ネコハコセーブポイント【極】

■2009年09月28日(月)  見事に茹った

■ゲーム【Catch the Sky〜地球SOS〜】
■使用キャラクター【鯨井昼寝】

ジャック・ハムスター絵師にお願いしてあった、KV全体図が納品されました。



昼寝のKF−14を大胆に赤×黒のディアブロカラーにしてもらったのですが、実にかっこいいです!
「女とKVは化粧で化けるものよ……」と一人うんうんと頷いてみたり。

ただこの一枚自体はお気に入りなのですが、KV全体図という商品に関しては「サイズが小さい」という致命的な弱点があると考えています。
これはマイページの機体画像差し替えができるように400×300ピクセルに固定しているのでしょうが、どうにもちんまりした印象が拭えません。
迫力があってこそのロボット、ナイトフォーゲルだと思いますので、せめて同価格、同系統の商品である殲騎全身図並のサイズであったらというのが、正直な感想ですね。

KVに関しては入れこんでいる人も多いでしょうし、こういう商品がでてきたことは素直に嬉しいです。
豹柄の阿修羅とか、パンダカラーのスカイスクレイパーなど、アイデア次第で面白い演出ができるのもポイント。
ロッタペイントなんかを実際に入れてもらって痛KVを作るのもアリですよね。
今後に期待のOMC商品のひとつです。


またKVネタとしてタイムリーなことに、KV作文キャンペーンなる企画が始まったようです。
KVをテーマとした4つのお題の中からひとつを選択して、800字以内でネタを書き上げれば良いとのこと。
期間は1週間とタイトではあるものの、まぜのべ日記一日分を書きあげる程度の労力で仕上げられそうなので、私も何か書いてみようと思っています。

応募者全員に記念品が頂けるそうなので、興味のある方は筆を取ってみるのも悪くは無いのでは。

■2009年09月25日(金)  遅れてきた白鳥
■ゲーム【舵天照 DA-TEN-SHO】
■使用キャラクター【スワンレイク】

君千夜絵師にお願いしてあったバストアップ絵が納品されましたので、新キャラクターの紹介を。



スワンレイク。弓術師(ワールドガイドのスキル一覧で、アイコン上の記載が「弓術士」になってるよ)です。

イラストの感想は完璧としか言いようがありません。
今回はちょっと髪型にこだわりたかったので、参照イメージをヘアスタイルカタログのサイトから引っ張ってきた写真にしたんですよね。
当然髪型は申し分のないくりくりショートで、コレだよコレ!とひとり大騒ぎ状態。
反面、普段は衣装服装の方で使っている参照画像がそちらで使えず、文章のみで着ているものを説明しなければなりません。
そこで私の拙い表現力でアレコレ書いても困らせてしまうかなと、伝家の宝刀「おまかせ」を発動。

基調とする色は白。弓使い。お嬢様。華麗な戦い方を好む。
断片的なイメージだけ羅列しつつ、ファンタジーっぽい服装であればなんでもという発注内容だったのですが……ミラクル!
なんというか全てにおいて天才的なバランス感覚というか、まずグローブ着用が素晴らしいです。
軽装なんだけれども要所を金属製の防具で守っていて、弱弱しさを感じさせないのもナイス。
これがもうちょっとドレス部分が多ければ戦士足り得ないし、逆に鎧部分が多ければ軽やかなイメージは損なわれていただろう絶妙な配分です。
おそらく名前からイメージしてくれたのでしょう、白鳥の羽を思わせる腕当ての意匠にはただただ感動するばかり。

最強の一枚をありがとうございました。


キャラクタの方向性としては、女の子が好きなお姉さんという路線でいこうかと。
リトルバスターズでいえば来ヶ谷。化物語でいえば神原。
単純な百合ではなく、変態的なエッセンスをもった女子愛好家というかそんな感じのバカキャラを狙っています。
最近のゲームや小説でもそこそこありがちな設定ではあるので、そのままではなくプラスお嬢様的なスパイスを加えた上で、旗村流にアレンジできればベスト。
プレイヤーとしてはあんまりアホなことができない鬼島だけだとストレスがたまる一方なので、スワンの方でちょいちょい発散していけたらなあと考えております。

ゆるやかーに動かしていくつもりですので、お見掛け致しましたらどうぞよろしくお願い致します!

