ネコハコセーブポイント【極】

■2008年08月30日(土)  カードオークション用メモ

■ゲーム【Catch the Sky〜地球SOS〜】
■使用キャラクター【鯨井昼寝】

【特別版】
・J.2絵師   :2008-08-31 20:00:00
・Kuratch!絵師:2008-08-31 22:00:00
・和めの絵師 :2008-08-31 23:00:00

【通常版】
・北条梅絵師 :2008-08-31 22:00:00
・和めの絵師 :2008-08-31 23:00:00
・東端絵師  :2008-09-01 00:00:00


オークションは締切時間間際に金額上乗せされると延長戦に突入するので、最初の締め切り時間が遅いと、決着がつくのがとんでもない時間になるケースがあります。
次の日が休みであれば良いのですが、普通に朝から仕事の場合、金銭的な部分よりも寝るに寝れない、じりじりとした時間を過ごすのが苦痛だったり。
顔も知らぬ競り相手に対し「早くあきらめろ、あきらめちまえ!」と念波を送りつつ、眠れぬ夜を過ごした経験がおありの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もうどうにでもなれ!とばかりに自分の提示できる最大金額まで上げて、結果を見ずに布団へと飛び込む方。
逆に、時間を最大限に使って、ひたすら相手をじらしまくりながら、耐えて耐えてそしてまた耐える道を選ぶ方。
分の悪い勝負は捨て、手広く網を張りつつ、確実に枠を獲得する方。
いろんな動きをする方がいて、それが何となく分かるのが面白い。

そして散々競り合って負けた相手が誰だったか分かる、商品納品日。
そのライバルが知人だった時のやり場のない、もやもやとした感情。
何より競り勝った際の、満足感と充実感。

はっきり言って、普通のOMC発注とは一味もふた味も違います。
金額的に高い商品ではありますが、このスリルはここでしか味わえません。
ハロウィンと悩んでいる方がいれば、間違いなくこちらをお勧めします。

レッツオークション!(OMCの回しものではありません)

■2008年08月15日(金)  海の底

■ゲーム【Catch the Sky〜地球SOS〜】
■使用キャラクター【鯨井昼寝】

地球SOSにおいて「どのシナリオに参加するか」というのは、積極的に参加されている方であるほど、悩むところなのではないでしょうか。
「面白そうな依頼に入りたい」「このMSさんを俺は追いかけるぜ」「とにかく難しくて報酬の多いシナリオに」「金がないからイベントシナリオだけなの」
などなど、自分のスケジュールとスターコインとその他諸々との調整を行いながら、『依頼を受ける』をクリックしているのだと思われます。

そんな中、虎視眈眈とUPC海軍入りを目論む鯨井昼寝と致しましては「海戦依頼」が、割と優先度高めで参加しているシナリオだったりします。
MS問わずその手のシナリオの参加回数を増やすことで、海戦のエキスパート的な立ち位置を得られれば良いなという考えのもと、スケジュール調整に四苦八苦。
その甲斐あってか、結構な回数をこなしてきたように思っています。
ちょっと自分的に復習の意味で、今日は過去参加の水中戦闘関係依頼・作戦のまとめを。


●【NK】敵情視察(香月ショウコMS)
ブラジル北部アマゾナス州の州都、マナウスを調査する依頼。
アマゾン川を水中機体で移動。一般傭兵というかPCで最も早く水中機体を動かしたのが、このシナリオでKF-14に乗った昼寝とアグちんと月神陽子ちゃんなハズ。

●マラガ・アノマリー(風華弓弦MS)
初の水中戦闘でしたが、万全を期すために陸まで誘導して戦ったVSプラナリアキメラ。
すずりんと共に誘導役に回りましたが、何気にトドメの一発を決めさせて頂きました。まだ水中武器がないのでツインドリル装備でしたね。

●【PN】水雷戦企画書(御神楽MS)
水中への敵に対する攻撃のバリエーションを増やす意味で出された対潜兵器と、KVの離着水を可能にする飛行艇キットの開発シナリオ。
欧州攻防戦前ということで、とにかくスピード重視で開発してくれと要望を出したのですが、未だに市場に出てきてないところを見ると何か問題があったのでしょうか。

● 英国王立兵器工廠の逆襲(御神楽MS)
英国工廠の新型KVを開発しようというシナリオ。ここを逃したら後がないとばかりにねじこんできました。
水中用高級機体、仮称はリヴァイアサン。シリーズなので現在進行中で開発ってます。全国800万人の海戦ファンのみんな、無事完成することを祈っててくれ!

●有栖川輸送船団(望月誠司MS)
大海原でのシーサーペント型キメラ5体との真っ向勝負でした。
生身だったら超強敵となるだろう20メートルオーバーの海竜であっても、やはりKV戦闘となるとそれほどの怖さを感じませんね。

●英国王立兵器工廠の憂鬱(御神楽MS)
英国工廠シリーズ第2回。リヴァイアサン(仮)のアイデア出しに協力してくださる方もでき、本当に有難い限りです。
バランス型のハイスペックマシンということは大体決まった感じです。全国1500万人の海戦ファンのみんな、無事完成することを祈っててくれ!

