ネコハコセーブポイント【極】

■2006年12月31日(日)  奇跡はおこらないから奇跡というのか

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【Maybe he’s SantaClaus】

12月31日はハツ子の誕生日です。28歳になりました。
そんな女優としても最も旬な時期にさしかかったハツ子が参加していた、風華MSの「Maybe he’s SantaClaus」シナリオのVTRが流れています。

AFWのクリスマス依頼ということもあって、なかなか趣向を凝らした仕事内容でした。
PCが扮するサンタクロースとそのお手伝い役が、聖なる夜に子供達の願い事を叶えてあげようというドラマ企画な、今回のシナリオ。
面白いのは子供達は役者ではなく、児童保護施設の少年少女であって、彼等の願い事というのがドラマの筋書きとして用意されたものではない、ということ。
「夜のロンドンで自由に遊びたい」や「ザ・マルを走ってみたい」という子供達の願いは真実の彼等の願いであり、いかにそれらをPCが解決するか、というのが今回の肝だったわけです。


■プレイング晒し

サンタクロース役としてドラマに出演します。

キャロルのもとに姿を現し、話をさせてもらいます。
人形にぬいぐるみに、素敵なドレス。
女の子が欲しがりそうなそんなものを用意し、優雅に一礼。
子供がクリスマスに遠慮することなんて無いと、にっこり笑って伝えます。
はにかむようなら抱きかかえて、距離を目一杯近付けて、そのまま会話を続行。
「サンタクロースの魔法」と称し、キャロルに平心霊光を使用することで落ち着かせます。
そしてキャロルに何が欲しいか、こっそり聞かせてもらいます。

その上で優しく、ゆっくりと、自分の家で一緒に暮らさないかと尋ねてみます。
この出会いはきっと、本物のサンタクロースが自分達に与えてくれたものなのでしょう。
里親待ちの少女を、自分の養子として引き取るつもりです。
出来る手配は社長が全部してくれるという厚意に甘え、各種手続きはお任せします。
あとはキャロルの返事次第という段階まで事前準備を整えた上で、撮影に臨みます。
もし彼女が頷いてくれたら、その小さな頬にキスを。
サンタクロースの魔法はクリスマスが終わると解けてしまうので、そうなったらママと呼んでとウインクひとつ。
キャロルを抱っこしたまま、一緒に空を見上げます。

フィルへのプレゼントは手持ちのニット帽。
なんたらウィルスも流行しているみたいですし、風邪なんか引かないようにと、後ろからズボッと被せます。

「ええ。クリスマスには奇跡がおこるのよ」

(596字)

ハツ子は母親のキスを願う、4歳の女の子キャロルちゃんのお相手をすることに致しました。
里親待ち、ということだったので自分がその里親になって彼女を引き取ろうと考えたワケなのですが……。

「なら、養女に迎える事で、あの子の『感染』の危険が上がるなら。僕は‥‥」

と、フィルゲンさんに諭され、ママになることは出来ませんでした。
これはちょっとハッとしたというか、獣人が人間の子を引き取ることで今後出てくる問題については、幾つか考えていたのですが、肝心のキャロルの安全には気が回っておりませんでした。
獣人の存在が人間にばれてしまうこととか、ハツ子のことばかりに目が向いていて、人がナイトウォーカーに感染されるという当たり前の事実を見逃していたのは、大きな反省材料です。
母親になろうと願うのであれば、第一に考えなければならないのは子供の事でしたね。
むしろ今回のプレイングが通り、後から最悪の事態を招いてしまわなくて本当に良かったと胸を撫で下ろしています。
依頼相談の際は「キャロルはまーかせて!」と大きな口を叩いていましたが、その口を横へぐいぐい引っ張ってやりたい気分です。


他の方々はきっちり自分のお仕事をこなされていたようで、それぞれの個性を出した解決法はなかなか面白かったですね。
あと何気に地の文でフィルゲンさんがハツ子の恋人であると言及されたのは、今回が初めてではないでしょうか。
これはかなり嬉しかったりします。

次はいよいよ戦場へ(嘘)
「年末年始行事、再び」にてフィルゲンさんの実家へ向かうことになったハツ子。
フィルママとのファーストコンタクトはどんな結末を迎えるのか。

どきわくです。

■2006年12月27日(水)  ブルーリボンは手に入らず

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】
■担当マスター【香月ショウコ 】
■参加シナリオ【最下層調査】

敷島が参加していた、香月MSの「最下層調査」のVTRが流れています。

依頼人シャルロの依頼は、前に一度請けたことがあったのですが、以降は不参加でしたので今回が二度目と言うことになります。
相方のシャノっちが、こっち方面についてはかなり突っ込んだ部分まで介入しているので、今回はその手助けと言うかサポート的な動きができれば良いかな、と。
オープニングでシャルロがダークサイドであることは既に語られていましたが、当然のことながら敷島には知り得るハズの無い情報でしたので、シカトして普通に探索を。
エジプトの地下遺跡調査と、そこにいるナイトウォーカーを殲滅させるというのが今回の依頼内容でしたが、相変わらず遺跡調査シナリオではラーの瞳ばっかり使っている気が……。

いつものことですが、字数を使っている割に平凡な行動で茶を濁している感が漂いまくりのプレイングで、にんともかんとも。
頭が働かない時期でもあったので、同時参加のシナリオを減らしていたのですが、それでもいっぱいいっぱいだったみたいです。キャパ不足が露呈しまくりんぐ。


■プレイング晒し

地下遺跡の調査を行う。

調査期間が短いので、余計なことはせず手っ取り早く進めていきたい。
シャルロの情報を参考に、第3階層を徹底して調べてみることにする。
まずは手持ちのラーの瞳を適宜使用し、現時点でのNWの居場所を特定。
その上で、隅から隅へと少しずつ場所を変え、最下層へと繋がる仕掛けの類を探す。

一番気をつけたいのが、仲間の誰かが一人、もしくは少数で最下層へと飛ばされてしまうこと。
流石に単身NWの群れへ乗り込む者はいないだろうが、道筋によっては不可抗力も十分考えられる。
下への移動手段が、落とし穴や隠し扉、なんらかの転移装置という可能性はゼロとは言えない。
声を掛け合いながら作業を進めることで、万が一の危険を減らすよう心掛ける。
調査自体はごく真っ当に目視による異物のチェック及び、点在する石をぐりぐりと動かすというもの。

運良く最下層への道が開かれた場合は、獣化し戦闘態勢を整えた上で移動。
ただし、道が出来たことによりNWから向かってきた場合は、適宜対応する。
自動的に備わる獣毛は勿論、霊包神衣と金剛力増による能力の底上げを第一に。
攻防両面の力の向上を図った上で、パーティの前衛としてNWに真っ向からぶち当たる。
打ち漏らしが無いよう、全滅させたと判断した後も、ラーの瞳で最終確認は怠らない。

「何が出やがるか分からねぇからな。用心するに越したことは無いだろ」
「っし、んじゃ手っ取り早く片付けるとするか」

(598字)

