ネコハコセーブポイント【極】

■2006年10月31日(火)  Happy Halloween!
■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】

新井キリト絵師にお願いしてあった、リタのSDイラストが納品されました。

ブラックマジシャン・ガール

イラストマスター有志による、ハロウィン企画「南瓜行列SDイラスト」に参加させてもらっていました。
コスチュームはごく真っ当に、と言うかワルプルギスを冠するPCであれば、まず最初に頼んでおくべきだった黒ローブに三角帽子、木の杖という魔女ルックです。
もうなでなでしてやりたいくらい可愛い!他の子たちもみんな可愛い!
バストアップではなく、SDで行ったところがこの企画の成功要因だと思っています。
ちんまりした子たちが、思い思いに仮装をしている様子は、非常に心が癒されますよ。

新井絵師にはまたまた感謝をば。
いつかノーマルのSDイラストもお願いしてみようかなあと思っています。
イラスト関係では、看板絵とアイコンのリクエストが不受理という悲しい結果に。
様子を見つつ、またお願いしてみる予定ですが、ゴーストタウンのカットイン用ピンナップなんかが対応になれば、そちらを頼んでしまうかも……。
いやむしろアイコンが先だろ……いやしかし……。

タイミングを間違えないようにしないといけません。

============================================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注した旗村はかいに、
著作権は新井キリトに、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
============================================================

■2006年10月30日(月)  勝鬨をあげよ

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【鷹見沢桐】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【【金山迷動】 上野に暮らせば 〜神無月】

コミアキMSの金山迷動シナリオの報告書が上がっています。
桐はいつも通り、竹之屋の一員として「【金山迷動】 上野に暮らせば 〜神無月」に参加していました。

今回の金山は4シナリオ通して、野盗討伐ムードがむんむん。
ショートはほぼそれ専用、自警団、義侠塾はまだしも、竹之屋までが関わることになった、ある意味金山合戦シナリオです。
京都にいた頃は戦ってばかりだった桐ですが、江戸に来てからは竹之屋オンリーなので、どんな戦闘スタイルだったかすっかり忘れていたり。
改めてデータを見たら、そこそこ戦えるスキルを持っていて、自分のPCながら驚きです。

とは言っても、真っ向から戦うのは他の方々に任せ、竹之屋はあくまで後方支援。
たとえ場所が戦場であろうとも、恒例の季節のメニューを提供しておりました。
桐は給仕として働いておりましたが、やっぱり調理・家事系スキルのある方々をどうしても羨ましく見てしまいますね。
なんと言うのか、バンビーノで伴が接客の仕事にやり甲斐を見つけながらも、やっぱり厨房に戻りたいぜ的なアレですよアレ。
分かり辛い?……すいまっしぇん……。茶道を早く専門まで上げなくっちゃ。

30名超が参加することになった討伐は、もう後が無いということもあってか、最初の勢いのまま上手く流れに乗って勝利をおさめることができました。
みんなお疲れ様でした!

■2006年10月28日(土)  医者はどこだ

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【カルナックス・レイヴ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【謎の座礁〜エーロン治療院の調査 】

カルナックスが参加していた「謎の座礁〜エーロン治療院の調査」の報告書が上がっています。

前回の開設依頼には参加できなかったカル君ですが、今回からご厄介になることになったエーロン王子の治療院シナリオ。
その最初のお仕事は、食中毒と思しき現象が発生した座礁船を調査せよ!というミッションでした。
別の結婚式シナリオとも連動しているので、そちらに対する影響も考えなくてはならず、なかなか悩み所の多い依頼だったと思います。

カルナックスはねずみ退治他、魔法を使ってできることをやろうとしたのですが、それ程効果は上げられなかったようですね。
この辺りは自分でもちょっとツッコミ不足だと感じていたので、妥当な判定だと感じています。
ピュアリファイも覚え、使えそうな技は幾つか有していますので、今後はもう少し上手くそれらを使いこなしていきたいです。
ちなみに今回の騒動の原因は、卵でした。
サルモネラは美味しんぼの43巻で、山岡さんが死にそうになった話のインパクトが強く、私の中では超ヤバイ菌というイメージですが、実際にはそうでもないようです。


そして、私はあまり誤字脱字は気にしない性質なのですが……

カルナックス媒介にした病の浸透を危惧していた。

次回あたりからエンガチョされそうな雰囲気です。



また今回の結果で称号が変更、ルーケイ伯与力の男爵→エーロン治療院所属治療師に。
先の招賢令の際に話していた通り、爵位を返上させて頂きました。
とは言え、ルーケイシナリオには必要とされれば参加させてもらうこともあるでしょうし、今までもそれほど役に立つ男爵ではなかったので、大きく変わったわけでもありませんが。
エーロン王子の「今までの仲間たちとの関係がこじれないようにしてくれ」と言うのは、おそらくマレーアMSの言葉なのでしょう。
多分、私が返上返上うるさいので、ルーケイ関係者と何かあったのではないかと思われているのかも知れません。
全くそんなことはありませんので、ご心配なさらずに頂ければ幸いです。

カルナックスの次の予定は「マリーネ姫と王国の試練3」になるかと。
コミックはどうしようかなあ……。

■2006年10月27日(金)  再び出会えた喜びと共に

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【世界祭探訪録 秋の特番】

ハツ子が参加していた、風華MSの「世界祭探訪録 秋の特番」のVTRが流れています。

春の特番に引き続き、二度目となる世界祝祭奇祭探訪録の再会スペシャルでした。
ハツ子は以前参加したかったのに、スケジュール的に参加できなかったスペインのブニョルへと足を運ぶことに。
ブニョルについても調べてみたのですが、出てくる情報のほぼ全てがトマティーナに関するものばかりで、素のブニョルがどんな町なのかなかなかイメージし辛かったですね。
それでもしつこく検索していたら、普段のブニョルを撮ったと思われる画像を発見したのですが、当たり前のことですが普通の田舎町なので……なにもない……。

結局、トマト繋がりで(別にブニョルはトマトの名産地でもなんでもないそうですが)、ブラッディマリーとトマトジュースを作らせて貰いました。
トマトベースのカクテルは私自身も大好きで、最近はレッドバードばかり頼んでいる気がします。


■プレイング晒し

ブニョルのアルバ家を訪れます。

バレンシアは、以前サン・ホセの火祭りの時に来たことがあります。
その名前から最初に思い浮かべてしまうのは、やはりオレンジ。
ブニョルへと向かう途中で、オレンジ畑は見られないかチェックしてみます。
ただ、ブニョルまで来ると、いかにもな田舎町の様子を見せるのでしょうか。
トマティーナ開催時期とはまた違った、普段のブニョルをレポートしたいと思います。
いつも通り、アルバさんご一家に挨拶を。二度目の方々を優先して前へ出し、再会を演出。

シーズンが過ぎてやや寂しくもあり、また地元の人にとってはそれが普通である町を探索。
どんなものがあるのかと、旅行モノとしてはお約束である地元の市場チェックなども同時に。
もてなされるばかりじゃいられない!と、今回は自分達がご一家に料理を振る舞う予定です。
例によって凝ったものは出来ないので、自分はブラッディマリーを食前酒として用意。
トマティーナだけに、やっぱり新鮮なトマトを使ったカクテルが一番だと思っています。
それ以外にも何か注文があれば、なんちゃってバーテンダーとしてシェイカーをしゃかしゃか。
子供たちには、トマトをメインに色々混ぜた野菜ジュースを無理矢理飲ませておきます。

今後の希望取材先は、スペイン、セビーリャの「春祭り」です。
ふりふりスカートでフラメンコを踊りたいなと思っています。

「聞けば聞くほど楽しそうなお祭りね。私も参加すれば良かったわ」


(600字)


ヴェネチア班も楽しくやっていたようで、今回も、歌に料理にのんびりと過ごすことができたのではないでしょうか。

また、風華MSから探訪録の行き先希望も聞かれていましたので、セビーリャの春祭りを希望しておきました。
欧州以外も込みなら、雛見沢の綿流しのような陰性のお祭に参加してみたかったのですが……。
他のMSも巻き込んで、各MSの出身地のお祭を一斉に紹介する「世界祝祭奇祭探訪録 日本SP」なんかも面白いかも知れません。

