ネコハコセーブポイント【極】

■2010年03月29日(月)  もふもふらんらん

■ゲーム【舵天照 DA-TEN-SHO】
■使用キャラクター【スワンレイク】

花冷えが続きますね。花見の日程には毎年悩みますが、今年もタイミングを逃さないようにせねば。

ゲームの方は全PCボチボチといったところですが、少しだけスワンを動かすのが面白くなってきたところでしょうか。
やはりレベル10〜20くらいの時期は、キャラクタの方向性が固まっていく事もあって、依頼参加にしろ装備品の選定にしろ、悩む楽しみの詰まったドリームタイムなのは間違いありません。

そんな中、我が家の白鳥さんももふら愛好家としての立ち位置を固めるために、もふもふシナリオに優先して参加させております。
結果頂いた称号は、【もふら愛】【もふらぶぱわー】【愛の前に敵ナシ】の3つ(他にもふらとは無関係の称号がふたつありますが)。
徐々にもふらさまへの愛の力も増えていっているようで何より。
もふら依頼も各MSが定期的に出して頂いてくださってるので非常にありがたく思っております。
唯一のミステイクは、からたMSの「もふらが食べたい」依頼を見逃していたことです。なぜこれだけのインパクトあるタイトルに気づかなかったのか……ッ!

もふらに関しては当初あまり好きなキャラクタではなかったのですが、いつの間にかスワン同様、プレイヤーである私もその虜に……。
ダメな子ほど可愛いとはよく言ったものですが、もふら依頼のイメージイラストで使われているあのダンシングもふらちゃんはいつ見ても和みます。
そしてどうしてラブリーもふらさまを最初は嫌っていたのかと、ちょっと記憶をたどってみたところ、オフィシャルブログに顔を出していたもふまるがウザかったからだった!
もふらさまの知能レベルは「人」なので、MSによって人語を喋るもふらと、ただもふもふ鳴くだけのもふらの2パターンあるのですが……
私は断然、もふもふオンリーのもふらさまをプッシュしております。
人の言葉をしゃべるもふらさまは、愛らしさがワンランク落ちるというのが持論。

あとはもっともふらアイテムが充実してくれると嬉しいですね。
もふらのぬいぐるみはおかげさまで25個たまりましたが、目標は高く1000個!
鬼島が引き当てた際は即座にスワンに送っておりますが、もし他に不要な方がいたら譲って頂ければ幸いです。
あとはもふら印の外套や頭巾が出てくれたらと願わずにはいられません。
地球SOSのように、もふらづくしのOMCキャンペーンとかやってくれないかなあと夢想中。

■2010年03月17日(水)  キャンドルナイトを盛り上げて
■ゲーム【宵闇幻影奇譚】
■使用キャラクター【轟 快晴&レイニィ=ソーンダイク】

なかなか手が回らない宵闇幻影奇譚。
何気にホビデ時代の友人知人から「参加してるよ」報告が続々入ってきているので、少し動かさねばと思っていたり。
まず必要なのはアイコンですね。そうに決まっている。

で、結果発表が延期になっていたアップデートイベント『巫女神楽』の報告諸々が本日行われました。
目玉はなんといってもコミックリプレイ。
地球SOSでも一度行われましたが、これは通常のイベントと異なり、絵にした時の面白さや効果も考えつつ、アクションを起こさなければならないというシロモノ。
MT時代の採用率を思い返すだけで、胃がキリキリするという噂のアレです。

ここでひとつ気になっていたのが、プレイングが公開されるという告知。
アクティブ層がどれくらいいるのか気になっていたのですが、数え間違いがなければ85組、170キャラクターが参加していたのでしょうか。
動いている人は熱心に活動している印象があるのですが、そうでない人はたぶんイベントチェックも行っていないイメージが。
楽しみ方を自分で見つけられる人向けというか、東京怪談的というか、やっぱりちょっと他社のPBWとは一線を画すところがある硬派なゲームの気がします。

そして描写されたキャラクターは32キャラクターですので、採用率はそれほど悪くなかったのかなあと。
母数の少ない作品は少ないなりの面白さがあるもので、こういったイベントに登場しやすいこともそうですし、今回もちょっとした個別評価があったりと、細かいところまでレスポンスがあったのが良かったです。
あとはもう少しとっつきやすくしてくれると有り難いのですが……逆にその辺りの壁を乗り越えてきた面々で濃くプレイするのもアリなのでしょうか(知らん)


リプレイの結果は、おかげさまで快晴&レイニィは2ページ目に登場。
自重しておふざけに走らなかったのが功を奏したのかも知れません。
釈氏絵師どうもありがとうございました!