今回の結果で、シャルロ=ダークサイドということがPC側の情報に。
遺跡調査そのものは進展があったものの、最下層のNW数が多すぎて撤退という結果になりました。
予定表では1月11日に香月MSが中東依頼シナリオを出されるそうなので、そちらは今回の続きということになるのでしょうか。
是非また参加させてもらうつもりです。

それから敷島とシャノっちのラブ成分が皆無だったのが、ご不満だったのかなんなのか分かりませんが、ラストでオチ代わりに使われていて心憎い限りです。
わざわざ交友関係までチェックしていてくださって、こういうのは本当に嬉しいですね。
もしまた二人で参加するようなことがあれば、少しはそっち方面の行動も取ってみようかと思います。
が、そうしたアクションを一切排除した恋人関係というのもCOOLで良いかも(どっちだよ)

敷島の次の参加予定依頼は、龍河MSの遺跡関係シナリオになるでしょうか。
年始もどうやらバタバタしそうですが、話の流れに乗り遅れないよう、潜り込みたいですね。

■2006年12月26日(火)  更なる飛躍を

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】

他の日付の記事は、後からちょこちょこ埋めていきます。今日は報告のみで。
沖田絵師にお願いしてあった、ハツ子のオーディション全身図が納品されました!

アーティスト オブ ザ・イヤー2007


かっこいい!これは本当にかっこいいですよ!!
WEFの時とはイメージを大きく変えたかったので、ロック&セクシーなDIESELのリベット過多な黒皮マイクロミニドレスに。
グレース・ジョーンズのようにはなかなかいかないかも知れませんが、黒と金の組み合わせはとてもゴージャスな感じを出してくれたのではないかと、ひとり喜んでおります。
期待していたものを全ての部分で一段階上回る、非常に満足度の高いイラストに仕上げてくださった沖田絵師には大変感謝しております。
正直、もう少し淡白な感じになるかなーと思っていたのですが、衣装からポーズ、表情に至るまでどこをとっても文句のつけようがありません。
本当にありがとうございました!

ちなみにエントリーしたのは、「アクトレス・オブ・イヤー」です。
あと、今回の納品で遂にハツ子の芸能レベルがに!
立場が著名な女優にランクアップ致しました。

このペースでいけばゲーム3年目突入時点くらいで、世界レベルに到達するかも知れません。
目標はあくまで高く、世界中の人に知られる女優!スキルは人間形態時の芝居と容姿を10にまでもっていきたいです。
頑張るぞ!
コメント
  • 鳩(2007/01/01 22:03)
    凄いな、芸能レベルが8ですか!   依頼数も絵も、気づけばかなりのものに、という風情……。入れ込み具合の差を見せ付けられた感じで実に口惜しい。 この絵はせくしぃでいいですね……明るい笑顔のハツ子様とは一変、しかし確実に同一人物。きわどいボンデージと華麗さのある金、そしてマントが実によろしいです。   あまりにも存在感ありのまんまなのが悔しいので先ほどうちの三悪人もピン頼んできました。 今年はもっと気合入れて、名実ともに著名なPCとなるべく蛇 豚 蝙蝠 邁進いたしますのでよろしくお願いいたします。
  • 旗村はかい(2007/01/02)
    ありがとうございます!気が付けば……と言った感じでしょうか。やっぱりゲームで上手く動けているキャラクタは、優先順位が上がってしまいますね。
    ナンバー1でなくても構わないのですが、上位グループに存在することで「すごいね」と言って貰いたい見栄っ張りです。
    お三方を全員鍛えようとすると、なかなか大変かも知れませんが、頑張ってください。まあ実質的には蛇さんも豚さんも蝙蝠さんも、十二分に有名人だと思っています。
    こちらこそ今年も宜しくお願い致します。

■2006年12月25日(月)  カックンシュートはしゃがんで避けろ

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】
■担当マスター【田島はるか】
■参加シナリオ【避球伝説〜寒風なんて吹きとばせ!】

クリスマスのイベントシナリオがたくさん出たので、ひとつくらいは参加しておこうと思い、田島マスターの「避球伝説〜寒風なんて吹きとばせ!」に顔を出しておりました。
クリスマスにみんなでドッジボールをやろうという、健全でありながらもどこか謎な雰囲気の漂うシナリオです。

基本的にイベントシナリオはあれこれやろうと思うと、かなりの確率でスルーされてしまうことが多いです。
執筆者が話の流れに組み込みやすく、それでいて他人と被らず自分の個性を発揮する行動を取るのが第一、といったところでしょうか。
ノーマルシナリオよりも、よりプレイヤーのセンスが問われる依頼だと個人的には思っています。強いて言えば、雑誌の読者参加ゲームが傾向としては近いかと。

そんなこんなでリタっちは一点集中。もう逃げて逃げて逃げまくるという行動に特化し、わきゃわきゃやっておりました。
セイジロ君にも言われましたが、小学校の時はドッジボールをやると必ず一人はいた、逃げるのだけは上手い奴がモデルです。
結局、リタは最後まで全くボールに触れずに逃げ回っていたようで、所属していた緑チームは見事勝利することができました。

知り合いの方々は全員描写されていましたし、ざっと見た感じでは参加者全員登場しているっぽい……?
特に白紙提出とかでなければ、登場機会は全員に与えられたようです。
田島マスター、本当にお疲れ様でした。
あちこちでいろんな人が持ち味を出していて、とても楽しめたリプレイでした。
普通のシナリオも面白いですが、こっちはこっちで別の楽しみ方ができるので、今後も定期的にイベントシナリオをリリースして欲しいところ。

今年はともかく来年は、バレンタインとか入学式といった大型イベントで、がつんと出てくれると嬉しいですね。
宜しくお願い致します。


【冒険結果】成功!
重傷者&死亡者なし
獲得EXP:26
獲得詠唱銀:53

獲得詠唱兵器
▼陽炎洋服(レベル16)陽炎頑丈

■2006年12月24日(日)  にっちもさっちも

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【大河の絆〜ゴーレムシップ河を行く】

残業には寛容な旗村君も、さすがにクリスマスイヴの休日出社にはこめかみヒクヒクもんですよ。ひくひくっ(←ひくつく音)
そんな中、オリエが参加していた「大河の絆〜ゴーレムシップ河を行く」のリプレイが上がっています。

うっへえ!チーター連れてっちゃってるうううううううううううううううううう!!!

いきなりスミマセン。
てっきり棲家に置いてきたつもりだったのに、何故か連れ回しておりました。ルンルン。
懲罰房に隔離して頂き本当に助かりました。もしこれで水上騎士団のオープニングにケチをつけるようなことがあれば、ジャンピング土下座するしかありませんでした。
リプレイ読んで一瞬顔が青冷めましたが、こういう胃に悪い思いはしばらくしたくないので、しばらくルンルンは棲家でお留守番させておきます。

肝心の行動内容は、天界人としての立場から航海の安全面の改善案を出していましたが、今ひとつ振るわずほぼスルーされてしまいました。
郷に入れば郷に従え、と言うことでしょうか。

救命胴衣と手斧、それはことさらに便利な物を追求するオリエの世界と、生き延びるために自身を鍛え抜くのが当たり前なシャーゼンの世界の有り様を、端的に象徴する物かもしれない。

と言うことらしいですね。
試験運航そのものは問題なく行われ、有意義な案も幾つも出されたので、次からはいよいよ本格始動みたいですね。
オリエは今回ワンポイントのつもりで参加しましたが、継続して水上騎士団に参加される方々は是非盛り上げていってもらいたいものです。
頑張ってください!