●海底から救助せよ(加藤しょこらMS)
ノルウェー西方沖に擱座した潜水艦の救助依頼です。キメラもいるから気をつけてねというおまけつき。
UPC北方軍からの要請とあっては駆けつけないわけにはいきますまい。どうでも良いけど海の依頼は絶対アクアリウムの誰かと一緒になるよね。

●【出雲】神鯨砕破 (竹科真史MS)
ゾンビクジラとの戦闘依頼です。いつ来るかと待ち望んでいた鯨型キメラとの対戦だけに大興奮。
クジラにちなんだ洒落た決め台詞も考えていましたが、プレイング文字数オーバーで泣く泣く断念でございます。

●【レンズ】海洋投棄(姫野里美MS)
噂のレンズを海に捨ててくる依頼。出てきた敵はトカゲワーム。今までキメラの相手ばかりだったので新鮮でした。
今回捨てたレンズを勝手に拾ってバグア側に持って行ったら、ファームライドと交換してくれないかなー(くれないよ)

●足下の深淵(沼波連MS)
今までの海の敵はそれほど強くありませんでしたが、今回のは過去最強。なんてったって水深1キロまで潜れる水中用ヘルメットワームです。
わー!倒せなかったー!挙句の果てに行動不能……ッ!!余裕ぶっこいていた自分に対する戒めなのか。

●海を飛ぶ鳥 空泳ぐ魚(風華弓弦MS)
海のキメラどれだけ種類豊富なんだよと言わずにはいられない。カマス型キメラとの対戦……。
と思いきや警戒してたら、寄ってきませんでした。相変わらずブレのない風華式マスタリングだぜ!

★ヨーロッパ攻防戦
第1回「海上封鎖・援護」個人2位・小隊9位
第2回「合流阻止」個人4位・小隊3位
第3回「シシリー島、合流阻止」個人2位・小隊3位
「KVメーカーに水中機体開発を促すためのアピール」「ファームライドVSアクアリウム」「空海連携」など、やりたいことは全部やった気がする欧州戦闘。
チームで鉄菱勲章も頂きましたし、なかなかやるじゃないかワッハッハですよ。だけどたまには空に行きたい夜もある。そんな感じですか?(知りません)

★Mid Night Summer
第1回「<交戦・海軍>」個人2位・小隊1位
第2回「<交戦:海軍>」個人12位・小隊1位
鯨井昼寝=海のイメージがつくのは良いのですが、アクアリウム=海にはしたくなかったというのが本音だったり。
ただ「人手が少ないところに行く」というチーム方針でいくと、どうしても選択は海一択になってしまうのは仕方ないのかも知れません。
今後どうしようかと結構悩んでいたりしますが、それはまた追々。


ざっと書き連ねてみましたが、個人レベルではまだこれはと言えるような実績がないのが辛いところ。
「コイツがいれば海は大丈夫」くらいのイメージを持たれるまで、ガンガン依頼にぶっ込んでいこうと思っています。
つまり何が言いたいのかと言えば、もうちょい海の依頼出してネ♪ってこった!


宜しくお願い致します。

■2008年08月01日(金)  インバーテッド&コンティニアスロール

■ゲーム【Catch the Sky〜地球SOS〜】
■使用キャラクター【鯨井昼寝】
■イベント【Mid Night Summer】

地球SOS4回目となる大規模作戦は「Mid Night Summer」のタイトルが冠された映画撮影イベントです。

総製作費数千億以上って。
パイレーツオブカリビアンとかスパイダーマン2クラスで、確か製作費が2億ドル前後だった気がします。
それなのにこの蟹退治映画が数千億以上って、どうにかしてます。
役者が素人揃いなのにどうにかしてます。
もしかしたら、金額の単位が円とか米ドルじゃなくて、ジンバブエドルなのかも知れません。


さておき第1フェイズの結果が出たわけですが――
大規模作戦で何が一番楽しいかと言えば、普段シナリオでお目にかかることのない変な名前のキャラクタとその珍妙なコメントを功績一覧で見ることに決まっています。
前回も一言メッセージが「うんこ」だったり、キャラクター名が常軌を逸している方々を見つけては一人ほくそ笑んでおりましたが、果たして今回はどれほどの傑物が出るのか!
超どきわくしながらチェックしてみました。が、いない!変なのがほとんどいない!
欧州の時にいた、あの「触手」ってのもいない!
触手2とか触手3とか増えてたら面白かったのに。何気に小隊システムを活用して上位に食い込む触手。そんなのを見たかったのに。


大規模作戦の楽しみの半分くらいが奪われてしまった感じですが、皆様方におかれましてはいかがでしょうか。
たぶん次でリアルバグア登場。3〜5フェイズはいつものガチ戦闘イベントだと睨んでいますがはてさて。
ビーストナイトでは戦闘系より芸能系のイベントが好まれていた気がしますが、地球SOSだと全く逆の印象ですね。ゲーム性質上仕方ないのかも知れません。

われらがアクアリウムにおきましては、海の方で頑張っていたようで何より。
小隊ランキング1位でしたが、これは陸空海でエリア分けされた段階である程度読めていた結果。
この程度で喜んでいるメンバーがいたら昼寝で一喝してやろうかと、鼻息荒く兵舎に突入したら別にみんな普通で肩透かし。
いや……ちょっとくらいは喜んでも……いいんだぜ?

志の高い連中ばかりで喜ばしい限りですが、油断すると小隊長がチーム内個人成績ビリになってしまうのが当水族館の恐ろしいところ。
それだけはなんとしてでも避けるとばかりに、第2回も気合入れて臨みたいですね。
がんばります。

過去ログ 2005年09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年04月 
2015年01月