■2010年03月16日(火)  グラディエーター

■ゲーム【舵天照 DA-TEN-SHO】
■使用キャラクター【鬼島貫徹】

行けなかったことを後悔してしまうので、関西オフの話が書かれたまぜのべ日記とかを読まないようにしていたのですが、うっかり見てしまったぜ、なにわのわたし。
本日、高まった私の中のうらやまCゲージが天を突き抜け、テラネッツ本社を直撃したようです(うそ)
春のどさイベ2010開催決定!
東京は火曜日かー……。たぶん東京会場に向かいますが、無理そうなら大阪でしょうか。どっちかは行けると思います。札幌は無理。


さて最近のニュースと言えば、やはりCとDでの武闘大会本格開始でしょうか。
ボチボチ参加させてもらっていますが、予想以上に面白いです。
たぶん今最もコストパフォーマンスの高い、スターコイン500円分の使い方だとさえ思っていたり。
さすがに能力値的に強い人が勝ち残り易い仕様とは言え、そこそこ逆転の可能性も秘めつつ、仲間集めの段階から戦術を考える楽しさがあるというか。
お金を払わなくても隊長から誘われることで参加可能で、かつ強い人が必ずしも誘われやすいというワケでもない、というシステムが良い方向に働いていますね。

何より勝っても負けても仲間同士でワイワイ騒げるのが、個人的に一番の好感触ポイント。
ここがブラックジャックやレースゲームと最も異なる点ではないでしょうか。
意外だったのは、のつきさんはこういうのあんまり好きじゃないと思っていたのですが……めちゃめちゃ隊長参加しとるがな!
昼寝と起太でチームを作る予定はしばらくないので、ご自由にお使い下さいと言っておきます。他の方々も連絡不要でガンガン拾ってやってくださいませ。
レムはもしかしたら経験値とくじ目当てで、ちょっとだけチーム組ませるかも。


【おまけ(田吾作どん向け「エンドブレイカー!」キャラクターヒント)】

Q1:絵は持ってんの?
A1:バストアップとアイコン持ってるよ。

Q2:冒険してんの?
A2:レベル11だよ。

Q3:旅団作ったの?
A3:作ってないよ。

Q4:どこかの旅団入ってるの?
A4:入ってるよ。

■2010年03月09日(火)  梟と桃の花

■ゲーム【舵天照 DA-TEN-SHO】
■使用キャラクター【鬼島貫徹】

合戦開始に伴い、やはりコレは作っておかねばならないだろうとエンブレムアイコン発注。
エンブレム系は仕上がりが読みにくい性質の商品ですので、やはりどうしても数多くのサンプルがある絵師さんから選んでしまいます。
今回はリアル動物絵ならかちっと決めてくれそうな、影都カズヤ絵師にお願い致しました。



良いですね!この重々しさは豺狼山脈のイメージにぴったりです。
狼モチーフは120%被ると思いましたので、拠点の梟山橋にかけて、フクロウびゅーん!な感じで。
記号的ものはなるべく含めず、シンプルな渋味が出ればと思っていたのですが、予想以上に私好みの風合いに仕上げて頂きました。
小隊システム公開にも間に合わせて頂き、影都絵師には感謝感謝ですよ。

その舵天照で立ち上がった小隊数は現時点で70。
地球SOSでは今現在約280のチームがありますので、まあ大体そんなものかなというところでしょうか。
気になったのは小隊に関する説明がほとんどなく(私が見逃してる?)、舵天照からのプレイヤーさんにとっては戸惑う部分も多いかも知れません。
地球SOSの「兵舎のきまり」後半部を舵天照用に修正して、「拠点のきまり」に載せておくだけでも随分違うと思うのですが……。


それから円原絵師にお願いしてあった、昼寝のバストアップ絵が納品されました。



ちょっとびっくりするくらいお気に入りなんですけど……この春らしい爽やかさはただごとではない!