オリエの次の予定は「テロリストの黒き旗〜処刑場襲撃」なのですが、イロイロあって延期されてしまったようですね。
こんなことなら北方国境警備依頼か、まりえちゃんの浴場シナリオに飛び込んでおけば良かったですが、既に後の祭り。
もう少しじりじりしながら待つことに致します。

■2006年12月22日(金)  新商品続々
各ゲームで新しいイラスト商品が出ていますね。
待っているシナリオが出なかったり、依頼そのものに入れなかったりが続いていますので、気晴らしに何か頼んでみようかしら。どうかしら。
以下ではそれぞれの作品の新商品に対する感想などを。


【ASURA FANTASY ONLINE】「BLACK SMITH キリハ」のPCドレスアップ全身図

新しい系統の商品ですね。衣装設定は既に決められており、そこから逸脱することはできないので絵師さんの負担は少ないように思えます。
ケンブリッジの学生証イラストが近いといえば近いですが、こちらのドレスアップ全身図の目玉は、イラストに加えて専用アイテムももらえるというもの。
男性用、女性用共に3アイテムもらえるので、衣装デザインが気に入った方にはなかなかお得な商品かも知れません。

ちなみに今回のデザインは赤と白を基調とした、サンタクロースを模したサンタアーマー。
イラスト完成時期を考えると、ちょっとばかり注文開始日が遅い気がします。
これが11月下旬あたりから募集を開始して、今の時期にアイテムが届くのであればシナリオで装備を使う機会もあったでしょうに……。

前述した通り、衣装のデザイン考案が既にされているので、絵師さんには優しい商品だと思っています。
普段お忙しくて、なかなか窓を開けてくださらないような方が「これなら幾つか開けても大丈夫かな?」と思って頂ければ、化ける商品ではないでしょうか。
ニーズと季節感さえびしっ!と抑えて頂ければ、次回以降は発注するかも知れません。

今回は見送りさせて頂きます。


【Beast's Night Online】アーティスト オブ ザ・イヤー2007

いつも通りのオーディション全身図です。
ドラマキャスト選出型ではなく、WEFドレスアップ賞やAthletic of Summerの水着コンテストのような、表彰タイプのオーディションですね。

2006年に各分野で頑張った芸能人を選出する、と言う規模が大きく、選ばれれば箔の付きそうなオーディションですので、思い切ってハツ子でエントリーすることに。
現在ノミネート中なのですが、もしダメな場合でもギリギリまで他の絵師さんを探して参加してみるつもりです。
振袖は年賀状ピンナップと被ってしまいますし、眼鏡はWEFで既に賞を頂きましたので、気張りに気張って「アクトレス・オブ・イヤー」に挑戦してみます。

久しぶりの衣装選びに迷いつつも、どんな感じにするか楽しく迷わせてもらいました。


【シルバーレイン】】ピンナップ系新商品各種

・ピンナップ
・2人ピンナップ
・3人ピンナップ
・4人ピンナップ
・バトルピンナップ
・2人バトルピンナップ
・3人バトルピンナップ
・4人バトルピンナップ

と、どどんと8商品が追加となった美術室。
今はまだ対応していないですが、ゴーストタウンでのカットインは演出効果としてはなかなか楽しいものになりそうです。

バストアップや全身図と違って、ピンナップ系はまた少し絵師さん毎の得意不得意が出てくるイラストですので、少し納品数が増えてきてから頼もうと思っています。
新井絵師がリクエスト休止なのもあって、今はそれほど発注したいぞゲージは高まっておりません。
ただ時期を見て、シングルピンだけでなく2人用3人用商品もお願いしていくのは間違いないところ。

結社のメンバーやお知り合いの方々中心に、お声をかけさせて頂くかも知れませんので、その際はどうぞ宜しくお願い致します。

■2006年12月20日(水)  A Christmas Gift For You

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【幻想寓話〜AliceInXmas】

↓のエントリで福袋売っていないなー、とか嘆いていたら、早速売り出されましたよ!素早い!こういう時だけ素早いよ!!
「Maybe he’s SantaClaus」にも参加できましたし、ここでいっちょ男性向けのジャケットあたりを引き当てておきたいところです。
とうりゃあー!!(掛け声と共にクリック)

【1万円福袋×2回】

アンフォーチュン444
鈍く光る黒石のはまったペンダント。
運気を捻じ曲げる力があるといわれ能力が上がったという噂もちらほら。

RPAR-1
口径:12ゲージ 全長:1100mm 装弾数:5発 Cool社製の散弾銃。高い剛性と安定性を保ちながら出力の向上に成功している。
1回の命中で、対象に3回ダメージを与えることができる。

ロイヤルレッド
「アリス・ディール」社製のパーティードレス。
燃えるような赤色で統一されたドレスで、胸の部分には純金の刺繍が施されており、高級感を演出している。

ヴァジュルヌーヴォー
フランスメーカー「ヴァジュル」が1000本限定で販売したシャンパン。
甘い口当たりと小気味良い炭酸、宝石のような輝きを持つ。

【10万円福袋×1回】

スコール
銀の地一面に小さい宝石が埋め込まれた指輪。指輪全体が光により力強く光り輝く。

双眼鏡カウンター
倍率7倍の高性能双眼鏡に、数を数えるのに便利な押しボタン式カウンターがついたもの。これひとつあれば野鳥から大会場の観客人数まで数えることができる。

マリーン
青い色の小さなギター。「マリーン」の定番製品で、その大きさのわりにはよく通る音が鳴る。


ぬーむ……微妙と言えば微妙。スコールあたりは男性がしてもおかしくないでしょうか。
さすがにアンフォーチュンは有り得ないですし、他も今ひとつピンと来ないんで、もう少し悩んでみます。
が依頼出発日までに補充できるようでしたら、もう1回くらいチャレンジしてしまうかも知れません。

それはさておき、ハツ子が参加していた、風華MSの「幻想寓話〜AliceInXmas」のVTRが流れています。


■プレイング晒し

帽子屋役として、ドラマに出演します。

大きなシルクハットの帽子をかぶった、片眼鏡の人物。
格好は真っ当な英国紳士風ですが、言うことやること一風変わった変な人。
招かれた側にも関わらず、何故か誰よりも先に席についており、まるでホストのよう。
集まった面々から、自分が招待客だと指摘されると、その時は恐縮そうに謝るものの、すぐに忘れてしまいます。
勝手にクリスマスパーティを仕切りますが、そのたびにアリスや姉に座っているように言われる感じでしょうか。
優雅にお茶を飲みつつ、勝手知ったる様子で料理の指示などを出し、最後には邪険に扱われてしまいます。
一人称は私、二人称は〜君、口調は慇懃無礼な男性口調で喋ります。