ハツ子の今後の予定は、二人組の「フィルム・テスト(仮)」を軸に。
後はそれと重ならないように、欧州中心で演劇・ドラマ依頼に入ってみようと考えています。

■2006年10月26日(木)  明らかにレベル1の面構えじゃない

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【マフマッド・ラール・ラール】

メイディアに新キャラクターを投入しました。

またインドか


鎌塚典絵師にバストアップを、展心三文絵師にアイコンをそれぞれ描いて頂きました。何度見てもイカすイラストです。
外見イメージとしてはインドの王侯貴族。実際にはただの鎧騎士ですが。
ウィルでは割とみんな民衆のこととかしっかり考えていましたが、貴族や騎士ってそういう奴ばかりでもないだろう、ということで生み出したのがコイツです。
悪い奴ではありませんが(生業は悪漢ですが)、取り立てて良い奴でもないという、普通さを前面に出していけたらなあと考えています。

設定1:育ちのよさそうな顔立ち
設定2:偉そうに見える
設定3:ナルシストである
設定4:高飛車で高笑いが似合う

ちなみに各種設定はこんな感じになっております。
スキルは今までどのPCでもチャレンジしたことのなかった、万能系を上げてみようかと思い立ち「貴族万能」にSPをぶちこんでいます。
その割にはまだ初級で、改めて万能スキルの手強さを感じていたり。


はんた。MSの「突き立てるは、希望の剣」シナリオに入ってみました。
同じ依頼に参加される方々、どうぞ宜しくお願い致します。
参加枠がまだ空いているので、ご協力してくださる方もお待ちしていますよ〜。

■2006年10月25日(水)  兎追いし路地裏

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】
■担当マスター【空白革命】
■参加シナリオ【失墜の英雄 ウサミミライダー!!】

リタが参加していた、空白マスターの「失墜の英雄 ウサミミライダー!!」のリプレイが公開されています。

性格および設定上、あまり重々しいシナリオには参加し辛いリタにとって、多少変なことやっても、ノリでなんとかできそうなこの手のシナリオは助かります。
ピンクの全身スーツにウサミミという、街のヒーロー、ウサミミライダーを倒そうという依頼でした。
ウサミミりっちゃん参上! なんとかなるよっ、いえーい☆

件のリビングデッド、ウサミミライダーは女の子がピンチになると現れる、ということで、リタは囮の女の子役をやらせて頂きました。
金を要求する不良役の方々にむしきんぐカード(レア)を差し出し、許しを願うという本当にどうでもいい動きを見せつつ、うさみみさん待ち。そして出現。
出てきたライダーに、ファイト一発スマッシュEXを放つものの、ギリギリで避けられてしまいました。
その後は追跡&待ち伏せにより、ウサミミを追い掛け回し撃退に成功!
なんだか最後の方は、ウサミミライダーが可哀想になりましたが、とにかく怪我人を出すことも無くしとめる事ができ、ほっと一安心ですよ。

空白マスターもキャラクターをイキイキと描写される方で、読んでいて非常に楽しいリプレイでした。
今回の結果でリタがレベル13に。今まで装備できなかったアイテムをくっつけて、少しだけパワーアップ。
幸運度をMAXにしたら、また次の依頼を狙ってみようと思います。


【冒険結果】成功!
重傷者&死亡者なし
獲得EXP:167
獲得詠唱銀:334

獲得詠唱兵器
▼武術短棍(レベル14)強靭
▼燕刃刀(レベル11)改造
▼美少年フィギュア(レベル14)
▼武装ジャケット(レベル14)
▼花束(レベル14)
▼鎖剣(レベル12)壮麗
▼ステージ衣装(レベル11)


■2006年10月24日(火)  ダンジョンエクスプローラー

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】

シルバーレインで、ゴーストタウンが実装されました。

最初のシナリオは「アザレア国際交流センター」です。
三浦半島の海岸にある、廃墟となった研修施設兼宿泊施設がその舞台となっております。
最近、廃墟巡りがブームらしいですが、何を隠そう私もそのひとりで全国廃墟写真集的なものを何冊も持っていたり。
実際に出向いたことはほとんどありませんが、あの打ち捨てられたセピアの世界に何故こうも人は心を揺さぶられるのでしょうか。
ただ、中には勝手に私有地に立ち入ったりする、マナーを守らない廃墟巡り人たちも多くいるらしく、そういう人達はアリイノシシに突き上げられても知りませんよ。


話がそれましたが、ゴーストタウンです。ゴーストタウン。
何周かしてみましたが、やはり最初のシナリオということで難易度はかなり低いですね。
クリアできない、という人はまずいないと思われます。各種ギミックについても「謎」という程のレベルではなく、ファーストダンジョンらしさが存分に出ています。
個人的に一番の注目点だった、イグニッションカードとの融合も自然で、カード持ちの方を仲間に加えると、その華やかさから絶対に頼みたくなるというシロモノです。
アイコンも豊富に持っている方だとコロコロと表情が変わって、これまた揃えたくなる作りに。
また、既に持っている方でも、ユニットイラストとして頻繁に出てくるものですから、二枚目三枚目と頼みたくなってしまうかも知れませんね。
この辺りドラゴンズゲート以上にこちらの購買意欲をそそる、実に上手い作りだなあと感心させられました。


リタはいたってノーマルな前衛キャラクターとしてカスタマイズしてあります。
近寄っていって攻撃、という単純なことしかできませんが、そこそこ打たれ強いので、最後まで元気に戦ってくれるはずです。
気魄系の戦士で迷っていたら、是非連れて行ってもらえると嬉しいです。
お土産は不要ですが、高レベルハンマーを探していますので、もし不要な方がいれば譲って頂けると有難いですね。よろぴく。

■2006年10月23日(月)  まさお、Jリーグカレーよ

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】
■担当マスター【龍河流】
■参加シナリオ【後輩育成〜先生募集】

東京国際映画祭が開催されていますね。ビーストナイトでも映画祭シナリオ群のような形で、どかっと役者から裏方まで募集の依頼が出ないかなあと期待。
そんな中、敷島が参加していた、龍河MSの「後輩育成〜先生募集」のVTRが流れています。

「後輩育成」シナリオ自体は久しぶりの登場でしたが、基本はいつものカルア・ミンジャルなので、集まったメンバーも普段通りの中東の方々。
いつも通り集まって、いつも通り詰めた話し合いをせず、いつも通り各人が個性を活かした行動を取って、すったもんだはあるものの特に大きな問題もなく終わる。

中東居心地良すぎ。

話し合いが必要な時は最低限の意見交換はするものの、そうでない場合は個人個人が最適と思われる行動を取るだけ。超クール。
絶対的にPC数が少ないことから生まれる微妙な連帯感と、干渉せずとも仕事はやってくれるだろうという信頼感。
私が勝手に幻想を抱いているだけかも知れませんが、アフリカ・中東にはそういう常連だけが集うバー的雰囲気があり、依頼数が少なくても平気なんだからねっ!