「春物私服」というテーマで全て絵師さんにお任せしたのですが、こういうふわっとした感じは私の内からは絶対に出てこないので、とても感激しております。
自分で頼むのは、いつもいつもレザー系やらシャツ&ネクタイといったマニッシュスタイルだったので、めちゃ新鮮。
クラウディア・マリウス的なフェミニンな衣装には一度チャレンジせねば、と思っていたので、その意味でもナイスなラブリーピンク。
「こういうのが可愛いんだろ」と言う狙い澄ましたあざとさがなく、なんとも心落ち着く一枚です。
ありがとうございました円原絵師。応援しています!

■2010年03月01日(月)  みんなだいすき年度末

■ゲーム【Catch the Sky〜地球SOS〜】
■使用キャラクター【鯨井昼寝】

ぎゃー!3月がやってきたぞー全員退避じゃー退避じゃー!

今月予定されている関西オフのための日程調整をずっと行っていたのですが、さすがにこの時期は無理でした。
ご参加される方は楽しんできて下さい!
とにかく交通費を節約したいという方はこんなのどうでしょうか。


さて最近の依頼参加頻度は、地球SOS<舵天照になりつつあるのですが「こんなシナリオだったら参加するかも」というのを各キャラクタごとに。


【昼寝】

かなりの依頼吟味状態が継続しております。もう本当に入りたいものオンリーで。
ある程度難易度が高いか、面白そうな水中戦闘依頼があれば突撃します。
その意味で期待しているのはドクMSの連作ショート系。
機体や兵装の開発依頼も参加する可能性はそこそこありそうです。色々と自由度が高ければ高いほど参加率上昇傾向アリ。
あとは気軽に参加できるイベントや、相談不要系のものがあればちょいちょいと言う感じかと。
ゼオン・ジハイドの一匹二匹、海に来てくれればベスト。生身水中戦でもオーケー。


【起太】

なんだかんだと後回しになってしまいがちな不遇の子。
一番良いのは新しく始まる何かしらのシリーズ依頼にぶち込むことなのですが、これがまたなかなか。
水乃MS不在があまりに痛いのですが、べそかいてばかりもいられないので新規MS開拓に乗り出すべきなのか。
あまり殺伐としていなくて、どこかほのぼのな雰囲気のあるシナリオが良いのですが、そういうのは大抵カンパネラなんですよね。
私の中の設定では、昼寝が死んでようやく真の鯨井の物語が始まるのですが、どうやら当分そっちのルートには至りそうも無く。
普段おちゃらけっぱなしだった奴が殺戮機械へと変貌を遂げる「冷たい紫鯨」シナリオの開幕には、まだまだ時間がかかりそうです。


【レム】

レベルが中途半端なので、せめて20までは上げておこうと考えています。
カンパネラはなんとかハーモニウムで梃入れ図って欲しいですね。
その際に一番ダメなのが、強力なハーモニウム個体との純バトルシナリオにしてしまうこと。
確実にドラグーン以外の高レベル能力者が集まってしまって、学園同士の戦いという図式が薄らいでしまうと思います。
AUーKVを用いたバイク搭乗状態での高速戦闘とか、どうせなら新しくできたルールも有効活用してみてはいかがでしょうか。
これはドラグーンを優遇して聴講生を弾くことにも繋がってしまうので、難しいところでもあるのですが、両者の垣根がイマイチ曖昧なのが現状の学園依頼。
運営としてもMSとしても、公平感は出したいところですし、集客力を考えると誰でも入れる依頼構成にしたいのは分かるのですが、そこが逆にカンパネラの弱さにもなっているかと。
せっかくディヴを分けたのですから「新たにドラグーンキャラを作ってもらおう!」くらいの意識でも良いと思うんですよね。


【ハツ子】

支給品を売り続けてようやく資金が300万突破。
好みの芸能依頼は出る気配がないので完全放置ですが、支給品のヒキが異様に強いので、いざという時のお財布として15レベルまで上げておくべきか否か。
大規模作戦の描写率も悪くないのでソロでも良いのですが、交流範囲を広げるために次の大規模あたりからどこかの小隊にお邪魔しようかと思案中。
開発依頼要員として、昼寝の代わりにシナリオ参加させようかとも思っています。
今更ながらの再デビューですが、逆に新鮮で面白いかも知れません。

過去ログ 2005年09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年04月 
2015年01月