皆が用意したプレゼントの数々を、全て自分宛のものだと思い込んで大袈裟に喜んでみせたりも。
当然ツッコミを喰らいつつ、またも恐縮。頭のシルクハットの中から、自分もプレゼントを出します。
プレゼントの内容は帽子屋らしく、渋い色味のハンティング帽。
女性がかぶってもかわいいですし、精霊妖精たちがかぶっても……たぶんかわいいハズです。
自分が何か貰った時は、それが何であるかは関係なく、大袈裟に喜びつつ感謝の言葉を投げ掛けます。

「おおっと!これは失敬失敬。いやいやクリスマスというのは、実に人を狂わせる」
「ふふ、お気に召して頂けたのなら光栄ですよ」

次はAWFのクリスマスドラマに参加する気まんまん。
「……ん?24日?」

(599字)


今回の幻想寓話は以前にアイデアの出ていた、不思議の国のアリスもの。
クリスマスの日にアリスの家を妖精や精霊達が訪れて、みんなでパーティをするというハートフルなファンタジードラマでした。

かつての寓話に出てきた精霊役でも構わないということでしたが、ハツ子が今までに寓話でやった人以外の種族ってリャナンシーくらいなんですよね。
さすがにリャナンシーでは雰囲気にそぐわないかなと思い、マッドハッター役で参加させて頂きました。
今回の役者陣は適材適所というか、皆さんすごくイメージに合っていて楽しかったです。
プレゼント交換はアリスからタグ&ペンダントを貰い、ブラウニーに帽子をあげていましたが、こちらも上手い具合にハッピーグッズが行き渡ったのではないでしょうか。
ちょっとダークな香りのするいつもの幻想寓話も好きですが、年に一度くらいはこういう心温まる物語も悪くはないんじゃないかと思っています。

また次の寓話シナリオも楽しみにしております。


【追記】

クエストシナリオは申し込み完了&やっぱり年末年始は出ずっぱりでアフーン。
まあ初日にいきなり枠が埋まることはないだろう……ないよね?ないと言って!

■2006年12月18日(月)  師走のお仕事

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス・羽曳野ハツ子】

ナイトインアビス(略してナス)で、祥子ちんが12月のイベント企画を募集してたんですが、アレはどうなったのでしょうか。
大晦日あたりに歌合戦とかやったら凄いんですが、さすがにその時期にやるのは考え辛いですし、今月は無しかな?
個人的には、20日過ぎからクリスマス用の全体掲示板開放をやってくれるだけでも、大分違うと思うのですがどんなもんじゃらほい。
阿修羅でも各都市で大ホール開くそうなので、ビーストナイトでも合わせてやってもらえると嬉しいんですけどね。


あと中旬〜年末にかけてのライオン丸とパンダさんの予定。


敷島はどうにかこうにか立場が有名になりましたので、小休止中。
久条MSの中東遺跡関連は一時休止状態に入ったようなことが龍河SDのシナリオでも言われていましたし、クエスト2本+通常のノルマンシナリオで手一杯そうですしね。
龍河SDが年末に一本リリースしてくださるみたいなので、それを楽しみに待とうと思います。

あと、黄金グッズを集めていますので、いらない金ピカアイテムをお持ちの方は譲って頂けるととても有難いです。
今のところ、黄金の左腕と黄金のマントを所持しているのですが、右腕、兜、仮面、褌、魔除け、胸当てなんてのもあるらしいですね。
いっこ20〜30万円で売って頂ける方いないかな〜ん。


ハツ子は年末までの流れが一応確定。もちろん依頼参加できればの話ですが。

・「幻想寓話〜AliceInXmas」11〜16日
・「Maybe he's SantaClaus」24〜27日
・「年末年始行事(仮)」30日〜

昨年末は「正しい日本のお正月」で、フィルゲンさんとキスしたりされたりしていた年越しですが、実は大晦日はハツ子の誕生日。
今年は少しネタも仕込みたいところなので、寓話とメイビーで伏線張りつつ、Xデーを迎えたいところ。

しかし、あらいぐまさんにあげるクリスマスプレゼントを探してショッピングモールを覗いたんですが、あまりピンとくるものがなくて、ちょい困っています。
手持ちのアイテムも女性モノしか残していないですし、福袋も売っていなくて困った困った。

こんなことなら前回売り出された時に買っておくんだったと、悔やんでおります。
いつも大体そんな感じ。全然計画的じゃない。

■2006年12月16日(土)  シューズからトレーニング器具まで

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】

結社アイテムの品揃えを増やしていきたいです。
一応ショップ系結社でもあるわけですし、当面の目標としては品数100を目指しています。
ちなみに現時点でのラインナップは――

・プロテイン
・ビート板
・スノーゴーグル
・野球帽
・グリップテープ
・メタルホイッスル

の6品目。まだまだこれからと言ったところです。
商品自体は名称、設定共にあまり派手なものにはしない方向で統一感を図っていきたいと考えています。
結社メンバー用のお揃いのエプロンとかはその内作ってみたいですが、それ以外の内輪なアイテムは極力避けていきたいですね。
一見地味ながらも、スポーツ系のシナリオやイベント前にはちょっと覗いてみたくなる、そんなお店作りをしていきたいところ。

売り上げは自由に使えるサクリファイスになるので、霊感サクリファイスのたまらないショップ系としては、その代わりとなる重要な要素でもあります。
今現在出ている結社ジョブ全てを獲得するには、最低でも結社アイテムの売り上げで、サクリファイスを1314点稼がないとならないので、なかなか大変だったり。
そして現在の売り上げ状況は127点……。アイテムひとつあたりの売り上げは、そのまま購入者のレベル数なので、今はまだ我慢の時なのかも知れません。


「こんなアイテム欲しいよう」という声がありましたら、お気軽にリタまで手紙を飛ばしてください。
特定個人向けの品は厳しいかも知れませんが、一般的なスポーツ用品でしたらアイデア頂けるだけでも助かります。
各種競技のボール類及び、水着関係は時期を見て一気に作ってしまおうと思っていますので、それ以外で何かあれば。

宜しくお願い致します。

■2006年12月15日(金)  サンキュー探求へろりんQ
■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】

1PCくらいはクエストシナリオにいれてみようと考えています。

が、既存のキャラクタはジ・アースPCしか参加することができないんですね。
最近あまり動かしていなかった阿武隈で、という気持ちがあったので、少し残念かも知れません。
新規高レベルのPCも作れるそうなので、シナリオに合わせて新しく作ってみようかなあ……。