うそです。もっと中東でシナリオ出してください。


■プレイング晒し

教師役として若者達を導く。
気分はGTO(グレートティーチャーオルトロス)

伊達眼鏡をかけ、スーツをびしっと着こなし、奨学生たちの前へ。
自分達8人を呼ぶために、依頼人が支払わなければならない金額は最低40万円。
あくまで「最低」であり、それ以上の金額が動くことを最初に学生陣に伝える。
これは奨学生たちに問題が無ければ、使う必要のなかった金であることも説明。
他人に迷惑をかけることも結構、自分の好きなようにやるのも結構。
だがそれらは、必ず誰かに不利益をもたらしているものなのだと、身体に覚えこませたい。

「他人に迷惑をかけると自分が損をする」というのを体感的に学習させる。
他人への迷惑行為は、金でしか解決できないことが往々にしてあることを分からせるべく行動。
個々の困った行為やクセを指摘し、それを一回やるごとにワンコイン徴収というルールを作成。
用意した貯金箱に振り込ませ、おそらくそれほど金もないだろう彼等に、危機感をもたせる。

徴収する際は、万が一それが事故や裁判沙汰に繋がっていたら、こんなもんじゃ済まなかった事を指摘。
「この程度で済んで良かったな」と、ニヤニヤ笑って見せる。
逆に丸一日、奨学生全員が悪癖を出さなかった場合、その日は自分が懐から紙幣を出すことを約束。
彼等の連帯感が強まることを期待している。

集まった金は、最後にバーッと宴会をやるための費用に。
「まァ、今回は特別サービスしといてやるわ」

(596字)


敷島はワケ分からんルールを勝手に作ったり、カレー作ったり、カレー作ったりしていました。
こいつのカレー設定はイベントでもシナリオでも意外と使える場面が多く、500円払った甲斐があるというものです。

シナリオ参加システムが変更されたので、中東以外の地域で良さそうな依頼があった場合はお邪魔させてもらおうと思っています。
もうちょっとで「有名」になれるので、アイコンでも頼んでみるかも知れません。
最近ではどうもハツ子>敷島な活動具合になってしまっていますが、ライオン丸ももっと強くしたいのは確かですので、こまめなシナリオチェックをしていきたいですね。


お菓子の国のアリスは見送りかなあ。
シルバーレインで看板イラストをリクエスト中、かつハツ子でグループピンナップを頼もうと思っているので、あんまり余裕が無いのじゃよ。

■2006年10月21日(土)  気になるあの娘の恋愛事情

■バトン【自PCで恋愛ゲー!?バトン】

八卦さんと風鳥さんから頂いた、「自PCで恋愛ゲー!?バトン」をやってみます。
せっかくですので、オリエ、ハツ子、リタの3人で。
回答者はPCではなく、私(旗村)になっております。


1)自PCで恋愛ゲー!?バトンでは、攻略される側ですがOK?
オーケー。

2)自PCで恋愛ゲー!?での登場シーン(希望)をどうぞ。

一周目では敵として登場するので、攻略はできません。おそらく勝つことも難しいでしょう。
二周目以降も敵として登場しますが、一周目のデータを引き継いだ君なら今度は勝てるハズです!
さくっと勝利してオリエルートに進もう。


カレー屋で遭遇します。


テニス部に所属すれば4月から、そうでない場合でも街中でゴールデンウィークまでにはエンカウントします。

3)自PCで恋愛ゲー!?でのキャラ特性をどうぞ。

ラスボス・幼馴染・お嬢様


芸能人・強気・弱気


留学生・友人・のんびり

4)自PCで恋愛ゲー!?でのツンデレ%を、オリジナルスパイスを加えて現して下さい。

いちご100%


ツン50% デレ50% 


ターメリック30% パプリカ10% ブラックペッパー10% チリ10% ジンジャー20% ベイリーフ20%

5)自PCで恋愛ゲー!?での強気特性をどうぞ。
ごめんなさい、意味が分かりませんでした。

6)自PCで恋愛ゲー!?での好感度上昇の仕方についてどうぞ。

脅威度Sランクの敵を倒すと上昇。戦闘に負けても減りませんが、逃げると大幅に減少します。


魅力の値を上げて、会話を繰り返せば少しずつ上昇していきます。


完全ランダムなので、良い値が出るまでセーブ&ロードを繰り返しましょう。

7)自PCで恋愛ゲー!?での好みのタイプについてどうぞ。


強者。


面食いなのでとにかく格好良い人。優しい人。


17時間ごとにタイプチェンジの魔法を使ってくるので、調査系の魔術でチェックが必要です。

8)自PCで恋愛ゲー!?でのPCのツボ(萌えシチュ)についてどうぞ。


敵味方に分かれていた者が、より強大な共通の敵を前に共闘。そして勝利。


夜は結構すごい。


普段はあんぽんたんだが、皆が意気消沈している場面でマトモな事を言い放つ。

9)自PCで恋愛ゲー!?での(トゥルー?)エンドについてどうぞ。

手に手を取り合って、また別の世界へと旅立っていく。
「僕達の戦いはこれからだ!」


結婚式エンド。


インドと日本が浮上し、天空で合体する。

10)自PCで恋愛ゲー!?バトンを渡したいPCを5人どうぞ。
回しませんので、やりたい方がいればご遠慮なくどうぞ。

|||||
コメント
  • きうい@中東、ウィル(2006/10/24 06:56)
    朝っぱらからものすごく笑わせていただきました。ツンデレ質問は3人いるとそういう合わせ技ができるんですね。 オリエさん強くてニューゲームがあるのはなぜですか。夜は結構すごい前歯の人はドキドキものです。 インドをうかべちゃらめぇ!!!   どこからつっこんだらいいのかわかりませんが突っ込みたいという欲求だけは(性的な意味ではなく)生まれたのでコメントしました。うわ、これはいいものだ。
  • 旗村はかい(2006/10/25 )
    意外に広まってますよね、このバトン。私も皆様方の結果を読ませてもらっては、なんとはなしにニヤニヤしております。

■2006年10月20日(金)  悪人一回休みの理由

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【聰暁竜】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【【目指す光の】 常陸に黄泉路を抜けて行き】

暁竜が参加していた、コミアキMSの「【目指す光の】 常陸に黄泉路を抜けて行き」の報告書が上がっています。

対応レベル帯が11〜17、冒険期間が2週間という修行を積むには絶好の依頼だったのでダイブ。
金山依頼とはギリギリ被るかどうかのスケジュールでしたので思い切って賭けに出ましたが、ものの見事に被ってしまいました。
ただ「目指す光の」依頼は一度お邪魔したいと思っていた依頼のひとつなので、悔いはありません。

今回は水戸光圀の下命で、水戸北西部を調査するというシナリオでした。
水戸はやなぎMSがロシアへと行かれてしまったので、しばらく放置されるものだとばかり思っていましたが、黄泉人ネタはまだ続くと考えておいた方が良いのでしょうか。
割とフリーアタック気味のシナリオでしたので、ちょっと捻ったプレイングをかけて見せ場をゲットしようかと考えていましたが、締め切り間際になっても何も思い浮かばず。
結局暁竜は「みんなに付いて行き、敵がいたら戦う」という、プレイング公開時期が早く過ぎ去ってくれ、と願わずにはいられない行動を取っておりました。


特に戦闘にはならないんじゃないかと甘い事も考えていましたが、予想以上にエンカウント率が高く、餓鬼、ポルターガイスト、死霊侍などバラエティに富んだ敵と遭遇。
ずっと刀を振り回していましたが、なんというか、もう少し攻めのパターンを増やしたいところです。
高レベル依頼では毎回感じていますが、通常攻撃が通用しない相手だと、途端にやることがなくなるのが暁竜なので、COなりオーラ魔法なりを早めに追加で覚えさせたい……ッ!