■2009年09月21日(月)  合戦前のトレーニング

■ゲーム【舵天照 DA-TEN-SHO】
■使用キャラクター【鬼島貫徹】

スキル強化システムが実装されました。

WEBゲームに対応するように作られたせいか、あまり無茶なことはできないみたいですね。
同時に数値的に意味の無い強化もできないのが少し残念。
個人的には「成敗!」を鬼強化して、スーパーキメポーズを取れるようにしたかったのに……ッ!
レベル5で身体が発光。レベル10でムーンサルトを決めつつ、レベル15で背景に称号名プラスキャラクター名が毛筆フォントでどどんと出つつ、謎の爆発音で締める――
みたいな成長を遂げて欲しかったです。今後その手の宝珠を触媒にすることで出来るようになれば良いと思う。

成功率とパラメータ上昇度合いのバランスは比較的マトモですが、これも単純に資金さえあれば確実に強くなるというのが若干の不満点でもあったり。
これはいつも言ってるのですが、キャラクターカスタムって選ぶ(悩む)楽しさがあった方が盛り上がると思うんですよね。
具体例を出すと、地球SOSのKV、ディアブロのバージョンアップは面白いなと。
強敵との戦闘に備え一撃必殺タイプのままでいるか、より長く戦えるマイルドな機体へと変更するか。単純に強化すれば良いというそれまでのバージョンアップに比べ、悩む楽しみが増えたのではないでしょうか。
メギドの丘のような「強化すればするほど威力上昇、だけど比例して練力消費も大きくなるので使用可能回数が減る」システムが本当は一番好きです。
「対上級アヤカシ用に火炎獣の火力は最大限まで上げておくけど、雑魚戦用に斬撃符はレベル3までで留めておこう」みたいな、そういう自由度があると嬉しい!

そういった意味では強化可能な範囲が合計レベル15までという制限は、なかなか気に入っています。
この制限を解除したり、本来は強化不可能な分野を成長させるレアアイテムが、依頼で入手できるようになると面白いかも知れません。


妄想混じりの要望ばかりを口にしてしまいましたが、スキル強化にそれだけ期待しているものだとご容赦頂ければ。
鬼島くんもお金を稼ぎつつ、少しずつでも強くしていきたいと思っています。
あと弓術師の新キャラを作ったよ。絵ができたら紹介しまーす。

■2009年09月19日(土)  我らの流儀

■ゲーム【Catch the Sky〜地球SOS〜】
■使用キャラクター【鯨井起太】

飲み会に全然来ない人がいて「あいつまた来ないなー」なんて、出席者の誰かがつぶやいているのを聞くと、なんとなく依頼の相談を思い浮かべてしまったり。

参加する方の言い分は「そりゃ参加は自由だけど、みんな来てるんだし付き合いってもんがあるだろ。こういうのを含めて仕事ってもんだぜ」
参加しない方の言い分は「なんで強制されなきゃいけないんだよ。仕事(プレイング)はきっちりやってるんだから、つべこべ言われる筋合いはねえよ」

どうせだから仲良くやろうよと思うのですが、この手の話がこじれるのは両サイドに極端な人がいるからなんですよね。
飲みで言ったら、問答無用で出席を要求する部長クラスとかでしょうか。
いやもう今の時代そういうの流行らないからと言っても聞く耳持たずで、間に入って苦労するのはいつだって中間の人間なんだだだだだだだ。
逆に新年会や忘年会クラスの飲みでも平気でブッチするルーキーもいたりして、お前それくらい出ろよと言わずにはいられなかったりも。
でまあそんな両者が歩み寄るわけもなく、より一層態度が頑なになるという……。