地域的な好みで言えば、やはりトップはインドゥーラ、続いて華国なのですが、どちらも久条MSが担当される様子。
シナリオガイドを一読してみたところ、どちらも戦闘色が強く、初手から久条節全開のようです。
精神的にノっている時は良いのですが、ある意味とんこつラーメン的な依頼でもありますので、1年間テンション上げていかないとキツいかも。
そして何よりもインドゥーラ参加になった場合、リタ→マフマッド→そいつ、という風に3連続インド人になってしまうのですが、これはどうなんだと自分でも思っています。
いや別にインド人じゃなくても良いのか。しかしここまできたらインド人で通すべきなのか(好きにしろ)


ただこのクエストシナリオというのが、どうにもHGやMG作品を連発してきたホビーデータ終焉期を彷彿させて、「大丈夫なんだろうかテラネッツ」という気分は否めません。
また閑古鳥が鳴くのか、満員御礼となるのか、現段階では微妙に読めないところもちょっとばかり不安ですね。
参加者30人〜50人くらいでワイワイやりながら楽しむのって、一昔前のブランチ掲示板的なものをイメージしてどきわくなのですが、人が来なかったらこれほどつまらないものはありません。
いろんな人が集まって下されば良いのですが、2万円一括払いのみというのがやはりネックになっているみたいです。
参加自体は考えていた人は多いみたいなので、この辺、ちょっとばかり勿体無い気がするんですが……。


そして最大の問題点は、シナリオ参加募集日の30日は仕事が入ってしまう(かも知れない)という……!!
帰宅したらお目当てのシナリオが埋まっていたなんてことにならないように、今から全裸で外を駆け抜けつつ、年末は風邪引いて仕事休めるようにしておきます。
うそだよ。そんなことしないよ(本当はやりたい)

■2006年12月13日(水)  表情豊かに

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】

リタのアイコンをちょっとずつ増やしています。
結社メンバーは、結構ユニークなアイコンを頼む方が多くていつも触発されていたり。
今は5つですが、ゴーストタウンで設定できる8種類は少なくとも揃えておきたいと考えています。

結社の看板ピンナップはやはり妥協をしたくないので、無限のファンタジアのアトリエもチェックしつつ吟味中。
可愛らしいものをと思っているのですが、美麗な背景を描く方のイラストを目にしてしまうと、やはり心が動かされてしまいますね。どうしよう……。


============================================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注した旗村はかいに、
著作権は新井キリト、tami、水月風花、ソガ、羽月ことりに、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
============================================================


OMCの方では、ハツ子の年賀状ピンナップのノミネートが通ったので、完成を楽しみにしているところです。
今月のイラスト発注はこれで打ち止めかなと考えておりますが、絵師さんの窓開け具合ではもう1、2発ぶちかますことは十分に考えられます。
チェックだけは怠らないよう、監視の目を光らせていきたいです。

■2006年12月12日(火)  僕達は強がって笑う弱虫だ

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【カルナックス・レイヴ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【マリーネ姫と王国の試練3〜晴れやらぬ闇】

カルナックスが参加していた「マリーネ姫と王国の試練3〜晴れやらぬ闇」の報告書が上がっています。

姫が調子悪い&精神的に参っているようなので、久しぶりに顔を見に行ってきました。
新シリーズになってからはほとんど姫と接触していなかったので、丁度良い機会です。
根本的な問題解決は、きっと誰かがやってくれるだろうという他力本願なのはいつものこと。カルナックスらしくフツーの世間話をしてきました。

「姫の慰問」ということで、一方的にべらべらと喋っていて少し恥ずかしい気もしますが、気分転換くらいにはなったようでひとまずは安心。
出発前はどうしてメンタルリカバーを覚えておかなかったんだ、と今更な後悔もしましたが、どうにか魔法なしでもマリーネ姫の笑顔を見る事ができ、一息ついております。
積極的に事態解決に向けて動いている方々を見ると、我ながら情けなくもあるのですが、これはこれでカルにしかできない行動だったと思い込むことに。
今回以降の立ち回りで今後の流れが決定するとのことですが、せめて姫と子が救われる方向へと話を引っ張っていきたいですね。


結果反映で称号が一部変更されました。
マリーネ派貴族→マリーネ派冒険者・元男爵に。
レベルも14に上がりましたが、新魔法は修得せずにBSPは貯めておきます。
カルナックスの次の予定は、このシリーズの続きか治療院関係になるでしょうか。
どちらも問題が山積みですが、ひとつずつ解決していきたいと思っています。

■2006年12月11日(月)  ゲレンデがとけるほどコロしたい

■ゲーム【シルバーレイン】
■使用キャラクター【リタ・ワルプルギス】
■担当マスター【YAMIDEITEI】
■参加シナリオ【私をスキーへ連れて行け!】

リタが参加していた、YAMIDEITEIマスターの「私をスキーへ連れて行け!」のリプレイが公開されています。

12月という季節に相応しく、スキー場が活動の舞台となっていたシナリオでした。
死んだ後も果敢に上級者コースにチャレンジするリビングデッド雪村。生前からスキー愛好家であった彼を撃退する、というのが今回のミッション。

スポーツ娘っ子のリタは雪村を上から追い込んで、迎撃班の待ち構えるポジションに誘導するという役割を担っておりました。
普段はへっぽこぴーなインド人ですが、スポーツが絡むと熱血モードに入るのでしょうか。何時になく格好良いところを見せるリタ。
スキーヤーとしての雪村を侮らず、瞳に炎を宿しつつボードをチューンするという意外な一面を見せたりも。

雪村との冬山チェイスシーンでは、後先考えずただスピードのみに全てを絞り突っ込んだ結果、どうにかこうにか食らい付くことだけはできた模様。
ただお約束と言うか、そのままスピードに乗って何処へと消えてしまいましたが。あはは。
戦闘自体は迎撃チームがクールに一発で決めてくれたので、特に大きな被害を出すことも無く任務達成と相成りました。
雪山を転がり落ちてしまったリタも無事その後、仲間と合流できたようで大事には至りませんでした。一安心です。


これまでの依頼ではほにゃほにゃなところが目立っていたリタですが、今回は随所にクールな描写が為されており、今後のリタの活動方針に目処を立てることができたかも知れません。
今回のようなスポーツシナリオを中心に、今後はシナリオ参加していこうかなあ、などと何となくではありますが考えています。
もちろんテニス依頼がベストなのですが、それ以外にもサッカーや野球といった運動系の依頼があれば是非飛び込んでみるつもりです。

そしてその依頼で使えそうな結社アイテムを自ら作るのだ!