特に問題もおこさず調査活動は終了。次の依頼へ繋がるヒキも見せましたので、また機会があればお邪魔させてもらいたいと思っています。

■2006年10月19日(木)  てきとうインドびと

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】
■バトン【銀雨舞台裏『実は…』30問バトン】

田吾作どんから回ってきた、シルバーレインのバトンにリタが答えます。
やや長め。

Q1.名前・性別・学年組は?
「リタ・ワルプルギスですわ。2年8組に所属している女子ですのよ」

Q2.本業・バイトは?
「本業は学生さんですの。ばいと?あるばいとさんじゃないですわ!こう見えて店長さんですのよ」

Q3.誕生日・星座・血液型は?
「8月20日生まれのしし座ですわ。血液型は調べたことがないので分かりませんのよ」

Q4.大まかにキャラの性格を説明して下さい。
「もゆーんとした感じですわ!もゆーん!もゆもゆーん!」

Q5.この先はいよいよキャラの深層意識が暴かれます。覚悟はOK?
「ばっちこーい!ですわよ」

Q6.名前の由来は?
「お父様がつけてくださったのですわ」

Q7.実は他に名前候補とかありました?
「わたくしは漢字のおなまえが良かったですわね。エキセントリックで」

Q8.今のジョブを選んだ理由は?
「ぞんびさんハンターはスマッシュが使えるのが魅力なんですのよ?」

Q9.実はあのジョブに変えたい、憧れてる…等は?
「ありませんわ」

Q10.誕生日や血液型の設定に関する『実は〜』?
「ありませんわ」

Q11.性格にまつわる裏事情についてどうぞ。
「もゆもゆーん!」

Q12.実は結社トークでこんな設定が追加された、等は?
「クロとフュージョンすると、超クリロタエ人になる」(うそです)

Q13.実はこんな行動をとりたい、等は?
「たまには、みなさんのようにぼけてみたいですわ!」

Q14.実はあの時のRP(発言)はミスった…等、後悔していることは?
「うしろは振り向きませんわ」

Q15.実は自分のRPには、こんなポリシーが…。
「自分で自分に枷をはめるようなことは致しませんわ!」

Q16.実は好みのタイプはこんな人…。
「ジョン・マッケンロー」

Q17.実は愛用武器にはこんな裏事情が…。
「愛用のラケットさんは、まだお国から送られて来ないのですわ」

Q18.実はこんな結社を作ってみたい…。
「スポーツ用品店のような結社を作ってみたいですわ!」

Q19.他に「生まれ」や「一般技能」等の初期設定の『実は〜』?
「インドからやってきましたのよ」

Q20.残り10問です。もう疲れた軟弱者はここでリタイアしちゃえば?
「いやですわいやですわ!まだまだ答えますのよ」

Q21.じ、実は…〜さんのことが好きなのっ!(胸キュン☆)
「ジョン・マッケンロー」

Q22.実は「この人面白い♪」と思っている人は?
「ジョン・マッケンロー」

Q23.実は「この人尊敬(感謝・信頼etc)してる」人は?
「ジョン・マッケンロー」

Q24.他に深層意識では〜…な人は?
「いませんわ」

Q25.いつかはあの感情を使ってみたい、というのは何?
「ライバルさんが欲しいですわ!」

Q26.存在しないけど、こんな感情作りたい…等は?
「●●●●●●●●」(検閲済)

Q27.実はこんなBU・IC・ピン等を頼みたい、というのは?
「ラケットを持っているところ、ですわね」

Q28.実は将来的にはこうなりたい目標は?
「もちろん4大大会優勝ですわ」

Q29.ラストスパートです。自由に「実は…」な話をどうぞ。
「実は学校のおべんきょうが難しくて、全然分かりませんのよ」

Q30.お疲れ様でした。最後に30問答え終えた感想をどうぞ。
「お腹がすきましたわ!」

Q31.……実は31問目まであったり(笑)。次にバトンを渡す5名は?
「困りましたわ困りましたわ!じゃあ全部、クロのロッカーに入れておきますわね!」

■2006年10月18日(水)  ここからふたりで

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【幻想寓話〜リャナンシー】

ハツ子が参加していた、風華MSの「幻想寓話〜リャナンシー」のVTRが流れています。

ついに幻想寓話がゴールデンタイムに登場!それに合わせて対応レベルは、芸能5レベル以上!そしてEX!
しかも今回の内容はハツ子が前回提案したリャナンシー!そんなハツ子にとっても、記念すべき40個目の依頼!しかもオープニングがいやーん!
そんな感嘆符いっぱいな依頼でしたが、当然のことながら相談自体はいつもと同じまったり風味で、アテナエクスクラメーションが発動したりという事態にはなりませんでした。

ハツ子はアイちゃんと共に、リャナンシーをやらせて頂きました。
かなり好き勝手に表現してしまってスミマセン。のびのびやらせてもらったので、私自身は全て出し切った感でスッキリしております。


■プレイング晒し

リャナン・シー役として参加します。

湖のほとりで、若き音楽家ルークの前に現れます。
薄絹一枚纏った姿で、お互いにしばらく見つめ合うような感じでしょうか。
やがてルークの方に片手を差し出し、「自分をここから連れ出して」と優雅に、艶然と微笑みます。
名前を問われても答えず、逆にルークに名前を付けて欲しいと要求。
彼が名付けてくれた「エヴァ」という名が気に入り、以後その名を名乗ることになります。

常に笑顔でルークの横に並び、傍目には理想の恋人のように振舞います。
何処からか用意した最新のファッションに身を纏い、ルークにも同様に服や靴をプレゼント。
その腕を取ってあちこち連れ回しますが、その行き先は決まって風光明媚な場所ばかり。
料理を作る際に口ずさむ鼻歌も、どことなく異国を思わせるような独特のメロディーです。
そうした大小様々な刺激の積み重ねによって、ルークにインスピレーションを沸かせます。
日々の経過と共に、名声を得ると同時にやつれていく彼の様子を見ても、あくまで自然な笑顔で。
変化を見せるルークに対して、出会った時と何も変わらないエヴァの不気味さを表現。
ルークの死の間際まで、彼に才能を与え続け、その死と同時にふっといなくなります。

フィルゲンさんに対しては、静かに怒っていたり。
仕事に支障をきたすようなことはしませんが、ちょっとだけチクチク。
「ねえレオン監督……撮影の時って別に脚本家はいらないんじゃない?」


(598字)


EXだけあってドラマ部分も、それ以外の部分もボリュームたっぷりでしたね。
ドラマのラストもすごく余韻を残す終わり方で、これなら視聴率もバッチリ!……だと良いなあ。
たぶん「14才の母」よりは面白いドラマになったんじゃないかと思いますが、どうだろうどうかしら?(知りません)

最後の最後になかなか素敵なコトになりましたが、うまくまとまらないので、こちらについては追々。


それからkgr絵師にお願いしてあった、ハツ子のカウガールイラストが納品されています。

星型バッジのおかげでどことなく西部劇の保安官風になっており、なかなか格好良いですよ!
挑戦的な瞳と愛嬌のある口元も素晴らしく、ウエストアップ絵の魅力が十二分に発揮されたイラストに感じました。
kgr絵師、本当にありがとうございました。今度はピンナップ系も狙ってみようかな。



イラスト繋がりの話題として、シルバーレインの方ではイグニッションカードが注文できるようになりましたね。
早速リタで新井絵師にリクエストを出してみたところ、すぐに受理して頂きました。
今回の衣装は、オリエの全身図で使おうと温めておいた『聖騎士』スタイルだったり。
完成がすごくすごーく楽しみです。魔女っ子SDイラストと共に、ゆっくり待たせて頂こうと思います。

■2006年10月16日(月)  ビーストナイトに「PC&NPCツインピンナップ」を望む会

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】

「ビーストナイトでも『PC&NPCツインピンナップ』に対応してちょ」
と、12日の真夜中に要望を出しておいたところ、その日の朝に返事がきていてびっくり。
「ゲストキャラクターから一般PCに交友申請を送ることができる」というバグについての報告メールを送った時も同様でしたし、以前に比べるとレスポンスが良くなっている気が。
各種対応が早いのは非常に有難いですので、テラネッツのスタッフにはこのまま頑張って欲しいですね。

で、ツインピンナップの返答。


いつもオーダーメイドCOMをご利用頂き、誠にありがとうございます。株式会社テラネッツです。

この度は、BNOの「PC&NPCツインピンナップ」に関しまして、お客様からの貴重なご意見をお寄せ頂いております。

こちらにつきましては、現在準備中となっております。
お待たせ致しまして誠に申し訳ございませんが、対応までお待ちくださいますよう宜しくお願いいたします。

貴重なご意見、ありがとうございました。今後も何かお気づきの点がございましたら、ご意見をお寄せ下さい。

今後とも、オーダーメイドCOMをどうぞよろしくお願いします。



との事です。
NPCが絡むとイロイロ難しいのは承知しておりますので、ゆっくり待たせて頂きます。
まあ、需要がある商品かと言われれば、今ひとつな気がしないでもないですしね。
とりあえず実装されれば、間違いなく注文する人間がここにいることだけ覚えていてもらえれば、それで構いません……。