一方で如才ない奴は普段は盛り上げつつ、自分の都合がどうしても悪い時でも顔だけは出して、きっちり挨拶だけは済ませていきますよね。
ゲームの場合だと「他人の意見に対する同意と、出た意見のまとめ」、要領の良い人はこれを駆使して、余裕がない時期でもとにかく卓への顔出しを行っている気がします。
なんだかんだ陰口叩かれたら面白くないのは誰だって一緒で、それなら開き直るよりはできる範囲で自己防衛する方が楽だし、疲れないよねというのは私が年を取った証拠でしょうか。


ちなみに私自身の今までの経験から言うと、飲み会(相談)大好きーという人の中には、仕事(プレイング)のできるのもできないのも色々いましたが、
飲み会(相談)なんか絶対出ねえー、という人の中に仕事(プレイング)がバリバリできる人はひとりもいませんでした。

■2009年09月16日(水)  サワの系譜

■ゲーム【蒼空のフロンティア】
■使用キャラクター【沢スピカ】

lotz絵師にお願いしてあった、スピカの基本セットが納品されました。



ソークール!なんという蒼空学園女子制服。
「着こなし方はきっちり系でも、適当にアレンジかましていてもオーケーです」ってコメントしておいたのですが、ネクタイ合わせは斬新だなあ。
ゲームしている人はご存知の通り、学園の女子制服はストライプのシャツに赤リボンと、すごく女の子っぽいデザインなんですよね。
中性的なスピカにはそれだともしかしたら似合わないかも知れない、かと言って男子制服を着るのは違うし、私服も同様……ううむううむと悩んでいたところにコレ。
まさに待っていて良かった一品です。lotz絵師ありがとうございました!

実は今回ひとつポカをやってしまっていて、本当はスピカの髪の色は白なんですよ。
納品されたときもアレっと思ってリテイク申請したのですが、私自身が発注文章の中で「黒髪の女の子」とか書いてしまっていたというオチ。
わー!ごめんなさーい!!と、とりあえず変装のため染めていることにしよう……。お手数お掛け致しました。


ゲームの方はぼちぼち。今はグランドシナリオの結果待ちです。
端の方にでも登場できていれば嬉しいですね。

■2009年09月13日(日)  キャラが立つのは良いことだ、が

■ゲーム【Catch the Sky〜地球SOS〜】
■使用キャラクター【鯨井昼寝】

ラブプラスやってます。

たまごっちやニンテンドッグス系のコミュニケーションゲームなので、プレイ時間は1日に10分程度でしょうか。
発想自体は井上涼子シリーズをはじめ、昔からあったリアルタイムギャルゲですが、DSとの相性が抜群ですね。
ついついやってしまう中毒性を秘めた魔性のソフトよ……!!
登場する女の子も良い意味で普通で、昨今のノベルゲームに出てくるような突飛なキャラクターでないのもゲームの雰囲気に合っています。


そんな流れで少しPBM時代と今のWTのキャラクタ作りの違いに思いを馳せてみたり。
ゲーム期間が精々10ヶ月(10回)前後だった紙媒体の頃は、いかに個性的なキャラクタを作るかが勝負の分かれ目でもあったと思っています。
アピールする機会が限られているので、とにかく初手でどれだけキャラクタを印象付けられるかが肝だったんですよね。
強烈なキャラクターを作ってもネタが枯渇する前にはゲームは終了していますし、とにかく同ブランチ内で、個性が被ることを恐れていたのを覚えています。

一方でゲーム期間は数年間、多くのマスターやキャラクターと出会う機会のあるWTの場合、勢いでキャラクタを作ってしまうと後々しんどいんですよね。
自分で作ったキャラクタの設定に縛られた挙句、動き辛くなって、だんだんそのPCの使用頻度が落ちるなんて話は良く聞くところ。
キャラクタ作成については(なぜか)アドバイスを求められることがあるのですが、一番良いのはあまり狙い過ぎずに自分好みのキャラを作ることだと思っています。
ゲームに慣れてくると「ちょっと捻ったキャラを作ってやろう」って欲求は誰しもが持つのだと思いますが、あまりその手の珍妙キャラの成功例を見たことがないというか。
「ああこのPCは愛されているんだなあ」というようなキャラクターは、大概がオーソドックスな設定&外見であることがほとんどです。