【冒険結果】成功!
重傷者&死亡者なし
獲得EXP:133
獲得詠唱銀:266

獲得詠唱兵器
▼術手袋(レベル9)
▼インカム(レベル13)壮麗
▼カレー皿(レベル9)
▼キーボード(レベル17)魔性強靭


それから今回の依頼結果でリタのレベルが15に上がったので、称号を変更してみました。
高校生ゾンビハンター→破砕のパラマハンサに。
流石にこれは被ることがないと信じたい。

■2006年12月10日(日)  和の心、人の心

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】
■担当マスター【風華弓弦】
■参加シナリオ【美しき国ニッポン】

ハツ子が参加していた、風華MSの「美しき国ニッポン」のVTRが流れています。
最近はハツ子関係のエントリばかり……。明らかに一番動かしているのが顕著に表れておりますが、他の子たちも構ってやらねばと思う次第。

さて、今回のシナリオはいつもの二人組が日本にやってくるので、みんなで連れ回そうという内容でした。
12月の頭という微妙な時期でしたので、探訪録のノリで面白げな祭りでもやっていないかと調べてみたのですが、特にめぼしいものは見つからずちょっと残念。
「東北あたりの寒村で行われる得体の知れない奇祭にアポなしで突入して、ひょんなことから禁忌に触れてしまい村人に追い回される」とかやってみたかったなあ(やめておきなさい)
結局、オープニングの様子から二人があまり日本を知らない様子でしたので、日本らしさがあり、尚且つみんなで楽しめる観光スポットということで、日光を提案してみました。

他にも歌舞伎を観たり、秋葉原や箱根にも行こうという案が出ましたので、どうせならと全部回ってみることに。
なかなかのハードスケジュールになりそうでしたが、こんな機会はそうそうなさそうですし、やれる時にやっておいた方が良いですよね。


■プレイング晒し

みんなで観光を楽しみます。

忙しい合間を縫って日本に遊びに来るふたりを、目一杯おもてなし。
どうせなら楽しい思い出をたくさん作っていってもらいたい、と考えています。
まずは都内で楽しんだ後に、車で箱根、日光と見て回るスケジュールです。
ちょっぴり忙しいかも知れませんが、最後には温泉が待っているので大丈夫……のハズ。
事前に日程や宿泊先、行き先の紹介や緊急連絡先の書かれた「たびのしおり」を準備。
出発前に参加者に配布しておきます。

東京は地元であるが故に、そんなに面白いものはないんじゃないかと思っていたり。
ですが自分が仕事で外国に行った時は、どんな都市、どんな町でも面白いのも確か。
二人組がどんなものに反応するのか楽しみにしつつ、解説役を買って出ます。
日光で紹介しておきたいのは、何と言っても東照宮をはじめとした、世界遺産でもある社寺の数々。
特に東照宮は、有名な三猿に眠り猫、竜や麒麟といった霊獣と動物たちがたくさんいるのがポイント。
フィルゲンさんの腕を取って、パンダとアライグマがいないか一緒に探してみます(いません)
東照宮にいる動物達は、全て平和を象徴するものとして描かれているという話です。
自分達獣人も、争うことなく穏やかに暮らしていけるような、そんな日がいつか来ることを願います。

最後はお楽しみの温泉で締め。
慌しかった旅行の疲れをとり、リフレッシュします。

※フィルゲンさんへの二人称は「フィル」

(596字)


多く回ったせいか、EXシナリオとは言え風華MSにご負担をかけてしまったのではないかといらぬ心配もしてしまいましたが、どこのスポットでもハツ子らしさが出ていて満足です。
一箇所で集中して話を進行するシナリオも深みがあって面白いですが、たまにはこうして広く浅く回って、ちょっとずつ出番を頂くリプレイも新鮮で楽しかったですね。
そして今回の個人的名場面は当然――

「だってほら、ハツ子君が生まれ育った国を見る事が出来たから」

と、日本に来て良かった理由を照れながら言うフィルゲンさんに大決定。
たまにこのあらいぐまはストロベリーな台詞を吐き出すので油断がなりません。
プレイングを使って必要以上にベタベタ絡むのは性に合いませんので、ラヴ行動は基本控えめですが、その手の描写が不要かと問われれば断じてそうではない、というのが本音。
その辺りの機微を理解して頂いた上で、流れを壊さない程度の演出をしてくださる風華MSには本当にいつも感謝しております。
今回もどうもありがとうございました。

ハツ子の次の予定は欧州に戻っての「幻想寓話〜AliceInXmas」です。
あとはAFWのクリスマスドラマを検討中。年内はあと2〜3シナリオを請けられればベストなのですが、無理のない範囲で参加できれば、と考えています。

■2006年12月08日(金)  バレたらバレたで走為上

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【敷島オルトロス】
■担当マスター【呼夢】
■参加シナリオ【【NiA】危険な予感?】

敷島が参加していた呼夢MSの「【NiA】危険な予感?」のVTRが流れています。
依頼期間中は急に忙しくなってしまい、あまり相談に顔を出せず申し訳ありませんでした。

リアルタイムイベントとの連動シナリオということもあって、イベントの結果待ちな部分が多かった、この危険な予感依頼。
表向きは新作ドラマの打ち合わせという名目でしたが、イベントの流れによっては戦闘がメインになることも有り得ましたし、逆に打ち上げを楽しむシナリオにも成り得ました。
その辺が日程的な問題で、出発ギリギリにならないと判断付かないということもあってか、なかなかやきもきさせられる場面も多かったですね。

敷島は芸能系と戦闘系の行動をおよそ半々の割合でプレイングに盛り込んでおきましたが、もう少しドラマに関する行動を取っても良かったかも知れません。


■プレイング晒し

三十六計ドラマの役者を装い、NiAの会場を訪問。
いざという時は対NW戦闘要員として、スタッフの護衛及び現地調査を行う。

演技指導ならばともかく、実際に演じるのは難しいので、せめて格好だけでも。
中国に到着したら、すぐに古代中国の武将風の格好に着替える。
イメージとしては三国志演義の関羽を彷彿させる、各種衣装とメイクを。
鬚髯を付け、ボロが出ないよう、ひたすら気難しい表情で全ての場をやり過ごす。
仮に自分を知っている者がいたとしても、役作りをしているのだと思わせるのが狙い。

華清池付近に存在する可能性のある、NW残党の動向を警戒し、現地では警備を行う。
同時にダークサイドを始めとした、獣人に敵対する意思ある存在たちへの対処も並行して進めたい。
今回のトウテツの件は大事だったが、露骨に危機感を出すことで連中を調子に乗らせることは回避すべき。
三十六計で言うならば、「樹上開花」と言うことになるだろうか。
架空のオーパーツの存在をでっち上げ、「トウテツ戦ではそれを使わずに済んで良かった」
との偽情報を現地から実しやかに流すことで、ハッタリをかましつつも、皆が休む時間を稼ぐ。

ドラマはなかなか面白いものになりそうだが、現実じゃ勝算が無いからといって逃げ出すワケにもいかない。
たまたま今回は上手く撃退できたから良かったものの、次はどうなるのか。
頭をボリボリとかきつつ、一時の平穏を楽しませてもらうことにする。

(594字)


サポートでハツ子も参加していたのですが、敷島とのアイテム交換が主だったので、「みんなにくっついていく」くらいしかプレイングでは書いていなかったのですが……。

女優として名高い羽曳野ハツ子もオルトロスの応援に馳せ参じていた。尤も意中の御仁とその相棒の日本見物に同行する予定が入っているため行動を共にできるのは初日のみだが。

なんだというのか。スケジュールの把握はともかくとして、ハツ子とフィルゲンさんの仲とか、どうして知っているのでしょうか。これだからSDクラスは侮れません。
いや本当にありがとうございました。こんなことならもっとしっかりサポートプレイングかけておけば良かったよ。