■2006年10月15日(日)  盛者必衰の理

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【小田切さほ 】
■参加シナリオ【黒魔術幻戯】

ハツ子が参加していた小田切MSの「黒魔術幻戯」のVTRが流れています。

以前参加したバトルロイヤル金太郎が面白かったので、再びお邪魔してみた小田切MSの演劇依頼。
スケジュールの兼ね合いから、ハツ子はなかなかヨーロッパを離れられないのですが、最近ではいろんなMSが欧州でも依頼を出して下さり、非常に助かっています。
舞台内容は、どろどろどろり濃厚な王国陰謀モノ。ハツ子は凋落した寵姫役として参加させてもらいました。
今回の様に脇に回った時の楽しさは、やはりどういう演出をするか、いかに主役陣を引き立てるべく立ち回れるか、だと思っています。
逆に話のメインを張る役柄を任された時は、割とやることたくさんなので、その中で、いかに自分らしさを出せるかを考える作業が非常に楽しいですね。


■プレイング晒し

かつての寵姫モルガン役として参加。

フレイラがやって来る前は、国王第一の愛人として取り立てられていた女性です。
聡明な貴婦人として、「白薔薇の姫君」ともてはやされていたのも昔の話。
王の寵愛の全てをフレイラに奪われ、すっかり落ちぶれています。
実は、フレイラ同様、悪魔マルドロールと過去に取引したことがあり、それが元で全てを失っています。
願った王の寵愛は得られなかったばかりか、財も友人も美貌も無くし散々な目に。

育てた花を売り、細々と日々を生きる中で、フレイラの傍に悪魔がいるのを見つけてしまいます。
今ではフレイラに対する妬みや憎しみも無く、ただ彼女に悪魔の危険性を忠告しに。
ですが立場や薄汚れた身なりから、まともに取り合ってもらえないような感じでしょうか。
話が聞き入れられず、悲痛な面持ちでフレイラの姿をただ眺めるだけ。

演出としては、庭で僅かに育てている売り物の薔薇を、鋏で切り落とすごとにフレイラが堕ちていく――
みたいなものを想定しています。
フレイラが取引をするたびに、「ぱちん」と鋏が鳴り、薔薇が落ちるようなイメージ。

フレイラが破滅を迎えた後、誰にともなく問い掛けます。
本当に恐ろしいのは悪魔なのか、それとも際限の無い人間の欲望なのかということを。
そして再び、籠に入れた花を持ち、とぼとぼと売りに出かけます。
籠の中には、いつもの白い薔薇に混じり、フレイラを思わせる赤い薔薇がひとつだけ入っています。

(598字)


冒頭とラストでの語り、そして序盤での悪魔マルドロールとの再会シーンと、要所で上手い具合に使って頂き、小田切MSには感謝しております。
前回の金太郎の時も感じたのですが、小田切MSはこちらの取った行動を活かしつつ、それを綺麗にデコレーションしてくださる方だなあ、と。
予定表ではこの後アジアでの依頼を出されるそうですが、前述した通り欧州を離れられない状況なので、次にお世話になるのは当分先のことになってしまうでしょうか。


ハツ子のこの後の予定は――

・10〜15日:「幻想寓話〜リャナンシー」
・19〜24日:「世界祭探訪録 秋の特番」
・26?〜?日:「楽士たちの歌・最終楽章」

となっています。楽士最終回が終わったら、またしばらくウロウロしてみようかなあ。

■2006年10月14日(土)  東へ

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】

アトランティスに新エリアが追加されましたね。
とりあえずウィルにいる4人の内、カルナックスとオリエは問答無用で待機、いざという時の助っ人として阿武隈も残しつつ、メリーアンを東方に送り込むことに。
片道の月道代はなんとか確保しているので、ばびゅんとワープしてきます。と言うか、これを書いている段階で既に手続きは完了しております。

23日よりシナリオ公開らしいですが、一番楽しみかつ心配しているのが、純戦闘依頼の扱いですね。
酒場の移動予定者卓を見た限りでは、ウィルからメイへ移動を考えている方の多くが、もっと冒険&戦闘を望んでいるような感じを受けました。
凶獣やカオスニアンとの激烈バトルは私も少なからず期待しているので、その辺りの心情は良く分かるのですが、実はなかなか難しい部分もあるのではないかと考えています。

と言うのもアトランティスの依頼は、オールレベルフリー。
超強敵が登場するシナリオを出したとしても、大袈裟に言えば低レベルの冒険者しか集まらない、という可能性も十分にあるんですよね。
そういった場合に、MSとしてはどういう判定を下すのか?戦力が足りないと判断された場合、全く太刀打ち出来ずに失敗してしまうのか。
または高レベル冒険者達の中に、一人低レベルの冒険者が紛れた場合、その人は単なる足手纏いで終わってしまうのか。
更に言えば、「強敵が出るシナリオには、○レベル以下のPCは参加するな」と言うような、暗黙の了解がPL間で出来てしまう可能性はないか。

ウィルで戦闘系の依頼がなかなか出ないのも、その辺りの問題が根底にあるのではないかと睨んでいますが、メイではどんな感じでその手の問題に対応するのでしょうか。
経験を積んだMSならば、シナリオ作成時に複数の逃げ道を作ることができますし、仮に戦わずとも大丈夫な面白展開に持っていくことができるのでしょうが……。
メイMS陣、並びに三ノ字SDの手腕に期待しております。


後はやはり月道以外のウィル⇔メイディアの移動手段を用意して欲しいところですね。
折角ウィル以外に遊びの場が増えたのですから、プレイヤーが好きな時に遊びやすい方へ行ける環境は必要ではないでしょうか。
良い意味で、マレーアチームと東方チームが切磋琢磨し、「どっちの地域も面白そうなんだけど、どうしようかなあ?」と私達を迷わせてくれることを望んでいます。

■2006年10月13日(金)  獅子搏兎

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】
■担当マスター【雪端為成】
■参加シナリオ【中米の密林にて】

敷島が参加していた、雪端MSの「中米の密林にて」のVTRが流れています。

雪端MSが描いてくださる敷島が大好きなので、依頼の方は割と狙っていたのですが、タイミングが合わずにずるずると。
出される依頼のほとんどが地域、シナリオ傾向、時期と3拍子揃って敷島の都合と合わず、もやもやしていたのですが、今回は単発のNW依頼がうまくスケジュールの狭間に登場!
中東を一時離れ、チチェン・イツァまでかっ飛んで行きました。

私の中のものすごい勝手なイメージでは、中東・アフリカ系の遺跡は属性的に「呪い」ではないかと思っています。得体の知れない災いが降りかかりそうなのが、こっちかと。
一方で、今回のような中南米の遺跡に対する属性イメージは「毒」だったり。
なんとなく毒蜘蛛、毒蛇、毒矢のトラップなど、毒々しいイメージをこちらの遺跡に対して勝手に抱いております。
そんなわけで出発前にショッピングモールで思わず解毒剤を探しましたが、売っていませんでした。


■プレイング晒し

遺跡に潜むNWを殲滅する。

遺跡の規模が小さい為、チームを二つに分けて行動。
敷島、ガブリエル、高白、桐原、各務の5名が1班、残りが2班という形。
それぞれが独立して完全別行動を取るのではなく、NW出現時にはまとまって戦えるように。
片方が調査を行っている際は、もう片方がその警戒にあたる。
通路が分岐している場合に、二手に分かれ調査活動を行う。
など、野営や休憩中の役割分担を含め、あくまで相互に連携を取りつつ動くことを提案する。

いずれこのレベルのミッションは、自分一人でこなせるようになりたいと考えている。
今はまだとても無理だが、今まで遭遇したNWやダークサイドの力を考えると、足踏みしている暇は無い。
今回は頼りになる仲間がいるが、「もし自分一人だったらどう動くか」をあらゆるケースで想定しつつ動く。