そんなこんなで矢を手で持ってそのまま敵に突き刺す弓術師キャラって斬新じゃね?という闇の声と戦っている深夜2時。
今週末は舵天照の新キャラ作ります。

■2009年09月06日(日)  誰が為の

■ゲーム【Catch the Sky〜地球SOS〜】
■使用キャラクター【鯨井昼寝】

大規模作戦対策本部で、今後の大規模作戦についての意見を募集していますね。

こういう試みはすごく良いなあと思う一方で、ちょっと怖いと感じる部分もあったりなかったり。
地球SOS以降のゲームはプレイヤーの意見が通りやすいのはプレイしていて明らかですし、その丁寧な対応がゲームを盛り上げているのは間違いありません。
反面、客の意見に右往左往している部分が目に付くのも確かで、なんだか傍で見ていると危なっかしい印象を時折受けるのは私だけでしょうか。
ラーメン発見伝で、ラーメンマニアが口出しし過ぎて味がブレてしまった挙句、結局店が潰れてしまったラーメン屋の話をなんとなく思い出してしまいました。

この手の問題は誰からも不満が来ないように八方美人な対応を取ろうとすると、逆に誰からも支持されないなんてことになりがちです。
そもそもWTほど人によってプレイスタンスが異なるものもないですしね。
大規模作戦に対する期待が大きいからこそ辛辣な意見も出るのでしょうが、だからこそきっちりとしたデータを取った上での修正をして頂ければと。
「こんな意見があったからこうすればいいかな」という、なんとなくのイメージだけで動いてしまうのが一番問題だと考えています。
アンケート取りましょうよ。




舵天照はいよいよ初めての大規模作戦が迫ってきました。
以前に公開されたスケジュールを見る限りでは、今月下旬開始とのこと。
その前に連動シナリオ公開とスキル強化に新クラス追加、特別アイテム販売あたりがくる形ですね。

個人的に一番気になるのが小隊システム。
初回の大規模から実装されるのか、それとも地球SOSのように最初は個人個人で申告する形になるのか。
あるとすごく便利なので、できれば初回から活用できるようにして頂けると有難いです。
そして行き先に困っている人はみんな鬼島くんのところに来ると良いと思う。

■2009年09月01日(火)  涼しかったり暑かったりで

■ゲーム【舵天照 DA-TEN-SHO】
■使用キャラクター【鬼島貫徹】

内田絵師にお願いしてあった、鬼島のアイコンふたつが納品されました。
笑い系2種。「ククク、馬鹿め」な邪笑タイプと「ふはは、天晴!」な大笑タイプです。
本当は思考系をお願いしようと思っていたのですが、アイコンサンプルを見ている内にあれも欲しいこれも欲しい状態に陥ってしまい、そのままなし崩し的に。
いつも素敵な表情を描いていただき、ありがとうございます内田絵師。鬼島のアイコンはもう内田さんの窓が開いた時に少しずつ増やす感じで良いかも。

さて、さくらさくら→真剣で私に恋しなさい!!の2HITコンボで、依頼参加ペースが落ちていた8月下旬ですが、9月はまたペースを戻していけたらなと。
積みゲーが尋常じゃない量になってきたので、そっちもボチボチ処理していきたいところよ……。

それでもってゲームと言えば地球SOSと舵天照でWEBゲーム実装のようですね。面白そう!
トーナメントも良いですが、ミッションクリア型の方が私好みでしょうか。
システムや対応OMC商品、参加料など気になることはたくさんありますが、続報を楽しみに待ちたいと思っています。


なつきたっは延長されるみたいですが、ハロウィンが控えていると思うので追加の発注はなしで。
こっちもネタを考えておかねば!

過去ログ 2005年09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年04月 
2015年01月