敷島は関羽の格好をしつつ、うろちょろしておりましたが、出現したNWは小物ばかりだったようで、特に問題も無く一安心。
「いざという時頼れる男」佐渡川さんと共に夜の街へも行ったようですが、こっちの方が後々よほどヤバイことになりそうな気がしています。
きっと女性陣には冷めた目で見送られたに違いありません。シヴィさんからコロスタ内に情報が漏れないことを願っています……。

イベントが無事終了したので、敷島は再び中東に戻る予定。
香月MSの中東遺跡シナリオを狙ってみようかなあと思っています。
コメント
  • コースケ(2006/12/11 21:01)
    こちらでは初めまして。ベスとか佐渡川とかのPLコースケです。華清池ではお疲れさまでした。そして・・・、変なところ連れ回したりして申し訳ありませんm(_ _;)m
  • 旗村はかい(2006/12/12)
    コースケさんいらっしゃいませー。敷島、ハツ子共にお世話になっております。依頼ではお疲れ様でした。
    いえいえ、面白かったので全くもってオーケーですよ!楽しませて頂きました。今後とも宜しくお願い致しますー。

■2006年12月06日(水)  挑戦

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【鷹見沢桐】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【【金山迷動】 上野に暮らせば 〜霜月】

コミアキMSの金山迷動シナリオ4つ全ての報告書が上がっています。
桐は「【金山迷動】 上野に暮らせば 〜霜月」に参加。
行動選択肢はいつも通り「H:竹之屋豪腕腕盛記♪ 〜霜月の献立〜」です。

金山編ではお金の問題という、実にシンプルかつ難しい問題のせいでオープンが遅れていた竹之屋ですが、このたびようやく開店日を迎えることとなりました。
心機一転、真新しい店舗での再出発と言うことで、桐も新しいことを始めてみることにしました。
ずっと温めていたお茶メニュー開発に向けて、第一歩を踏み出そう!というのが今回のマイテーマであり、ここでコケるようならおとなしく引っ込むつもりだったのですが……。

桐ちゃんのドリンクメニュー、第1段「滋養陳皮茶」無事完成!

やったぞ。私の周囲でも風邪っぴきが多かったので、最初はミカンの皮をメインの材料に据えた、風邪予防のお茶をと考え、漢方茶のサイトを頼りに作ってみました。
無事、店で出すことができたようで何よりです。これでなんとかやっていけそうな感触を掴めましたので、次回以降も料理の方と合わせつつ、新商品を作っていきたいですね。
一番難しいのは、扱う食材が阿修羅の世界で一般的な扱いがあるかどうかをチェックするところなんですが、これがまた面白い部分でもあったり。
様々な食材の歴史を調べていると、意外にも昔から日本にあったり、変な使い方をされていたり、品種改良が頻繁に行われていたりという情報が入ってきて、実にためになります。
「この香辛料はあるにはあるけど、実際に茶店で出すにはきっと高価だよなあ」とか想像を膨らませて考えるのも、すごく楽しいんですよね。

地頭に執政、華僑のボスとたくさんの大物も開店セレモニーに顔を出してくれたおかげで、理想的なスタートを切ることができた竹之屋。
このまま流れに乗って突っ走っていけるよう、頑張っていきたいと思います。
桐はあと経験値50弱でレベルアップなので、次の金山依頼まで武闘大会に出場させ、レベルを11に上げる予定。
ジ・アースの方は11〜のレベル帯が出てきたので、これで気兼ねなくレベルアップができる……ハズ。



■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【聰暁竜】
■担当マスター【小沢田コミアキ】
■参加シナリオ【【金山迷動】 悪鬼は骨に集まれり 害】

悪人チームの暁竜は「【金山迷動】 悪鬼は骨に集まれり 害」に参加していました。
行動内容は「E:太田宿自警団、発足」です。

キヨシ村祭り警護の仕事を華人自警団に取られてしまい、割と手持ち無沙汰だった我らが太田宿自警団。
しかも華人自警団が仕切ることになっているので、下手に手を出すと揉めそうな上、太田宿住民からはお前等も警護をしてくれと言う声が上がっている始末。
まさにあちらを立てればこちらが立たずな状況でしたが、「自警団として参加せずに個人で祭に参加すれば良いんじゃね」と風斬さんが仰って下さったので、それに乗らせてもらいました。
おかげで何のトラブルもなく、お祭期間を過ごすことができたようです。一安心。

それから前回参加できていればやろうと思っていた、太田宿自警団内での役職獲得行動を今回取ってみました。
リプレイでは何か壮大な思惑があって動いているような暁竜ですが、私としてはそれほど明確な目的があって行動しているワケでもないのが、やや情けないところですが。
PCの自警団員が現状、悪鬼シリーズ参加者に固まっているので、何か大きな行動を取る際に団全体の方針決定権を持つ者がいた方が便利かなー、くらいの気持ちです。現状では。

シナリオ3回分使って根回ししてきた成果がどうにかこうにか出たみたいで、自警団の暫定リーダーに。役職は副長ということになった模様。
基本的に私は自分で動くよりも、人に意見を出してもらい、ある程度制限を受けた中で自分のベストを発揮する方が性に合っているので、本当は団長がいてくれた方が助かるのですけどね。
まあ、やると言ったからにはきっちり仕事の方はこなしていきたいと考えています。
ちなみに、現時点での基本スタンスは「金山迷動」内では悪事は行わず、地道に太田宿自警団の名声を高めていく方針です。
悪い子ちゃんチームの方は、もしこちらの自警団が障害になるようでしたら、ガンガン狙ってきてもらって構いません。
逆にこちらも行動の妨げになるようであれば、遠慮せず落としに行くつもりですので、予めご了承頂ければ幸いです。


それからようやくと言うか、遂に実装されたマスターファンクラブですが、私もコミアキMSの倶楽部に参加してみました。ナンバーは6番です。
ファンクラブ参加者のメリットは、そのMSの予約当選率が上がるというものですが、これはなかなか微妙ですよね。
ファンクラブ会員が少ないMSであれば、そもそも当選率を上げずとも依頼参加は可能でしょうし、逆に会員が多ければその恩恵を受けたメンバーがこぞって予約をしてしまいます。
どちらにしろ月会費500円分に対する旨みは少ないように感じられるので、予定されている掲示板や特別シナリオの実装に期待、と言ったところでしょうか。

宜しくお願い致します。

■2006年12月05日(火)  TWO TOP

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【冥王オリエ】
■担当マスター【マレーア】
■参加シナリオ【Wカップチームセクテ(VSリグ)】