基本的に人間のいないエリアに入った段階で半獣化、遺跡突入時は完全獣化状態を維持。
班行動では前衛に位置し、不意を打たれた場合、最初に襲われるのが自分になるよう配慮を。
獣毛と装甲服で防御はある程度固めているので、多少の攻撃は食らっても構わないと考えている。
むしろ、この防御を突破する程の攻撃力をもった敵が現れることを期待しつつ、常に臨戦態勢で。

暗所は光球作成の能力で視界を確保しながら進み、NWの襲撃をあえて誘う。
戦闘スタイルは金剛力増で能力を引き上げた上での、ストレートパンチ。
「面白ぇ、そうこなっくちゃよ!」

(600字)


タイトルはズバリ「中米の密林にて」なので、今考えると確かに森林戦闘依頼で間違いないハズなのですが、何を勘違いしたか「遺跡内部」での戦闘だとばかり思っていました。
他の方も軒並みそう思っていたようで、これはMSの説明不足というよりも「遺跡」という言葉の持つ力がそれだけ大きかったというところでしょうか。
欧州でのイベントなどのイメージも含め、どうしてもダンジョンっぽいものを想像してしまっていたようです。

ナイトウォーカーとの戦闘は特に問題なく、全てを撃破することができました。
対NW依頼らしく戦闘スキルに秀でた方々が集まった結果だと思います。
怪我人もなく、きっちりと仕事をこなすことができ一安心致しました。


敷島の次の予定は、再び中東に戻っての「後輩育成〜先生募集」
教師役ということですが、敷島なので大変なことになってしまうかも知れません。
いつも通り、龍河MSに投げっ放しつつ、結果をじっと待つことになると思います。

■2006年10月11日(水)  紅白まんじゅうでも良かった

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】

「Powerful Sports Festival」の参加アイテムが配られたみたいですね。
敷島とハツ子が貰ったアイテムは、次のふたつです。

●紅白鉢巻
種別:鉢巻
EP:0
防御力:0
解説:
紅白の二重線が入った長さ1mの鉢巻。中央部分にPSFのロゴが入っている。


●PSFマイク
種別:マイク
EP:0.8
防御力:0
解説:
PSFのロゴが入った色鮮やかなマイク。走りながら喋っても音が割れないすぐれもの。


どちらもロゴが入っているので、他所の依頼ではあまり使えなさそうですね。本当に記念アイテムといった感じです。
ですが、イベント後にこうした記念品が配布されるのは、やっぱりちょっと得した気分になりますので、今後も継続してくれたら嬉しいです。


ビーストナイト関係の個人的出来事としては、ハツ子でPCウェストアップを発注したことくらいでしょうか。
連休明けにミュージアムを覗いていたら、知り合いの方の素敵なイラストがいくつもあったので、発注欲求がゲージMAXになってしまいましたよ。
あと、ポーちんが注文していた敷島兄妹ピンナップも完成しています。
ピンナップ系は自主的に頼むことがほとんどないので、とても有難かったですね。
過去参加依頼のVTRに貼れるようなシングルピンナップや、AGのグループピンナップなんかもその内頼んでみたいとは思うのですが……。

まあその前に、ビーストナイトでもPC&NPCツインピンナップを対応してもらいたいものですが、これはしばらく先のことになるでしょうか。
毎回イベントのたびにOMC担当の方をせっついているのですが、今回は東イベに行けませんでしたので、要望を出せなかったんですよね。
とりあえず公式フォームからは要望を出しておきましたので、祈りが届くことを願っております。

■2006年10月10日(火)  みんなのうた

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【第5回GCRチームCレッドスフィンクス】

オリエが参加していた「第5回GCRチームCレッドスフィンクス」のリプレイが上がっています。

今回は初めて操手ではなく、後部座席の一員としてレースに参加したオリエ。
戦闘能力の無さはかなりのものですので、下手に攻撃に加わるよりはと盾持ちをやらせて頂きました。
ただ、それだけですと余りに寂しいですので、何かできることはないかと頭捻った挙句、歌をうたってみることに。
ぽんですふぃんくすの歌です。ちょっと魚の歌に対抗してみました。

ぽんでぽんでぽんでぽんでぽんで〜♪
まわってまわってまわってまわーるー♪

お分かりの通り、「夢想花」の替え歌になっております。が!!
プレイング提出後に「まわって」は機体のスピンを暗示させることに繋がってしまうのではないかと、超後悔。
むしろ「曲がって曲がって」の方が良かったんじゃないかと、一人自責の念にかられておりました。
あと、みんなから歌詞が変わっているって言われましたが、それはオリエのせいではないのです。円広志に言ってよ。

チームとしての成績はやはりターゲット撃破数が少なく、7位でした。
ごめんね。攻撃力無くてごめんね。
やっぱり「曲がって」にしておけば……ッ(しつこいよ)


あと、本日、ビューティー オブ ジ・アースの結果が発表されましたね。
見事世界一のビューティーに輝いたアゲハさんはおめでとうございます!
アレクシアスさんの準優勝も大健闘でしたね。むしろ真の騎士部門の方で応援していたのですが、二冠ならずちょい残念です。

いちごさんは皆様方の応援のおかげで、着ぐるみ王賞を獲得!!
投票してくださった方々、本当に本当にありがとうございました。
八卦さんのところのはりねずみに苺を食べさせ続けた甲斐がありました……と思って感謝のいちごをやりにいこうとしたら、いなくなってる……。

次のビューティーコンテストがあれば、また参加させてもらおうと思っています。
その時はイロモノじゃなくて、ちゃんと綺麗な格好をさせてあげたいですね。
コメント
  • 八卦(2006/10/12 02:25)
    アウチ!あの はりねずみは可愛かったのですが、何かBlogが重くなるので回収しちゃったんですよ〜。可愛がって頂いてたのにゴメンなさい
  • 旗村はかい(2006/10/13 )
    ありゃりゃ。でも重くなってしまうのでしたら仕方ないですよね。幸せのはりねずみは、願い事をかなえた後、また幸せを求める人のところへ行ってしまったのでしょう。

■2006年10月09日(月)  パワフルスポーツフェスティバル

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】
■イベント【運動会】

シルバーレインの方で、リアルタイムイベント「運動会」がありました。
リタでひょこひょこ参加。チームは8H百合連合でした。
結果は以下のような感じです。


●徒競走:高校女子の部 第28レースに出場
9点獲得!(2位)【コメント「もうすっかりお腹ぺこぺこですわ」】
ギリギリに行動提出すれば、人数が少なくなる最終レースに参加できるかと思い、締め切りギリギリにプレイングを出すという姑息な技を使用。
しかし最終レースいっこ前に走ることに。ちなみにラストも9人での競技だったというオチつき。
プレイングは「右足が地面につく前に左足を前に出し、さらにその左足が(略)というインド式走法で空中を駆け抜ける」というようなものでした。

●玉入れ:8H百合連合で参加
8点獲得!【コメント「100万ポイントまずは獲得ですわ!」】
「密集地帯に行き、相手チームの籠を破壊すべく全力投球!」的なことをやっていました。
はちゃめちゃにやってた割には4つも入れられたようですね。跳ね返ってうまく自分のところの籠に入ったのでしょうか。

●応援歌斉唱&組対抗リレー
この時間帯は特に入力することが無かったので、外出しておりました。
応援歌の方は毎日投稿、リレー選手にも立候補していたのですが、残念なことに選ばれず。
しかし、リレーの方は8H百合連合が優勝していましたね。すごいすごい!

