討伐要請があれば、協力する事を約束。
強さの提示を求められた場合は、黙ってホワイトブローチを見せる。
同時に、前線に赴いた証であるこの品を、この城で持つ者がどれだけいるかどうかを尋ねてみる。
少なくとも自分は、NWが跋扈する現状が、縁者を拉致することで解決されるとは思っていない。

どちらか一つになんて絞る必要は無い。
芸能活動もするし、NWとも戦う。
それで全部解決だろうと、自信満々に言い放ってみせる。

全部終わって城から出た際は、緊張が解け、腰から崩れ落ちる。
「き、緊張した〜!」

(600字)


どうやらバッハ家は竜種が多く、「古き竜」の通り名を冠された家系とのこと。
つい先日、紀子さまが男児を出産されたのが大きなニュースとなりましたが、ビーストナイトの世界では生まれた子が、父母どちらの種を継承したかが問題となることもあるのでしょうか。
いや、こういう世界なら絶対に言われ無き種族差別はあると思うんですよね。阿修羅におけるハーフエルフなど比にならないくらい、ドロドロしたものが。
ゲームの主題にはならないでしょうが、そういうテーマを扱ったシナリオなんかが出てくれれば面白いのに、と密かに思っております。

フィルゲンさんの方は色々みんなでやった結果、連れ戻すことに成功致しました。
どういうキャラクタだか分からなかったため、ちょい腰が引け気味でしたが、今回で老ダーラントの人となりが分かった気がします。
いずれ、あのおじじとは勝負しなければならない時が来るだろうと予想していますので、その時はもっときっちりと決めたいところ。
今度は手土産にアスカロン級のドラゴンスレイヤーでも持っていってみようかしら。

そんなハツ子の次回予定は、風華MSの「幻想寓話〜企画作戦会議」
その後はスケジュールを詰め過ぎず「楽士たちの歌・第3楽章」が出るまで待機。
遺跡関係のシナリオは、余裕があれば一つくらいはお邪魔させてもらおうかと思っています。
コメント
  • 海野ツナ(富士川・千春PL)(2006/09/09 22:03)
    両親の種族と違うお子さんとか非常に問題がありますよね・・・(コラ!) 確か昼ドラ依頼でそういうのがあったような気がします。
  • 旗村はかい(2006/09/11 )
    血液型なんかよりも明確に分かっちゃいますよね。獣人専用のドラマ(そんなのあるのか?)だったら面白いかも知れません。
    猿と犬の獣人は仲が悪いとか、そういうのもあったら面白いんじゃないかなあ……。

■2006年09月06日(水)  注文の多い料理店

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】

むむ?幻想寓話の依頼が出ているようです。
リプレイ待ちの緊急招集依頼は上手くいったのでしょうか。

それから風華MSは東イベ参加検討中らしいですね。
香月MSも△マークですし、どちらかでも参加して頂ければ色々とお話することもできるのですが……。
と思って、オフィシャルページを久しぶりにチェックしてみたところ、当日参加に関する記載が消えてしまっているような気がするのですが、目の錯覚でしょうか。
いや……前にチェックした時は確かに8日のみ、参加費1000円という記載があったはずなのですが、今見るとどこにも無かったり。
宿泊オンリーだと、ちょっとばかり厳しいかも知れません。


イラスト関係はギリギリで「Powerful Sports Festival」に飛び込みエントリー。
水着も浴衣も頼もう頼もうと思いつつ、結局時期を逃してしまったのですが、今回も危なかったです。
今まではリアルタイムイベントと絡みつつも、発表&投票時期がズレていたオーディションですが、今回は早めに告知することで、イベントとも連動するみたいです。
ちなみに今までのオーディション参加者数は――

・「大食魔獣ヤギゴン」(7)
・「White Love」(17)
・「幻の島 Dark Island」(11)
・「新撰組 紅〜KURENAI〜」(25)
・「SAMURAI SWORD 暗黒の剣」(14)
・「TERRA FIGHT 2006 〜冬の陣〜」(36)
・「メイド in ジャパン」(79)
・「闇と光の魔法使い」(61)
・「WEFドレスアップ賞」(67)
・「Mid Summer Horror Night」(43)
・「Athletic of Summer 」(61)

となっています。数え間違いがあったらゴメンナサイ。
最近の傾向ですと、参加者60人が人気企画かどうかのボーダーラインになる感じでしょうか。
夏場はボーナスシーズンとは言え、水着、浴衣、ビューティ(AFO)、カードとOMC商品が連発しましたし、イベント前ということで今回は落ち着いた数字になるんじゃないかと予想しています。

オーディションに関しては、今後は個人参加枠だけでなく、複数名での参加枠なども増やして頂ければ面白いんじゃないかなあと思っています。
ポスターイラスト自体を企画して作ってしまう、なんてのはどうでしょうか。
オーディションイラストを今回再チェックしていて気付いたのは、参加者の顔ぶれが大体似通っているということです。
グループピンナップやパーティピンナップでの参加ができるようになれば、一人当たりの費用も抑えられると思いますし、より参加しやすくなるのでは。
全体掲示板の常設も叶ったようですし、そこで参加者を募ったり、AGやプロダクションの仲間で参加したりするのもアリではないかと。

そろそろビーストナイトも開始一周年。
同じような企画を続けるにしろ、ちょっとした変化をつけることで、新鮮味をもたらす方法はいくらでもあると考えています。
ご一考頂ければ幸いです。