オリエが参加していた「Wカップチームセクテ(VSリグ)」のリプレイが上がっています。

Wカップの予選最終戦でしたが、チームセクテはこのリグ戦に勝たなくても決勝進出が既に決まっているという状況。
だからと言って、中途半端なことをやって負けるくらいならば最初から参加しなければ良いわけで、今回もガチンコ全開ですよ。
ただ、今回は人数がギリギリしか集まらず、正直なところ厳しいかなあと思っていたのですが、ササンのエース、夏樹ちゃんが助っ人で入ってくれたので、物凄く助かりました。
サッカーで控えがいるのといないのとでは天と地ほど差がありますので、これでどうにか戦う体勢が整ったと言っても過言ではありません。

そんなこんなですごい助かったので、最悪でも引き分けに抑えてササンと再び決勝で戦えるようにしようと思ったのですが……。
何故か試合前に揉めるオリエと夏樹ちゃん。良かれと思って言ったのに、ひどいや夏樹ちゃん……うっ……うっ……(うそ泣き)


試合は一進一退の攻防を見せつつも、両者最後の一歩が及ばず0−0の引き分けに終わりました。
今までで一番苦しい戦いだったかも知れません。
そして、これでAリーグからはセクテとササンが決勝に進むことになりました。
どうにかこうにかここまでやってこれましたが、決勝はそう簡単には勝てないと思っています。

助っ人カモーン!助っ人カモーン!
もう熱烈大歓迎ですよ。経験未経験は問いません。一緒にチームセクテでサッカーしたいという方はじゃんじゃん飛び込んできて下さい。
キーパーやりたいって人でも構いません。むしろオリエは控えでオッケーオッケー。

宜しくお願い致します!
コメント
  • 犬笛(2006/12/07 03:52)
    ウチのえるふで良ければ暇だったら参ります。つか、サッカーを殺過亜と勘違いしてるよーな事ばっかしてた駄目ダメ娘ですが鍛え直して頂ければありがたくー
  • 海渡@夏樹PL(2006/12/07 16:09)
    初めまして。夏樹のPL、海渡と申します。試合ではお世話になりました。 いや、夏樹は設定で取得してる程の負けず嫌いなので、あれは要するに『出る前から負ける事考えるバカがいるかよっ!(張り手)』、と言う事ではなかろうかと。 それとも、大人の魅力全開なオリエさんを前に、我が身を顧みてコンプレックスを抱いた事から反発してしまったとか言う路線も良いかなあ(何)  とにかく、ササンとセクテ、再び決勝リーグで相見える事を期待しております。夏樹も『予選の借りはこちらで返す!』と息巻いております(負けず嫌いですから。ええ)
  • 旗村はかい(2006/12/08)
    犬笛さんありがとうございます!助っ人は大歓迎ですよー。スケジュールが空いていらっしゃるようであれば、是非是非宜しくお願い致します。
    そして海渡さんいらっしゃいませー。今回はこちらこそお世話になりました。決勝では再び対戦できるのを楽しみにしております。お互いがんばりましょう!!

■2006年12月04日(月)  クリスマスまで待てない

■ゲーム【Beast's Night Online】
■使用キャラクター【羽曳野ハツ子】

白亜絵師にお願いしてあった、ハツ子のシングルピンナップが納品されました!

さびしんぼうのサンタクロース

『クリスマスピンナップはPC同士でしか作成できず、かと言ってNPCピンナップは実装されていない現実から逃避し、一人とうふに蝋燭を立てるパンダさん』です。
25日の一斉公開なんてこれっぽっちも関係ありません。ちゃぶ台の上にツリーとケーキ(とうふ)を置き、それをうつろな目で眺めるパンダさん。
まるで他人事じゃありません。

まさにクリスマスは光と闇。きっと君は来ない一人きりのクリスマスイヴ。
そんな様々な思いが込められた素晴らしいイラストをどうもありがとうございました、白亜絵師。
薄暗い部屋の感じがとてつもない物悲しさを表していて、なんとも言えない気分にさせられる一品ですよ。


それから「Powerful Sports Festival」のポスターが完成したようです。

ポスターを描いて下さったのは、あきやま菜摘さん。
とても可愛らしいハツ子をどうもありがとうございました!
PSFオーディションは参加者も少なく、該当者のいない部門もありましたが、逆に言えばポスターになった際に一人当たりの占有面積が大きくなるというメリットも。
明らかに今回の企画では裏方であるハズの、応援団長ハツ子も大きく描いて頂いており感謝感激です。

次はホロビノカネのポスターでしょうか。
こちらには参加しておりませんでしたが、どんなものになるのかは非常に楽しみだったり。
カッコイイ系のポスターになることを密かに期待しています。
コメント
  • 八卦(2006/12/06 01:51)
    こ、これは!涙でイラストが滲んで見えない。ものすごく気に入ってしまいました。
  • 旗村はかい(2006/12/08 )
    おお!ありがとうございます(?)
    他のクリスマス商品は25日一斉公開なのに、こちらは普通のシングルピンなので、フツーに納品されるという、どこまでもかわいそうなサンタクロースでもあります……。

■2006年12月02日(土)  ジュラシックパーク

■ゲーム【ASURA FANTASY ONLINE】
■使用キャラクター【マフマッド・ラール・ラール】
■担当マスター【三ノ字俊介】
■参加シナリオ【強襲! 恐獣兵団殲滅戦】

マフマッドが参加していた、三ノ字MSの「強襲! 恐獣兵団殲滅戦」の報告書が上がっております。

大型恐獣3体に中型恐獣1個群を12人で相手するというハードな依頼のため、推奨レベルも半端じゃなく高かった当シナリオ。
それに応じて集まった参加者も、メイオールスターと言っても過言ではない程の実力者ばかりで、正直3レベルインド人を放り込んで良いのか迷いました。
結局、モナルコスが4体配備されているのでこれに乗れば足手纏いにはならないだろうと、思い切ってシナリオ参加。

今回は、今後も幾度と無くお世話になるだろう三ノ字SDへの、マフマッドのお披露目という意味合いが強かったので、キャラクタ描写中心に行動を取ってみました。
結果――

マフマッドはちょっとアレでナニな態度であはったが、悪漢を気取っているわりに神経が細かい人物であることを周囲の人々はこの数日で知っていた。

……くっ……これは個性派PCを演じようとしても、周りの目が気になって今ひとつハジケきれない私の性格を読まれているのか……ッ!!
ともあれ変な奴という認識はして頂けたようで、まずはオッケーと言ったところでしょうか。
三ノ字SDは絵を描く人でもあるので、PCのバストアップイラストは必ず見て下さっているハズ。最低限の印象付けは出来ていれば良いのですが。

肝心の戦闘は圧倒的と言うか、NPCの騎士兵士も含めて死人なしという完璧な結果に終わりました。
そして一番やばかったのはやはりインド人でした。このダメさ加減がむしろ愛らしいのですが。
まあ今回は天界人の名を上げるというのも依頼内容の一部でしたしね。悔しくなんかないもん。

参加者皆様方の個性が出ている、非常に楽しい&燃えるシナリオだったと思っています。
マフマッドもいつかは皆様方と肩を並べて戦えるくらいには、強くしておきたいですね。
ゴーレムに乗れるような依頼があれば、近い内に依頼参加するつもりです。

過去ログ 2005年09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年04月 
2015年01月