●棒倒し1ターン:9I薔薇組連合を攻撃
戦功点58点獲得!
「両手につまようじクロー、いつもの2倍のジャンプと3倍の回転をもって、棒めがけてぎゅるぎゅる行く」みたいな行動でした。
薔薇組を攻撃したのは特に意味が無く、あえて言えば結果表示の際に一番下だろうから最後に自分の結果が見られるだろうという、どうしようもない理由でした。
何故か薔薇攻撃班でトップ成績という異常事態。

●棒倒し2ターン:9I薔薇組連合を攻撃
戦功点52点獲得!
「明和特攻スライディング部隊の一人として、超低空から攻撃。棒の下側部分を削り取る」的なプレイングだったような気が。
相変わらず微妙な攻撃力の高さを見せつけ、安定して戦功点を稼いでいます。
でも自軍の棒のHPがかなりやばかったり。

●棒倒し3ターン:9I薔薇組連合を攻撃
戦功点33点獲得!
「ハリケーンミキサーで頭からぶちかます」というような感じで、さすがにネタが切れてきたのを自分でも感じてしまいました。
8H百合の棒はおそらく倒されてしまうだろうなと思いましたので、最後も攻撃担当でカミカゼアタック。
今考えると、本陣で最後の台詞を叫んだ方が美味しかったかも知れません。


そんなこんなで、一般技能が「勉強(体育)」「習い事(運動系)」「運動能力」というリタは、その体育会系っぷりをある程度発揮することが出来たと思います。
競技全体を通じても、なかなかの安定感だったのではないでしょうか。
チームは残念なことに最下位でしたが、それはそれで面白いので良しとします。

突撃情報局の方にも何度か顔を出させて頂き、非常に思い出に残るイベントとなりました。
参加者、スタッフの皆様方はお疲れ様でした。
次は無限のファンタジアであるような、シリアス戦闘系イベントなんかでも面白そうですね。

■2006年10月07日(土)  たっぷりばけつ

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】

tami絵師にお願いしてあった、バケツ入りアイコンが納品されています。
これがまたえらくラブリーで、早くもお気に入りアイコンになりそうな予感が。

シルバーレインでは各イラストマスターが、趣向を凝らしたアイコン企画をいくつも行っているので、欲しいアイコンが目白押し。目移りしてしまいます。
とりあえず検討中なのが――

・新井キリト絵師のチロコン
・RAW絵師のディフォルメびっくりアイコン
・かりん絵師のハイビスカスアイコン
・れんた絵師のぷにデフォアイコン

あたりでしょうか。企画モノではなく、指定で色々描いてくださりそうな絵師さんも多くいらっしゃるようなので、そちらも同様に視野に入れつつ検討しております。


それから新たにSDイラストがラインナップに加わりましたね。
新井絵師がハロウィン企画に参加されていましたので、早速リクエストを出してみたところ、翌日に受理して頂きました。
オーソドックスな魔女スタイルでお願いしてみました。完成が非常に楽しみです。

■2006年10月05日(木)  戦い終わって

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】
■イベント【Powerful Sports Festival】

運動会が終わりました。参加した方々はお疲れ様でした。

まず2日の成績は、敷島が兵士役で参加して29位
巨大鎚を持った騎士として大暴れするという行動を取ったのですが、まあこちらはそこそこの成果を出すことができたようで何よりです。
得点は404点でした。ちなみにこの点数は殺した敵の数です。嘘です。
一方のハツ子は、公国貴族・歌い手役として参加し、気合の1位!
白組の方では「フィルゲンさんに女装の呪いがかかっている」という奇天烈なアイデアが出されていましたので、それに便乗させてもらいました。キスで呪いを解きにレッツ&ゴー!
……こちらの思惑を外れおかしな方向へと話が進んでしまいましたが、あれはあれでアリかなあと。非常に面白かったです。


ここで競技終了かと思いきやまさかの同点で、みんなびっくり延長戦。
EX競技として「古今東西しりとリレー」が開催されることになりましたので、こちらも参加させてもらいました。

「好きな人へ、あなたからの愛の言葉」を3回(一時ストップかかっていた赤組の敷島は2回)
「ダジャレ(オヤジギャグ可)」を1回
「PSFを振り返って一言叫んでください」を1回
それぞれ敷島とハツ子で言わせて頂きました。そこそこ落ち着いていた時間帯での参加でしたので、被ることもなく全て有効得点に結びつけることができました。
夕方から夜にかけての盛り上がる時間に顔を出せなかったのは残念ですが、深夜以降もチェダーさんを初め多くの方が積極的に動いていたようで、非常に楽しめました。
結果は赤組の勝利でしたが、2点差という内容が物語っているように、終始接戦続きで、最後の最後まで目の離せない試合展開でしたね。
繰り返しますが、参加者の皆様方は本当にお疲れ様でした!




すっかり終わったかと思って、跡地を見に行ったらおまけリプレイなるものが作成されているではありませんか。
うーん、今回はいつになく力入っているなーと思って流し読みしていたところ……

エ……エマージェンシー!!

「好きな人におくる愛の言葉」のベスト発言にハツ子の台詞が選ばれてしまいました。
おらこっぱずかしいだよ。
本番では照れアイコンを使ったはずなのですが、何故かこちらでは満面の笑みアイコンが使われており、自信満々に言い放っているように見えてなりません。

そんなこんなな流れの中、「幻想寓話〜リャナンシー」にパンダさん投入。
明日はどっちだ!

■2006年10月04日(水)  EXじゃないのはどうしてだぜ

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【カルナックス・レイヴ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【マリーネ姫と王国の試練2〜北部領主の密偵】

カルナックスが参加していた「マリーネ姫と王国の試練2〜北部領主の密偵」の報告書が上がっています。

今回もしつこく黒鳥の君関係で動いておりました。
ギャルゲーのやり過ぎでしょうか、マリーネ姫に一定期間会っていないと好感度が下がりそうな気がしてなりません。
第2シリーズに入ってからというもの、ほぼ黒鳥絡みで行動させてもらっていますので、マリーネと話をする機会もほとんどないんですよね。
基本的に私は行動の軸がブレないよう、「AをしてBもする」というWアクションを避けているので、恐らくこの先しばらくは黒鳥の君方面専門で動くことになるのでしょう。
前シリーズでは姫べったりだったため、少々寂しく、また彼女にとっても大変な時期に傍にいてあげられないのは、かなり歯痒く思っているのですが……。
早く、こっちの問題を解決して駆け付けたいと思っていますが、問題が山積みで……。あふん。

さて、そんな感じでやきもきしながらも、使者に会うためセデュースさんちへお邪魔してきました。
ブラロ通りの5番は、同じくこの依頼に入っていたオラースさんの家もすぐ傍にありますね。
またすぐ南には越野さんの家もあり、万が一、使者が刺客だった場合でもファイヤーボムでセデュースさん家ごと爆破するという戦法が取れそうです(取れません)

使者との接触では、レーガー・ラント=黒鳥の君、というずっと知りたかった情報を得る事ができました。
真偽はまだ分かりませんが、これでどうにか次の手が打てそうです。
次は王様に頼んで、レーガーとの会談を行う場を用意してもらう必要がありそうですが、正直面倒臭いこれは言う程簡単なことじゃないと思っています。
総監に丸投げするのもどうかと思いますし、マリーネ姫には余計な負担をかけさせたくないしで、早くも悶々と。

しかし大抵私が「ヤバイヨーヤバイヨー」と出川哲朗っぽく言ってる時は、大してやばくもない場合が多いので、多分大丈夫なのでしょう。
仙道がきっとなんとかしてくれます。
まだ慌てるような時間ではありませんしね。

■2006年10月03日(火)  エリアの騎士

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【Wカップ予選Aチームセクテ(vsフオロ)】

オリエが参加していた「Wカップ予選Aチームセクテ(vsフオロ)」のリプレイが上がっています。

今回はセクテサイドとフオロサイドで、リプレイ内容の共通部分がほとんどなく、それでいて試合の事前準備から練習、試合内容に至るまでしっかりと書かれた報告書で大満足!
前回は「予想と違っていた」などと、ちょっと不満も漏らしてしまったのですが、マレーアMSが参考にしてくださったのでしょうか。
見違えるような改善具合で、本当に感謝しています。
あまり無理を言うのは避けたいのですが、こういう風に良くなるのであれば、たまにはちょっと愚痴ってみるのも悪くないなあ、と姑息にも思ってしまいます。
我ながら現金ですが、ゴーレムサッカーには今後も継続して参加しようと思っていますので、お手間でなければ今後もこういうスタイルで報告書を上げて頂ければ幸いです。