■2006年09月04日(月)  ラブリーあいこんの秘密

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】

アガシも引退してしまうそうですね。お疲れ様でした。
また一人、偉大なテニスプレイヤーが現役を退く中、リタのアイコンが納品されました。
両者の間に関連性はまるでありませんが、ぼんやりと何かを考えているようなアイコンのリタの表情が、なんとなく想像を膨らませてしまいます。

新井絵師、実に可愛らしいリタをどうもありがとうございました。
次はチロルアイコンをお願いしようかな、と思っています。
っと、その前に結社の看板ピンナップのリクエストを出しておかねば……。



■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【鷹見沢桐】

それからお披露目を忘れていましたが、桐が参加していた竹之屋パーティピンナップが納品されています。

江戸での二号店シリーズ完結を記念して、竹之屋メンバーでお願いしたイラストです。
どこか記念写真のようで、みんなおすまし笑顔ですね。
桐も右下で普段はあんまり見せないような笑顔を見せています。うん、可愛い可愛い。
幹事のサランさんは本当にお疲れ様でした!発注時期の調整から各種確認のメールまで、非常に助かりました。
十夢臣絵師には、竹之屋の制服を忠実に再現して頂きでっかい感謝です。

上野での新店舗シリーズが完結したら、また記念に作りたいですね。
個人的には呪いがかかりそうな、禍々しさ全開の悪人パーティピンナップとかもやってみたいのですが、どうでしょうか。
シリーズ後半になったら、ちょっと卓でも立ててみようかと思っています。

■2006年09月02日(土)  店長姿絵お披露目
■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】

新井キリト絵師にお願いしてあった、リタのバストアップイラストが納品されました。

インドからやってきた人

予想を超えたインドっぽさに大満足の一品で御座います。
一見かわいいながらも、どこか狂気を秘めたような瞳やら黄金色の装飾品やら、実にリタらしいバストアップ絵だと思っています。
新井絵師には感謝を。本格始動前に絵が届いたのは本当に有難いです。
後は最低アイコンひとつと、結社の看板イラストだけは揃えておきたいところ。久しぶりに美術室を回ってみようかしら。

============================================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注した旗村はかいに、
著作権は新井キリトに、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
============================================================

■2006年09月01日(金)  Hybrid Insector

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】
■担当マスター【久条巧】
■参加シナリオ【変身〜戦い来たりて〜】

敷島が参加していた、久条MSの「変身〜戦い来たりて〜」のVTRが流れています。

ヨーロッパの遺跡探索イベントで張り切るつもりの敷島でしたが、この依頼が出ちまったからには仕方ありません。
中東へ舞い戻りつつ、4月末以来、実に4ヶ月ぶりとなる久条MSの中東依頼に突入!
今回は適合実験がメインということもあり、前回の汚名を返上する絶好のチャンスです。
中東で定員12名の依頼は、仮に通常参加になっても人数余るのではないかと思っていましたが、無事人も集まり、みんなで変身の時間ですよ。


■プレイング晒し

『適合実験希望者』

久しぶりとなる、教授やドクターに挨拶を。
同時に前回の実験では、迷惑をかけてしまったことを詫びる。
その上で、今回もバンクルとの融合を試しに来たことを告げる。
前回の失敗から数ヶ月、ただダラダラしていただけじゃないことを示す絶好の機会。
何より、負けっぱなしでいるのは癪なので、成功するまではやらせてもらうつもり。

まずは前回の経験で得た情報を、他の実験希望者に話しておく。
成功率を上げる意味でも、持っている情報は共有しておく必要があるだろう。
全身が装甲で覆われるまでは、まだ意識を保っていられることを報告。
だが、完全にトランスした時点で理性が吹っ飛んでしまったことを、歯噛みしながら言う。
今回の実験では、仮に実験が上手くいかなかった場合でも、即座に対応できる準備を行いたい。
予め鎖などで縛っておくか、無力化するためのガス類を用意できないか確認してみる。

成功確率などの小難しいことは分からないが、前回は単純に自分の気合が足りなかっただけ。
自分の肉体を自分で抑えられないなんて言う、格好のつかない状況はもう真っ平御免と考えている。
姿形が変わろうとも、自分が獅子獣人であるということを忘れず、自我を保つ。
意思を無視して、自分を乗っ取ろうとするモノを抑えつけるかのように、高らかに咆哮をあげる。

「任せてくれ。二度と無様な真似はしねぇ」
「ゥォォォオオオオオオオオオッッ!!!」
「…………良し」


(596字)


「良し‥‥変身完了‥‥だ‥‥」


WEAで最初のアウトキャスト・インセクターになれたようです。
インセクタータイプの『漆黒のヘラクレス』ということで、胸角による攻撃なんかもできてしまうのでしょうか。
成功したのは嬉しいですが、バンクル頼りの戦闘力強化は本当にピンチの時だけ使っていければ良いかな、と思っています。
変身時間には限界があるようですし、今後も継続して地力を上げていきたいですね。


【番組予定表】(自分用メモ)

・05日(欧州):幻想寓話or二人組依頼
・10日(欧州):世界祝祭奇祭探訪録
・13?(中東):地下遺跡発掘再開
・15?(欧州):楽士たちの歌・第3楽章
・上〜中旬(中東):リバーススフィア関係

過去ログ 2005年09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年04月 
2015年01月