結果の方は、強力な助っ人がたくさんいらしてくれたおかげで、2−0で見事勝利。
勝ち点6で、決勝トーナメント進出を決めました。やったね!
ちなみに現時点でのこっち側のリーグ戦状況は――

・セクテ:2勝(勝ち点6)得失点差+3
・リグ:2分(勝ち点2)得失点差0
・ササン:1敗1分(勝ち点1)得失点差−1
・フオロ:1敗1分(勝ち点1)得失点差−2

となっています。仮に次でリグに負けてもセクテは1位抜けですので、次戦ではイロイロと思い切った戦法を試すことができるかも知れません。
もしくは今までと同じように戦って、チーム戦術に磨きをかけても良いかも。


オリエはエリザさんやエトピリカさんが持ち上げてくれたこともあって、「ゲームメイカー」「司令塔」の呼称で担がれており、ちょっぴり恥ずかしかったり。
政治絡みのシナリオでは、あんぽんたん過ぎていつも皆の後ろにくっついていくので精一杯なので、こういう時だけでも偉ぶらせて頂けると、とても嬉しいのです。
ジャンプ的に言えば「旗村先生の仕切りが見られるのは、ゴーレムサッカーだけ!」ということになるのでしょうか。自分で言っててものすごく悲しいです。

また次回以降、チームメンバーが減りそうなので、我こそはと言う方はチームセクテへどうぞ。
一緒に楽しくプレイしましょう。

■2006年10月02日(月)  告白記念日

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【伝承の残滓】

ハツ子が参加していた、風華MSの「伝承の残滓」のVTRが流れています。

ハツ子にとっては初めてとなるNW絡みのお仕事です。
はっきり言ってパンダさんは戦闘力皆無なので、戦闘が行われそうな依頼に入っても単なるお荷物でしかないのですが、なんと言ってもバッハ家の依頼。参加しないわけにはいきません。
と言うか、「緊急招集〜相方失踪事件」で、大きな口を叩いてしまったので、この依頼に入れなければ、立派な口先だけ女が出来上がってしまうところでした。
依頼開始日を(ハツ子のスケジュール的に)ジャストに設定してくださった風華MSに、まずは大きな感謝を。

で、ちょっと時期的にやっておきたいことが一つだけあったので、この機会にやらせて頂きました。戦闘関係は割とそっちのけです。


■プレイング晒し

カラドリオスのロケ以来となる、シュヴァルツヴァルトへ。

遺跡内ではフィルゲンさんの安全に全力を尽くします。
自分なら、多少の怪我は超回復力で治すことが可能。
いざという場合は、大地不動の能力も使用し、盾となる覚悟で。
勝手にバッハ家のNW事情に首を突っ込んだことを、気に病んでいます。
フィルゲンさんを救出するためとは言え、彼を否応なしに巻き込んだことは確か。

老ダーラントに大見得を切ってしまった以上、仕事は確実にこなすつもりです。
戦うことには慣れていないので、有事の際は通路の確保と、自分(とフィルゲン)の安全を最優先。
他の方々が、こちらを心配しなくても良いように動くことが、一番の手助けだと考えています。
調査時は、珍しく寡黙に作業を進めます。余計なところには触れず、怪しいものを見つけたら報告を。

帰り道で、フィルゲンさんに想いを告げます。
本来であれば、やらなくてもよかった黒森遺跡の探索に巻き込む形をとってしまったこと。
本当なら、もっとうまくフィルゲンさんを連れ出す方法があったのかもしれない、ということ。
だけど、あの時、フィルゲンさんとこのまま会えないままだったら、それは絶対に嫌だと思ったこと。
変な嘘までついてしまったけど、こうして今ふたりでいられることが、何より嬉しいということ。
淡々とそれらを語った後、最後にフィルゲンさんが好きなのだと、静かに言います。

「あなたが好きよ、フィルゲン。他の誰よりも」


(600字)


はい。フィルゲンさんに告白しました。

うへーい!ついにやっちまったぜ……ッ!!
この辺りでびしっ!と気持ちを伝えておこうと思っていたのですが、なかなか最適な依頼が無く悶々としていたのですが、今回ならまあ大丈夫かな、と。

結果は、やはりと言うからしいと言うか、ハツ子とフィルゲンさんらしくコメディっぽい形でおさまりました。
次に顔を合わせた時はどういう態度で接したら面白いかな、とか、今からまた色々と考えています。
あんまりそればっかりをやるのも正直どうかと思いますし、基本はラブ成分控えめに、ここぞという時にまたアプローチする予定です。
時期的にはクリスマスやハツ子の誕生日がある12月あたりでしょうか?

夢が膨らみます。

■2006年10月01日(日)  前進

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【鷹見沢桐】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【【金山迷動】 上野に暮らせば 〜長月】

コミアキMSの金山迷動シナリオ4つ全ての報告書が上がっています。
桐は「【金山迷動】 上野に暮らせば 〜長月」に参加。
行動内容は当然のことながら「H:竹之屋豪腕腕盛記♪ 〜長月の献立〜」です。

金策に忙しい竹之屋ですが、今回はスポンサーになってくれるという華僑のボス、景大人がお店にやってくるというので、そっちの対応に桐も顔出し。
普通ならば気を引き締めてかかるところですが、皆がそれだと面白くはないかなと思い、あえてちょっぴり油断するというダメな感じの行動を取ってみました。
依頼が失敗しては元も子もないですので、もちろんフォロー行動も取りましたが、なんとなくほのぼのとした出だしになったのではないかと思っています。
店長から華国語の指導も受け、当日は緊張しながらも無難な接客を行うことができたのではないでしょうか。

今回の秋のメニューも実に美味しそうで、いつも昼はラーメンばかり食べている私としては、竹之屋のチェーン店が現実世界にもあればなあ、と思わずにはいられません。
大人にも満足してもらえたようで、次回からは本格的に動き出せるようになりそうです。
桐には茶道スキルを覚えさせましたので、今後、変わったお茶なんかもお店で出せるようになれれば良いなあ……。
華国語も覚えさせたいですし、桐にはやらせてみたいことがたくさんあって、なかなか楽しく悩ませてもらっています。



■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【聰暁竜】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【【金山迷動】 悪鬼は骨に集まれり 覆】

悪人チームの暁竜はシリーズ6回目となる「【金山迷動】 悪鬼は骨に集まれり 覆」に参加していました。
行動内容は「E:太田宿自警団、発足」にて、御前試合に顔を出しておりました。
『自警団で超地味に頑張っていつか花咲くぞプレイング』第3弾ですよ。

御前試合は予想以上に、キヨシを軸に戦いが繰り広げられていた印象です。
私ももちろんキヨシ狙いでいきましたし、松本清を狙う派と守る派で真っ二つ。純粋に試合参加していた方はいなかったのではないでしょうか。
キヨシがへっぽこなのは暁竜としては知らないことですし、叩いて下手に敵に回すよりは、持ち上げた方が良いかなという打算も働き、好敵手風なノリで。
その面子を潰すことなく、暁竜の名声上昇に役立たせてもらいました。
へへ……これでもうすぐジャパンの実力者だぜえ……(いやらしい笑みを浮かべつつ)

悪い子チーム本隊や、野盗討伐の方はなかなか難しい展開が続いているようですね。
コミアキMSのシナリオは光明さえ見えればそこから一気に進めるのですが、手探り状態の時はなかなか思うようにいかないことも多いです(マサカドの時は本当に毎回頭を捻りっぱなしでした)
もう一度以前の報告書なんかを眺めてみると、思わぬヒントが隠されていることも多いので、焦らずにじっくり取り組んでみるのが良いかも知れません。

金山迷動シナリオの次の予定は、15日前後とのこと。
楽しみに待ちたいと思います。

過去ログ 2005年09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年04月 
2015年01月